ボックスシーツとフラットシーツ、おすすめはどちらですか?

ベッドを初めてお使いのお客さまから、「ボックスシーツとフラットシーツ、どちらがおすすめですか?」というご質問を頂戴します。使い勝手はどちらが良いのか、迷われる場合があるようです。ここでは、ボックスシーツとフラットシーツの違いと、フラットシーツの使えないマットレスサイズ、そして、それぞれのシーツのメリットと、おすすめをお伝えします。お好みに合うシーツ選びに、ご参考になさってくださいませ。

目次

ボックスシーツとフラットシーツの違い

ボックスシーツとフラットシーツは、次の点で違いがあります。

  • シーツの形状
  • シーツの装着のしやすさ
  • 手に入れやすさ

それぞれについて、順にお伝えします。

ボックスシーツ

ボックスシーツの形状

ボックスシーツは底にゴムが入ったワンタッチタイプ

ボックスシーツは底にゴムが入ったワンタッチタイプ

ボックスシーツは、底部にゴムが入り、ベッドマットレスにかぶせてお使いいただける、ワンタッチタイプのベッド用シーツです。

ボックスシーツの装着のしやすさ

ベッドマットレスを持ち上げることなく、装着できますので、大きいベッドでも、簡単にベッドメイキングをしていただけます。

ボックスシーツの手に入れやすさ

色、柄、サイズも豊富に販売されているので、手に入れやすいベッド用シーツです。

詳しい特徴は、「ボックスシーツとは」で、お伝えしています。

フラットシーツ

フラットシーツの形状

フラットシーツは、平らな一枚の布タイプのシーツです。ベッドに使う際は、フラットシーツの四方の端をマットレスの下に入れ込んで使います。

フラットシーツの装着のしやすさ

フラットシーツの装着は、慣れていない方にとっては、簡単とは言えません。ベッドマットレスを持ち上げ、ベッドの上下左右それぞれの位置に回って、シーツをしっかりとベッドの下に入れ込んで、装着しますので、手間がかかります。フラットシーツの装着になれている方は、手間がかかりますが、しわが寄らず、きれいにベッドメイキングをしていただけます。

フラットシーツの手に入れやすさ

ベッド用のフラットシーツは、日本での製造が減少傾向にあり、手に入れにくくなっています。

現在は、ベッドメイキングがとてもしやすいため、ボックスシーツが主流になっています。

ボックスシーツとフラットシーツのメリット

下記、ボックスシーツとフラットシーツのメリットです。

ボックスシーツのメリット

  • ベッドメイキングが簡単
  • 色、柄、サイズが豊富
  • 生地の種類、価格帯が豊富で、手に入れやすい

フラットシーツのメリット

  • 1枚布の形状なので、洗濯が簡単
  • 装着の手間や大変さはありますが、手慣れた方は、ホテルのようにきれにベッドシーツをセットできる

おすすめのシーツタイプ

ベッドのシーツタイプのおすすめをお伝えします。

ボックスシーツがおすすめの方

初めてベッドをお使いの方、ベッドをお使いの多くの方に、ボックスシーツをおすすめいたします。

簡単にベッドに装着できて、手に入れていただきやすいからです。上記のメリットの違いをご覧いただいても、ボックスシーツがとても使いやすいことは、ご想像通りです。

フラットシーツがおすすめの方

フラットシーツをおすすめするのは、マットレスの持ち上げや、装着の手間が苦でなく、ホテルのように、美しくシーツをセットしたい方です。

現在、日本では、ベッド用フラットシーツの製造をしているメーカーが減少しています。市販されているベッド用フラットシーツは、海外の輸入品が多くなってきています。手に入れにくさはありますが、フラットシーツをお選びの際は、インターネット通販が、比較的、商品を探しやすいでしょう。

ボックスシーツとフラットシーツの併用がおすすめの方

シーツを頻繁に洗濯をして、清潔に保ちたい方には、ボックスシーツとフラットシーツの併用をおすすめいたします。

ベッドマットレスは、サイズの合ったボックスシーツできちんとくるみ、その上から、フラットシーツをのせて使います。その際のフラットシーツは、サイズがベッドより小さめをお使いになられてもよろしいかと存じます。洗濯のしやすさだけを考慮して、フラットシーツのサイズをお選びください。

既成サイズのフラットシーツが使えないベッドマットレスサイズ

ここまで、ボックスシーツとフラットシーツの違いとメリットをお伝えしました。フラットシーツをお使いになりたい方もいらっしゃるでしょう。

ただ、フラットシーツは、ベッドマットレスのサイズによって、お使いいただけないことがあります。フラットシーツは、サイズ選びに注意が必要です。

下記のベッドマットレスのサイズでは、フラットシーツが使えない場合があります。

  • 210cm丈のロングサイズのベッドマットレス
  • マットレスの厚みが30cm以上ある厚めのマットレス

理由は、マットの下に敷きこむ分のシーツの長さが足りず、しっかりとマットをくるめないためです。

フラットシーツは、マットレスの下に入れ込む生地の部分が、最低15cm、できれば、20cm必要になります。

210cm丈のロングサイズや、マットレスの厚みが30cm以上あるベッドマットレスに、既成サイズのフラットシーツを使うと、マットの下に入れ込む生地の部分が、15cm 以下になってしまい、すぐにめくれ上がってしまうのです。

既成サイズのフラットシーツ丈は、275~280cmです。この長さは、200cm丈の一般的なマットレス用に作られています。200cm丈のベッドに、マットレスの下に入れ込むシーツの生地を、15cm~20cm見込んでいます。210cm丈のベッドには、既成サイズのフラットシーツでは、丈が足りません。

ロングサイズや厚みが30cm以上あるベッドをお使いの方が、フラットシーツをお求めの際は、マットの下に入れ込む生地が、15cm以上あるかを確認しましょう。

ベッドマットレスのサイズからフラットシーツの必要サイズを計算する方法

ここでは、ベッドマットレスから、フラットシーツの必要サイズを計算する方法をお伝えします。

ベッドマットレスから、フラットシーツの必要サイズを計算する方法

  • フラットシーツの必要幅 cm = ベッドマットレスの幅 + マットレスの厚み x 2 + 15~20 x 2
  • フラットシーツの必要丈 cm = ベッドマットレスの丈 + マットレスの厚み x 2 + 15~20 x 2

あなたのお使いのベッドマットレスをしっかりくるめる、フラットシーツのサイズは、上記でわかった、フラットシーツの必要幅 x 必要丈 になります。

ロングサイズや厚めのマットレス以外でも、クイーンサイズ、キングサイズ、ワイドキングサイズをお使いで、輸入品や、海外から取り寄せる、もしくは、サイズオーダーでフラットシーツを注文される際は、そのサイズ以上の商品を購入するようにしましょう。

 

以上、ボックスシーツとフラットシーツの違いをお伝えしました。

ボックスシーツを選ぶ


ご参考になれば幸いでございます。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: