超長綿とはどんな生地ですか?

このたび生地のアップグレードで生まれ変わった 「 シーツjpオリジナルボックスシーツ 」は、超長綿生地を使用しています。「超長綿っていわれても、何?」と思いますので、今回は、そのお答えをいたします。

超長綿とは

超長綿は、”ちょうちょうめん”と、読み、綿の種類の呼び名です。綿は、綿花の繊維の長さの違いにより分類され、超長綿は、その分類の中で、綿花の繊維の長さが一番長く、平均の長さが35mm以上のものとなっています。綿花の繊維の長さが長いほど、繊維も細くなり、手触りも良く、糸にした際の反射率が高いため、光沢もあります。また、繊維が長いほうが、糸につむぐとつなぎ目が少なくなることにより、繊細でありながら、強い糸にもなります。そのため、超長綿の生地は、なめらかで、しなやか、光沢もあり、丈夫さもある高級綿生地となります。

超長綿は、多くの上質な寝具の生地として使われています。例えば、掛けけ布団カバ―、ボックスシーツ、シーツ、カバー類、羽毛布団の側生地、タオルケット、綿毛布など。いずれも、上質な寝具の素材として使われていて、肌触りが良く、滑らかで、寝心地の良さ、心地よさを感じるのに最適なのです。

シーツjpオリジナルボックスシーツの超長綿生地

そして、今回リニューアルされたシーツjpオリジナルのボックスシーツは、この超長綿の40番糸、210本の打ち込みの生地を使っています。シーツは、毎日、長年使い、体とシーツの摩擦が大きく生じるため、生地の丈夫さも必要となります。そこで、超長綿の滑らかさを生かしながら、少し太めの糸を使うことで、生地の厚みをだし、最適な丈夫さが兼ね備えられた生地を吟味した結果、このたびの新シーツjpオリジナルボックスシーツの生地となっています。

ベッドシーツの専門店として、毎日、ベッドの滑り込む時の心地よさ、肌触りの良さ、ホッとする瞬間を感じていただき、それが、安らぎ、安眠につながると信じる一心で、ボックスシーツを取り扱い、お客様にお届けいたしております。そのような思いで選び、リニューアルしたのがこのたびの新シーツjpオリジナルボックスシーツの超長綿生地です。

シーツjpオリジナルボックスシーツは、一般的に多く市販されているサイズではなく、特殊なベッドのサイズ、例えば、210丈のロングサイズシングル2台を並べるサイズのワイドキングサイズベッドマットの厚みが厚いタイプ海外のベッドマットのサイズなどに特化してお作りしております。私共のような、本当に小さい会社が、最大限にお役にたたせていただけるには、どうしたらよいか、ということを考えた結果でございます。

一般的に多く市販されているベッドサイズのボックスシーツは、大手さまがお作りなっている、とても良いお品もございます。私どもでは、一般的なサイズにつきましては、弊社オリジナルではなく、メーカー様がおつくりになっているお品から、吟味をいたして販売いたしております。どうぞ、こちらもご利用くださいませ。

シーツjpオリジナルのボックスシーツが超長綿になり、その生地がどんな生地か、そして、どんなサイズ展開をしているかをお話させていただきました。これから、どうぞ、ご愛用いただけますれば幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。

【新シーツjpオリジナルボックスシーツ】


ご参考になれば幸いでございます。また、取扱商品や当店のご利用方法についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞゆっくりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: