ワンタッチシーツとボックスシーツの違いは?

ワンタッチシーツとボックスシーツは、どのように違うのでしょうか? というご質問を頂戴します。ワンタッチシーツもボックスシーツも、寝具のシーツの種類の名称です。両方とも底部にゴムの入ったシーツですが、使う用途に違いがございます。ここでは、ワンタッチシーツとボックスシーツがそれぞれどのようなシーツか、と、その違いをお伝えいたします。

目次

ワンタッチシーツとは

ワンタッチシーツとは、敷き布団用のシーツの名称で、底部にゴムが入って、敷き布団の上からくるっとかぶせるタイプのシーツのことです。ラップシーツと呼ばれることもあります。敷き布団に使われるシーツで、ベッド用に使用するのではありません。

ワンタッチシーツとは

ワンタッチシーツとは

ワンタッチシーツ

ワンタッチシーツ

上の画像で示されているように、ワンタッチシーツは、敷き布団用のシーツのため、ベッドのボックスシーツのように、厚みに対応するマチが作られていません。

ワンタッチシーツの特徴

ワンタッチシーツは、裏にゴムがあり、敷き布団の上からかぶせるように使いますので、ずれることなく簡単に敷き布団にセットできます。また、ワンタッチシーツは、シーツを装着したまま(かけたまま)お布団の上げ下ろしができるため、シーツを掛けなおす手間がなく、とても便利です。

従来の、フラットシーツ(通常の平らな一枚の布のシーツ)は、敷き布団の上下左右に回り込んで、シーツを布団の下に入れ込まなくてはいけません。ワンタッチシーツは、フラットシーツに比べて、手間がかからず、簡単に、早く、きれいに、敷き布団にセットできます。

ワンタッチシーツのサイズの選び方

ワンタッチシーツのサイズは、敷き布団のサイズに合わせて、シングル、セミダブル、ダブルサイズが販売されています。

シングルサイズの場合、ワンタッチシーツの長さが、2種類販売されています。1つは、羊毛敷き布団や3層固わた敷き布団などの215cm丈。もう1つは、昔ながらの綿わたの布団用の205cm丈です。現在は、215cm丈のワンタッチシーツが主流で、多く販売されています。綿わたの敷き布団をお使いの方は、種類は少ないですが、205cm丈のワンタッチシーツを求めるようにしましょう。

ムアツふとんや西川エアーなどの厚みが9cn程度ある、健康敷き布団には、マチ付きタイプのワンタッチシーツがおすすめです。マチ付きワンタッチシーツは、一般的な敷き布団より厚みがある、マットタイプの健康敷き布団用に作られています。厚みのあるマットタイプの敷き布団に、ちょうどよくフィットしますので、快適にお使いいただけます。

ワンタッチシーツをお求めの際は、お使いの敷き布団の種類とサイズをご確認になり、適したサイズを求めるようにしましょう。ちょうど良いサイズのシーツを使うと、ずれずに快適にお使いいただけます。

ワンタッチシーツの素材選び

ワンタッチシーツの素材は、綿100%の他に、季節に合わせた素材の商品も販売されています。

  • 冬におすすめの、暖かい素材
    綿ボア、綿フラノ、マイクロファイバー、シンカーパイル
  • 夏におすすめの、涼しい素材
    ひんやり冷感生地、しじら織り、パイル素材

季節に合わせて快適にお休みいただける素材のワンタッチシーツをお使いになられると、快眠につながります。

あったかシーツやひんやりシーツは、季節限定商品として販売されますので、それぞれの季節の少し前に、どうぞ、お近くの寝具店などにお立ち寄りになって、実際に手にとって、お選びになってみてくださいませ。

ボックスシーツの特徴

ボックスシーツとは、ベッド用のシーツの名称で、ベッドマットの厚みに対応できるよう、マチがあり、底部にゴムの入ったシーツです。ベッドマットレスの上からすっぽりかぶせることで、簡単に装着できます。マットレスを持ち上げることなくベッドシーツをセットできますので、大変便利です。メーカーにより、クイックシーツ、ベッドフィットシーツなどと表記されていることがあります。

ボックスシーツ底部にゴム

ボックスシーツのサイズは、市販されているベッドマットレスに合わせて販売されています。ジュニアサイズ用から外国製マットサイズ用まで、幅、丈の違いで十数種、マットレスの厚みの違いを入れると数十種ございます。「ベッドのサイズと寸法の一覧

ボックスシーツ をお選びになる際は、お使いのベッドマットの幅、丈、マットの厚みの寸法をお測りになって、お求めください。サイズ選びに失敗がなく、ぴったりのサイズのシーツをお選びいただけます。ボックスシーツの詳しい説明も、お役立てください。

ベッド用のシーツは、フラットシーツ(通常の平らな一枚の布のシーツ)とボックスシーツと2タイプございますが、フラットシーツは年々生産されなくなっており、ボックスシーツが主流となっております。

ワンタッチシーツとボックスシーツの違い

ワンタッチシーツとボックスシーツの違いは、ワンタッチシーツは、敷き布団用シーツで、ボックスシーツは、厚みのあるベッドマットレスをくるめるベッド用シーツだ、という点です。

敷き布団をお使いの方は、ワンタッチシーツをお求めいただき、ベッドをお使いの方は、ボックスシーツをお求めくださいませ。

ワンタッチシーツとボックスシーツの仕様の違いは、厚いマットをくるめるようにマチがあるか、ないかという点です。ワンタッチシーツは、厚みが4~5cmの敷き布団用なので、マチがない仕様、ボックスシーツは、ベッドマットレスの厚みをしっかりくるめるよう、マチのある仕様になっています。

以上、ワンタッチシーツとボックスシーツのそれぞれの特性、そして、その違いをお伝えしました。

お使いの敷き寝具に合わせたシーツ選びで、快適にお休みくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: