ベッドマットレスの上に敷き布団は使えますか?

「ベッドのマットレスの上に布団をのせて使ってもよいです?」という質問を、多く頂戴します。マットレスの上には、敷き布団は使わず、ベッドパッドを使います。敷き布団をベッドパッドの代わりにベッドの上に敷いてお使いになることは、おすすめしません。ここでは、ベッドで、敷き布団を使わない方が良い理由をお伝えいたします。

ベッドマットレスの上に敷き布団を敷かないほうがよい理由

理由は、敷き布団を、ベッドの上で敷きっぱなしで使うと、湿気を多く含ませたままとなり、カビやダニが発生しやすく、不衛生で、においなどの原因となり、快眠の妨げになるからです。

敷き布団は本来、毎日の上げ下ろし(布団を押し入れに出し入れすること)や、頻繁に干すことを前提に作られております。敷き布団は、毎晩コップ1~1.5杯かくといわれる寝汗を吸湿し、その湿気は、毎日の布団の上げ下ろしと、布団を干すことで発散(放湿)されるようになっているのです。

もし、ベッドの上に敷き布団をのせて、衛生的な状態でお休みになるためには、

  1. 毎日、敷き布団をベッドから上げる。
  2. 定期的に干す。

という通常、畳、フローリングの上で敷き布団を使う際と同じお手入れが必要になります。

一方、ベッドパッドは、敷き布団に比べ、大変薄手で、(厚手のものでも、1.5cm 程度。通常は、数ミリ~1cm程度)敷き布団より、湿気をこもらせることがありません。

ベッドパッドの厚み

ベッドパッドが吸湿しきれなかった寝汗などによる湿気は、その下のベッドマットレスに落ちるわけですが、ベッドマットレスは、中がコイルになっており、大変通気性が良く、ベッドマットレスの側面には、湿気を放湿するための通気孔が複数あいており、湿気対策が万全です。

ベッドマットレスは通気性が良い

ベッドマットレスは通気性が良い

上記の理由により、ベッドの上には、ベッドパッド、そして、その上からベッド用シーツを掛けることが、ベッドで快眠をするために、最適な組み合わせとなります。

ベッドでお休みになる環境で、あえて、その上に敷き布団を敷いて、手間をかける必要はないのです。ベッドマットレスの上には、敷き布団ではなく、薄手でお手入れしやすい、ベッドパッドが、最適です。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: