タオルケットの素材の種類と好みに合った選び方

タオルケットは夏に欠かせない寝具の一つです。昔ながらのタオルの風合いのタオルケットのほか、素材や、織り方で、種類も豊富になり、より掛け心地のよい寝具に進化し続けています。ここでは、タオルケットの種類やサイズと、好みに合った選び方をお伝えします。最後に、タオルケットのお手入れ方法もご案内しています。1年中お使いの方も増えているタオルケット、どうぞお好きなタイプを選んで快眠をお楽しみください。

タオルケットの種類と選び方

タオルケットの種類と選び方

タオルケットの素材と織り方による特徴を比較

タオルケットは、素材、織り方で、肌触りや風合いが異なります。素材、織り方別のタオルケットの特徴をご案内します。

タオルケットの素材による違い

素材は、綿、麻、化繊(触るとひんやりするなど冷感タイプの特殊繊維)と、それぞれの混紡がございます。下記、それぞれの特徴です。

  • 綿のタオルケットは、肌にやさしく、ふんわり感と暑い夜に身体を冷やさない程度の適度な保温性があるのが特徴です。
  • 麻素材は、吸湿性、放湿性に優れ、肌にべたつかないシャリ感が特徴です。綿素材に比べ、少し重さがあります。
  • 綿と麻の混紡は、麻100%より肌触りが柔らかくありながら、さっぱりとした感触です。
  • 綿にレーヨンやポリエステルが混紡されたタイプは、綿100%タイプより、軽さがあり、モダールなどに代表されるような、綿では味わえないとってもソフトな感触があります。
  • 冷感タイプの特殊繊維などの化繊素材は、夏に涼しく眠るために開発された新素材です。肌に掛けるなど身体に触れると、ひんやり感を伝える素材で、汗などの吸水性も高く、夏の暑さ対策に優れているのが特徴です。

肌触りにこだわりたい方は、それぞれの素材の中で、上質な素材が使われた商品をお選びくださいませ。触り心地が格段に良くなります。綿ですと、今治、スーピマ超長綿、インド綿、エジプト綿はどは、本当に肌触りが滑らかで、やさしく、ふわふわです。とびきりの掛け心地を堪能していただけます。

タオルケットの織り方による違い

次に織り方による違いです。見てわかる織り方で、大きく分けて三種あります。

  • 一つ目は、昔ながらのタオルケットにあるように、表面と裏面の両方にループがあるタイプ。
  • 二つ目は、裏面はループで、表面はループがカットされたビロードのようなタイプ。
  • そして、三つ目はループのないタイプです。
ジャガード織タオルケット

ジャガード織タオルケット

一つ目の、両面にループがある代表的なタオルケットは、ジャガード織タオルケットとマイヤー織タオルケットです。このタイプは、吸水性に優れて、汗をしっかり吸湿します。ジャガード織タオルケットは、しっかりした厚みと重みがあります。マイヤー織タオルケットは、パイルが抜けにくく、ほつれにくい織り方で、ジャガード織より薄手で、使いやすいタオルケットです。タオルの感触がお好み、また、昔ながらのタオルケットの風合いがお好みの方に向いています。

 

シャーリングタオルケット

シャーリングタオルケット

二つ目の片面ループタイプは、シャーリングタオルケットと呼ばれています。表面は、ビロードのようにパイルのループがカットされていて、光沢があり、プリント柄が美しいのが特徴です。ベッドの上にかけても、タオルっぽさがなく、寝室に合う色や柄を選ぶことで、インテリア性もあり雰囲気をよくしてくれます。裏面は、パイルになっていますので、掛け心地は、タオルのような風合いです。パイルの肌触りがお好みで、さらに、見た目の雰囲気の良さも重視する方に向いています。

 

ワッフル織タオルケット

ワッフル織タオルケット

三つ目のループのないタイプは、ガーゼタオルケットやワッフル織タオルケットがございます。ガーゼタオルケットは、2重ガーゼから、5重ガーゼタイプなどがあり、ガーゼを重ねて作られています。ふわふわで肌に負担のない、やさしい風合いが特徴で、通気性と吸湿性に優れています。赤ちゃんの寝具でも使われるほどの優しさなので、肌に負担をかけたくない敏感肌の方や、軽いタオルケットをお好みの方に向いています。

 

冷感タイプなどガーゼとパイルのツータッチ、リバーシブルケット

冷感タイプなどガーゼとパイルのツータッチ、リバーシブルケット

ループのないタイプの一種、進化系で、ループのない面とパイルの面のリバーシブルタイプがございます。ここ数年で人気のタイプです。冷感タイプのタオルケットは、このタイプがほとんどでございます。呼び名も、ツータッチケット、リバーシブルケット、ガーゼパイルケットなど、タオルケットとは異なった名称のものがございます。さらさらとした肌触りで、軽量で、洗濯もしやすく、涼しさを重視する方に向いています。

タオルケットのサイズ

タオルケットは、シングルサイズの 140×200、150x200cm が主流です。ダブルサイズの190x200cm は、製造が年々減少しています。そして、増えてきているのがハーフサイズの140x100cm です。ダブルより大きいサイズは、現在日本では、織り機がなく、製造がない状況です。

ダブルサイズ、クイーン、キングサイズなど大きいサイズのベッドで2人寝をされていて、クイーン、キングサイズのタオルケットをお探しの方がおられます。このサイズのタオルケットは、日本ではほぼございません。ケット類は、お一人お一人、それぞれシングルサイズをお使いいただくことをおすすめしております。自由に掛け方を選べますし、洗濯も楽だからです。

お2人で掛けたい場合は、シングルサイズやダブルサイズのタオルケットを横使いにしていただくと、幅が200cmになりますので、十分掛けていただけます。暑い季節ですので、足が出てしまってもさほど問題なくお使いいただけます。

また、どうしても、クイーンサイズ、キングサイズのケット類をお探しの方には、綿毛布をご案内しています。タオルケットとほぼ同じ感触でお使いいただけます。

人気が出てきている140x100cm のハーフサイズは、おなかの上だけちょっと掛けたい時に最適なサイズです。お昼寝にも使えて、一枚あるととても便利です。

タオルケットの好み、機能による選び方

タオルケットをお選びになる際、好みの風合いや肌触りは、どのタオルケットなのか、わからないこともあるかと存じます。下記、好み別にまとめました。お好みの風合い、タイプを見つけて夏の快眠にお役立てください。

  • 昔ながらのタオルケットの風合いがお好みの方は、綿や麻、もしくは、綿と麻の混紡のジャガード織タオルケットがおすすめです。適度な重さがあり、しっかり掛けている感じがあります。
  • タオルの風合いで軽めのタオルケットが好みの方は、綿や、綿と化繊(レーヨン、ポリエステルなど)の混紡のマイヤー織タオルケットがおすすめです。洗濯時も、ループが抜けにくく、軽さもあり、掛け心地の良いタオルケットです。
  • さらさらと肌にべたつかないタオルケットがお好きの方は、麻、もしくは、冷感素材のタオルケットがおすすめ。ワッフル織タオルケットもさらっとしてべたつかず心地よくお使いいただけます。
  • 天然素材がお好きで、サラサラ感がお好みでしたら、麻素材が気持ちよくお使いいただけます。日本の夏をここちよく、また、”和”の雰囲気を感じていただける麻のタオルケットは、季節を楽しむ風流さもあります。
  • 暑くてたまらない、何か掛ける必要があるけどとにかくべたつかないひんやり涼しいケットをお望みの方は、冷感素材のタオルケットです。技術の進歩は素晴らしく、本当に触ると涼しいのです。朝まで、さらさら、べたつきがなく、ぐっすりお休みいただけます。
  • 肌に負担のない、やさしくまどろむようなタオルケットがお好みの方は、ガーゼタオルケットをおすすめします。とくに、今治ブランドのガーゼなど、素材が上質なものほど、肌にやさしくふわふわの感触です。肌触りの優しさ、柔らかさを重視される場合は、上質なガーゼタオルケットを店頭で肌触りを確認してお求めください。違いを実感していただけます。おなかにちょこっとのせたり、身体に巻きつかせたり、柔らかな掛け心地を堪能しながら、夢心地でお休みいただけます。
  • 柄、色の好みなど見た目も重視でお選びになりたい方は、シャーリングタオルケットがおすすめです。表面のプリントがはっきりとして美しく、例えば、ウィリアムモリスやサンダーソン、ミッソーニなど、ブランド柄がきれいに表現されたタオルケットも販売されています。ベッドの上にのせていても、見た目もきれいですので、寝室の雰囲気を大切にされたい方もおすすめします。

肌触りにこだわりたい方は、それぞれの素材の中で、上質な物をお選びくださいませ。触り心地が全く異なります。綿ですと、今治、スーピマ超長綿、エジプト綿はどは、本当に肌触りがよくふわふわです。肌に触れるものですので、とびきりの掛け心地を堪能していただけます。

タオルケットのお手入れ方法

タオルケットは、ループ状になっているので、汗の吸湿性が高く掛け心地がよい寝具です。一方、ループになっているため、繊維のほこりが多く出る、ループに引っ掛けてしまうなどということもございます。下記、お手入れのポイントです。

  1. 引っ掛けてループが伸びてしまった場合は、引っ張らずに、ハサミで切ってください。ほつれがその部分でとまります。
  2. 最初に使うときは、洗濯をしてからお使いください。タオルの繊維の埃がどうしても最初は出ますので、洗濯することで軽減できます。
  3. プリントや色の濃いものは、色落ちすることがありますので、別にお洗濯してください。
  4. 引っ掛けやすいものとは別に洗ってください。
  5. 夏の寝具で汗をたくさん吸収しますので、こまめに洗って清潔にお使いください。

上記、タオルケットの種類と選び方をご案内しました。素材の品質の違いで、風合いの良さ、掛け心地が異なります。健康に直結した夏の睡眠の質を左右するタオルケットですので、心地よく眠れ、掛け心地のよい商品を、じっくりとお選びださい。夏の寝苦しい夜も、ぐっすりお休みいただけます。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: