ベッドに必要な寝具、何をそろえたらよいですか

ベッドに必要なもの、ベッドでそろえたい寝具についてお問い合わせを頂戴します。ベッドでの睡眠を快適にするためには、適したベッド用寝具がございます。ここでは、ベッドにしたらそろえる必要のある寝具とその枚数をお伝えします。新生活や初めてベッドをお使いになるなど、ベッドに必要な寝具に迷われた際、ご参考になさってくださいませ。

ベッド本体+ベッドマット

ベッドマットレスは、体をしっかり支え、振動が伝わりにくい質の良いポケットコイルスプリングなどのベッドマットをお選びください。

ベッドパッド

ベッドパッドは、ベッドマットレスの上に敷くベッド用寝具で、必ずお使いくださいませ。敷き布団を代用せず、ベッドパッドを使うことが大切です。その理由は、「ベッドマットレスの上に敷き布団は使えますか?」の記事をご覧くださいませ。

ベッドパッドは、汗などの湿気の吸湿、汚れ防止、寝心地の良さを高めるものです。ご家庭で洗濯できる素材のもの、寝心地を重視するものなど、お好みに応じて素材をお選びくださいませ。1枚は必ずご用意いただき、できれば、洗い替えも含めて2枚ご用意くださいませ。お手入れは、シーツを取り換える際などに、ベッドの上から少し外すなど風を通していただき、定期的にお洗濯、クリーニングなどをなさってください。ベッドパッドの選び方

ボックスシーツ

ボックスシーツは、底の部分にゴムの入ったボックスタイプのベッド用シーツのことです。ベッドメイキングが簡単にできますので、お使いのベッドマットに合わせたサイズをご用意くださいませ。洗い替えも含めて2枚は必要です。定期的にお洗濯して、清潔にお使いくださいませ。ボックスシーツのサイズの選び方ワンタッチシーツとボックスシーツの違い

掛け布団

掛け布団は、干す必要のない、軽くて暖かな素材のものをおそろえください。サイズは、ベッドの大きさに合わせたサイズ(シングル、ダブル、クイーン、キングサイズなど)をお選びください。冬用を1枚、春夏用に薄手の肌掛けも1枚そろえておくとよいです。ベッドマットレス同様、羽毛ふとんは、じっくり品質の良い物をお選びください。掛け布団のサイズと適切な選び方セミダブルのベッドには、掛け布団は何サイズがいいですか?

掛け布団カバー

ベッドでベッドカバー(ベッドスプレッド)を掛けない場合は、掛けふとんカバーが、一日中目に触れることになります。寝室のインテリアに合わせてお選びになるとよろしいです。素材選びも重要で、肌触りの良さ、乾きやすい素材など、お好みをお選びください。洗い替えも含めて2枚以上ご用意ください。掛け布団カバー、肌掛け布団カバーのサイズ選び

枕・ピロケース

枕はお好みの寝心地、安眠できるものをご用意ください。ピロケースは掛けふとんカバーやボックスシーツの色とあわせると雰囲気が良くなります。ピロケースの枚数は、洗い替えも含めて2枚以上おそろえください。

タオルケット、または、綿毛布

夏用などに、お好みで。綿毛布は、一年中お使いいただける綿素材の毛布です。


ベッドシーツには、上記のボックスシーツだけでなく、メイキングをしわなくきちんとなさりたい方には平らなフラットシーツもございます。こちらもベッドにあったサイズのフラットシーツをお選びくださいませ。

フラットシーツは、ベッドシーツとしてご利用いただくほか、体の真上に掛けていただくアッパーシーツとしてもお使いいただけます。アッパーシーツとしてフラットシーツをお使いになられると、掛けふとんカバーが汚れにくくなりますので、そのフラットシーツのみをお洗濯するだけでよいので、お手入れも簡単になります。


ベッドには、上記の寝具をベッドのサイズに合わせて、おそろえになるとよろしいかと存じます。生地、素材、色などもさまざまございますので、お好みに合わせて、快適にお休みいただけるお品をお選びください。寝具をベッドになさる方の割合は、年々増え続けております。どうぞ、ベッドでの快眠生活をお楽しみくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: