マットレスのカビ対策、カビ発生前にできる予防策

ベッドパッドをはずしたら、ベッドマットレスの布地にポツポツとカビが発生してしまっていた、というお声を頂戴することがあります。不衛生で健康を損なう原因になり、不快なものです。また、発生してしまうと、きれいに除去するのも困難です。ここでは、マットレスにカビが発生しないようにする予防策をお伝えします。

目次

マットレスにカビが生えやすくなる状況

カビがマットレスに生えてしまったという、お客さまの状況をまとめますと、下記のように、ベッドをお使いの方が多いようです。

  • ベッドマットレスの上に、ベッドパッドを敷かずに、直接シーツを掛けて使っている
  • シーツを定期的に洗濯していない
  • 敷きパッドをベッドパッド代わりに使っている
  • ムアツふとんをベッドマットレスの上に直接のせて使っている
  • 西川エアーをベッドマットレスの上に直接のせて使っている
  • 寝汗が多く、朝起きるとシーツが湿っているほど汗かき
  • 寝室の通気性が悪い
  • ベッドを壁につけて使っている

などでございます。このようなカビが発生しやすい状況に対して、適切に対策をしていくことでカビ予防になります。

マットレスのカビ予防のためにできること

ここからは、マットレスのカビ予防のために、具体的にできる対策を3つのカテゴリに分けてお伝えします。

カビ予防のための、使う寝具と使い方

まずは、必ず使っていただきたいベッド用寝具とその敷き方をお伝えします。カビ対策には、湿気を含ませないことと、こもらせないことです。そのための対策です。

最低限必要な寝具と敷き方

ベッドマットレスの上に、ベッドパッドを必ずお使いいただき、その上からボックスシーツをおかけください。

マットレスの上には、敷きパッドではなく、ベッドパッドをお使いください。ベッドパッドは、適度な厚みがあり、湿気の吸収力と放湿力が敷きパッドより優れています。「ベッドパッドと敷きパッドの違いと使い方

ベッドパッドは、湿気の吸湿、放湿性のある、ウールベッドパッド、もしくは、洗えるポリエステルわたのベッドパッドをおすすめいたします。コットン(綿)が使われているベッドパッドは、カビ予防のためには、できるだけ、お避けください。理由は、綿は吸湿性がありますが、放湿性がないために、頻繁にベッドから外して、干さない限り、寝汗などの湿気を吸湿したままの状態になり、カビの原因になるからです。一方、ウール(羊毛わた)や、ポリエステル綿は、放湿性がありますので、ベッドパッドの下のベッドマットレスに湿気が通じてしまうのを防ぐことが可能です。

汗の多い方や、湿気のこもりやすい寝室の方にプラスしていただくとよい寝具

汗が多い方は、ベッドシーツやベッドパッドが湿りやすくなり、ベッドパッドの下のベッドマットレスが湿気を帯び、カビの原因が発生しやすくなります。先にお伝えした最低限必要な寝具のほかに、寝具用湿気取りシート、と、敷きパッドをお使いください。

寝具用湿気取りシートの敷き方ですが、ベッドで利用する場合、本来は、ベッドマットレスの下に敷くのですが、マットレスのカビ防止対策では、ベッドマットレスの上、ベッドパッドの下に、敷いてお使いください。ベッドマットレスに湿気が帯びる前に、湿気取りシートで、吸湿をすることが可能になります。

寝具用湿気取りシートは、布製ではないため、少し固めです。寝心地の良さを追求した上質なベッドマットレスをお使いの方は、その上に、湿気取りシートを敷くと、その固さから、せっかくの寝心地が損なう場合があります。その場合は、ご自身の判断で、寝心地重視か、カビ対策かをお選びいただき、湿気鳥シートの敷く順番をおきめください。

寝心地重視で、湿気取りシートをマットレスの上にしかない判断をされた場合は、湿気除去にはなりませんが、吸湿性のある、防水シーツをベッドパッドの下に敷いていただくとよいです。そして、防水シーツを、ベッドシーツ同様に、頻繁に洗濯をなさってくださいませ。

朝起きると、シーツがじっとり湿っているほど寝汗の多い方は、ベッドシーツの上に、吸湿性のある素材を使った敷きパッドをお使いいただき、その上にお休みください。具体的な素材は、マイヤーパイル敷きパッド、シンカーパイル敷きパッドなどの、タオル素材が使われた敷きパッドをおすすめいたします。敷きパッドをご利用の際も、必ず、ベッドシーツの下には、ベッドパッドをお使いください。

ムアツ布団や、西川エアー、整圧ふとんをベッドマットの上にのせている方

ムアツふとんや西川エアーに代表される、通気性の良い健康マットレスを睡眠の質を上げるためにお使いの方は、ベッドマットレスと、健康マットレスの間に、寝具用湿気取りシートを入れてください。ベッドマットレスの上に、寝具用湿気取りシート、その上に、健康マットレスの順番です。

ムアツ布団、西川エアー、整圧布団などは、通気性が大変よいために、寝汗などの湿気が、マットを通り抜け、その下の、ベッドマットレスに染みてしまいます。その湿気を吸湿させるために、寝具用湿気取りシートが必要になります。

固さのある湿気取りシートでも、ムアツふとんなどの健康マットレスの特性や寝心地には、問題ありません。安心して、積極的に、湿気取りシートをお使いください。

カビ予防のための、寝具のお手入れ習慣

ベッドシーツや、ベッドパッドのお手入れが、きちんとされていない場合、ベッドマットレスにカビが発生しやすい状況となります。湿気が発散されず、こもった湿気がカビの原因になってしまいがちだからです。

ボックスシーツは、頻繁にお洗濯して、清潔な状態に保ってください。洗濯頻度は、週に1度をおすすめします。洗濯が面倒で、頻度が少なくなりがちな方は、ボックスシーツの上に、洗濯が比較的簡単なフラットシーツを重ねて使い、フラットシーツだけお洗濯する。もしくは、大判のガーゼバスタオルなどをベッドにのせて、ガーゼタオルだけ、お洗濯していただくと、洗濯の面倒くささは、格段に軽減され、さらに、湿気対策もされ、清潔な状態を保っていただけます。

ベッドパッドのお手入れは、洗えるタイプは、定期的にお洗濯をしていただき、洗えないものは、ベッドから外して、陰干しをしてください。汗の多い方は、特に、お手入れを習慣化されると、カビ対策になります。「ベッドパッドの洗濯の方法」に、ベッドパッドのお手入れ方法をご案内しています。

カビ予防のための、寝室環境

ベッドを壁につけてお使いの場合、本来、ベッドマットの側面から発散される湿気が、壁によって発散されません。湿気が、マットレス内にこもってしまうことになり、カビの原因になります。寝室のスペースの関係で、壁のすぐ横にベッドを設置する場合でも、ベッドを壁にぴったりとつけてしまわず、数cmの隙間をあけてお使いください。通気が少しでもよくなります。

湿気がこもりがちな寝室でお休みの場合も、寝具にカビが発生しやすくなります。寝具用湿気取りシートをお使いください。また、除湿機や、サーキュレーターをご用意されて、室内の湿気をできるだけ発散させる工夫がおすすめです。

 

以上です。ベッドマットレスにカビを発生させない予防策を、使う寝具、寝具の使い方、寝具のお手入れの方法の側面から、お伝えしました。

寝具は、湿気がこもりやすく、カビやダニの発生源になりやすいものです。湿気の多い梅雨や秋、また、湿気のこもりやすい寝室、寝汗の多い方は、特に、湿気対策に目を向けて清潔な寝具で、健康的な質の良い睡眠をお楽しみください。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: