寝室を遮光にする方法。手軽にできる方法も画像で紹介

「寝室に雨戸やシャッターがなく、明かりのもれや、部屋の中の影が外にうつるのが気になってしまう。」「寝室に遮光カーテンを使ってみたいけど、効果があるのかしら?」「遮光カーテンの生地や柄が、寝室のインテリアに合わない。」など、寝室のカーテンについて、ご相談を頂戴します。ここでは、寝室を遮光にする、手軽な方法から、インテリアに合わせられる方法までをお伝えします。

目次

遮光カーテンにすると、どのぐらい暗くなるのか、の実例

「寝室を遮光にしたいけど、実際、遮光カーテンって、どれほど暗くなるのかしら?」

雨戸やシャッターのない寝室でお休みの方が、不安になることかもしれません。

まずは、遮光カーテンをつけた寝室の画像を、2枚ご紹介します。どちらも、日差しの強い日の昼間、撮影したものです。

【遮光カーテンをかけた寝室の事例1】

遮光1級カーテンをかけた寝室の暗さ

遮光1級カーテンをかけた寝室の暗さ

【遮光カーテンをかけた寝室の事例2】

遮光1級遮光カフェカーテンをかけた暗さ

遮光1級遮光カフェカーテンをかけた暗さ

どちらも、十分に、遮光ができています。この暗さが、どのようなカーテンを使って実現されているかは、これから、順にお伝えしていくとします。

寝室を遮光にする方法の種類

寝室を遮光にする場合、

  1. 現在お使いのカーテンはそのまま変えず、寝室を遮光にする方法
  2. カーテンを新しくして、遮光する方法

があります。

具体的な方法を、手軽さとコストの安い順に、お伝えします。

寝室を遮光にする方法

  1. カフェタイプの遮光カーテンをテンションポールで設置する
  2. 遮光のロールカーテンを設置する
  3. 遮光カーテンに掛け替える
  4. 新しいカーテンに遮光裏地をつけて掛け替える

それぞれについて、詳しくご紹介していきます。

1.手軽にできる方法:カフェタイプの遮光カーテンを設置する

「今、使っているカーテンはそのままに、寝室を遮光にしたい。」という方に、おすすめの方法です。

現在、お使いのカーテンはそのままにして、遮光タイプのカフェカーテンを、テンションポールで窓枠内に取り付けます。

「カフェカーテンって、小さくて、丈も短くて、普通の窓にはつかえないのでは?」

と、疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、心配はいりません。巾も丈も、お使いの窓に合わせて選べるように、サイズが豊富に販売されている、遮光タイプのカフェカーテンを利用します。180cm巾の腰高窓にも使えるようなサイズもあります。

遮光カフェカーテンを利用して、寝室を遮光する

遮光カフェカーテンを利用して、寝室を遮光する

遮光タイプのカフェカーテンを利用すると、簡単に、手軽に、寝室を暗くしていただけます。

ここからは、遮光カフェカーテンのサイズの選び方、テンションポールの選び方、設置の仕方をお伝えしていきます。

遮光カフェカーテンのサイズの選び方

寝室の明かりがもれないように、また、外の明かりが気にならないようにするためには、サイズ選びが重要です。

遮光カフェカーテンを選ぶ際の、サイズの選び方は、次の通りです。

  1. 窓枠内の高さ、巾を測ります。
  2. 遮光カフェカーテンのサイズを決めます。
    長さ:窓枠内の高さ – 2cm程度の長さのカフェカーテンを選びます。
    巾:窓枠内の巾 + 5~10cm程度の巾を選びます。

    巾を選ぶ際、窓の巾が小さければ、1枚の遮光カフェカーテンを取り付けます。
    窓の巾が広い場合は、2枚の遮光カフェカーテンを使いましょう。

    巾のサイズは、2枚合わせて、窓枠内の巾 + 5~10cm程度の巾になるように選びます。

遮光カフェカーテンのサイズ選びでは、カーテンを設置した時に、窓枠内の上や下、両端、中央に、隙間ができないようにすることがコツです。窓枠の両はじや、カーテンの中央の重なりあう部分からの、明かりの漏れを防ぐことができます。

丈が短いと、窓の下から光が入ってきてしまいます。

丈が短いと、窓の下から光が入ってきてしまいます。

上の写真は、遮光カフェカーテンの丈が短いために、下から、光が入ってきてしまっています。サイズをきちんと測り、隙間ができないようなサイズを選びましょう。

テンションポール、突っ張り棒の選び方

カフェカーテンタイプの遮光カーテンは、テンションポールに通して、窓枠内に設置します。テンションポールは、突っ張り棒とも呼ばれているものです。

テンションポールの選び方

テンションポールの選び方

テンションポールを選び方です。

  1. 長さ選び:窓枠の巾より、長いサイズを選びます。
    例えば、180cm巾の窓の場合は、190cmまで伸びるタイプを選ぶ、といった要領です。
  2. 太さ選び:<重要> テンションポールは。太めタイプで、太さ22mm 以内を選びます。

テンションポールの太さは、とても重要です。遮光生地は、特殊生地で、重さがあるからです。スリムタイプや、普通の太さのテンションポールですと、カフェカーテンをポールに通して、窓に設置した際、生地が重すぎて、テンションポールがしなって、たゆんでしまいます。

ポールが細すぎて、生地の重さで、弓のようテンションポールが曲がると、見た目が悪いばかりでなく、明かりも、窓の上部分から入ってきやすくなってしまいます。

もう1つ、大切な点は、太さ22mm以内程度のポールを選ぶことです。理由は、それ以上太いと、カフェカーテンの穴に、ポールが通らなくなってしまうからです。カフェタイプのカーテンを購入する際は、カーテンの穴の直径を確認し、ポールが穴に通る太さかを確認しておきましょう。

遮光カフェカーテンの設置の方法

ここからは、設置の方法をお伝えします。

  1. 遮光カフェカーテンを、テンションポールに通します。
  2. テンションポールを、窓枠の、できるだけ上の方に設置します。光が漏れないようにするためです。
テンションポールは、窓枠内のできるだけ上に設置します。

テンションポールは、窓枠内のできるだけ上に設置します。

テンションポールの位置が低いと、光が入ってきてしまうので注意しましょう。

テンションポールの位置が低いと、光が入ってきてしまうので注意しましょう。

窓の巾が広い場合、遮光カフェカーテンが、ある程度重くなり、設置する際に少し力が必要です。できれば、お二人で、設置しましょう。取り付けが楽にできます。

もし、女性が一人で設置する場合は、脚立をきちんと使い、一度とにかく設置します。その後、少しずつ、ポールを上にずらしていくようにしましょう。一度にやろうとすると、ポールが落ちきて、また最初からやり直し、ということにもなりかねません。途中で落ちてこないように、少しずつ、ポールをできるだけ窓枠の上に設置していきましょう。明かりが少しでも、入ったり、もれたりしないようにするようにするコツです。

下の画像は、遮光カフェカーテンを窓枠内に設置して、普通のカーテンを掛けた、昼間の様子です。遮光がしっかりされています。

遮光カフェカーテンを窓枠に設置したときの暗さ。

遮光カフェカーテンを窓枠に設置したときの暗さ。

遮光カフェカーテンの巾と丈のサイズと、テンションポールの巾と太さのサイズの選び方を、きちんとすると、寝室の遮光をしっかりとしていただけます。

手軽にできますので、一番おすすめの方法です。

2.遮光のロールスクリーンを設置する

もう一つ、お使いのカーテンはそのままで、寝室を遮光にする方法をお伝えします。窓枠内に、遮光ロールスクリーンを設置する方法です。ロールスクリーンは、ロールカーテンとも呼ばれています。

ロールスクリーンを窓枠内に設置

ロールスクリーンを窓枠内に設置

窓枠に、取り付け具を設置しますので、ネジを使い、窓枠に穴を開けても大丈夫な場合に限ります。

窓枠内に設置しますが、サイズを間違えなければ、ロールスクリーンと窓枠の隙間の、光の漏れは、ほとんど気になりません。

ロールスクリーンの良い点は、長さを引っ張り、丈を調節することで、寝室を暗くしたいとき、明るくしたいとき、などに合わせて、採光を自在にできることです。

遮光ロールカーテンのサイズの選び方

遮光ロールスクリーンサイズの選び方です。寝室をしっかり暗くするには、遮光1級の、ロールスクリーンを選ぶようにしましょう。

  1. 窓枠内の高さ、巾を測ります。
  2. 遮光ロールカーテンのサイズを決めます。
    巾:窓枠内の巾 -1cm程度の巾を選びます。
    長さ:窓枠内の高さ +5~10cm程度の長さを選びます。
  3. 窓枠内に設置しますので、天井付けタイプを選びます。

設置の方法

お求めの、ロールカーテンの取り付け説明書の通りに設置します。

ほとんどの場合、

  1. 取り付け具を、窓枠の上部に設置
  2. ロールカーテンを下から、その設置器具にはめ込む

という順番です。

ドライバー1本で、設置ができますので、女性でも簡単です。

この記事では、窓枠内に、ロールスクリーンをとりつけるお話をお伝えしています。これは、今、お使いのカーテンを、そのまま使って、遮光にしたい場合だからです。

もし、お使いのカーテンを、取り替える場合は、窓枠の外側に設置することも可能です。

3.遮光のカーテンや、カーテンに遮光裏地をつける

ここからは、 カーテンを取り替えてもよい、という方、新しく寝室のカーテンを選ぶ、という方におすすめの方法です。

最初にご覧いただきましたが、下の写真は、遮光1級の裏地を、普通のカーテンに取り付けた状態の、暗さです。

遮光1級カーテンを取り付けた寝室の暗さ

遮光1級カーテンを取り付けた寝室の暗さ

アイボリー色のドレープカーテンに遮光裏地を取り付け

アイボリー色のドレープカーテンに遮光裏地を取り付け

カーテンは、アイボリー色の織り生地ですので、遮光裏地をつけないと、光を通しやすい色ですが、ご覧の通り、遮光一級の裏生地をつけることで、日差しの強い夏の昼間でも、真っ暗になります。

「遮光カーテンって、本当に暗くなるの?」という方も、きちんとしたメーカーの商品の、遮光1級をお選びになると、遮光効果は、期待していただいて大丈夫です。

遮光カーテンの取り付け方には、2つ方法があります。

  1. 遮光カーテンを選ぶ方法
  2. お好きなカーテンに、遮光の裏地を取り付けて遮光カーテンにする方法

2つの方法を比べた場合の、メリットとデメリットをお伝えします。

遮光カーテンのメリットとデメリット

  • メリット
    遮光裏地をつけるより、手軽 安い
  • デメリット
    種類が少ない 生地が特殊でインテリア性に欠ける 

遮光裏地を使って、好みの生地のカーテンを遮光カーテンにするメリットとデメリット

アイボリーのカーテンに遮光1級の裏地を付けた寝室のカーテン

アイボリーのカーテンに遮光1級の裏地を付けた寝室のカーテン

  • メリット
    好きなカーテン生地を選べる
    寝室のインテリアを楽しめる
  • デメリット
    価格が高くなる

上記、メリット、デメリットを考慮して、ご予算や、寝室のイメージに合う遮光カーテンを選ぶようにしましょう。

遮光カーテンのサイズの選び方

遮光カーテンで、寝室をしっかり暗くするには、カーテンの巾にゆとりを持つことが大切です。

  1. カーテンレールの巾を測ります。
  2. カーテンの巾を決めます。
    寝室をしっかり暗くしたい場合は、レール巾より、広めのカーテンを選ぶようにしましょう。両はじやカーテンの重なり合う中央から、光の漏れを少なくするためです。レール巾より10cm程度広くても、大丈夫です。
  3. カーテンの丈を決めます。
    吐き出し窓の場合は、レールのランナーの下から、床 – 1cm を選びます。
    腰高窓の場合は、レールのランナーの下から、窓枠の下+ 10~15cm程度を選びます。

もし、これからカーテンレールを取り付ける際は、巾は、窓より広め、できれば10~15cm程度長いレールを取り付けるようにしましょう。しっかりと、遮光カーテンで、光をさえぎるようにするためです。

遮光カーテンを選ぶ際の注意点

遮光カーテンで、寝室をしっかり遮光したい場合の、注意点です。

  1. 遮光1級のカーテンや、遮光1級の裏地を選びます。
  2. 巾にゆとりをとったサイズを選びます。両はじ、中央からの明かりの漏れを最小限にするためです。
  3. 腰高窓の場合は、丈をできれば、窓枠の下から15cm程度の長さにします。窓の下からの明かりの漏れを少なくできます。

以上、
寝室の遮光にする方法をお伝えしました。手軽に寝室を暗くしたい方は、遮光カフェカーテンは、とてもおすすめです。サイズをきちんと選び、光や明かり、影を気にすることなく、安心できる、寝室環境を整えましょう。ぐっすりと快眠をお楽しみいただけます。


ご参考になれば幸いでございます。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: