室温に適した掛け布団選びで、梅雨から夏に快眠する方法

季節に合わせた寝具選びは大切ですが、梅雨から夏にかけては、必ずしも季節によって選んだ寝具が、すべての方に快適というわけではありません。その時期は、夜の気温の変化が激しかったり、エアコンを使ったりで、それぞれのご家庭の寝室環境や室温が大きく異なることがあるからです。ここでは、寝室の室温に応じて、心地よく眠れる掛け布団、掛け寝具の選びで、梅雨から夏にかけて快眠する方法をお伝えします。

目次

寝室の室温が異なることで、おすすめの寝具が異なる現状

夜の寝室の室温は、住宅環境の多様化により、季節の変化以上に様々です。たとえば、高層マンションの上層階の、日当たりのよい寝室は、冬の夜でも暖かです。そのような環境のお客さまは、冬でも冬用の羽毛布団はいらないから、ダウンケット(羽毛肌掛け布団)で十分という方もおられます。また、木造の一軒家で、北向きの寝室は、冬は凍えるような寒さです。その環境のお客さまは、保温性の高い羽毛布団と、ドクターセラなどの温熱敷き布団を組み合わせて使わないと、寒くて眠れないとおっしゃいます。

寝具のプロとしては、寝室環境をお聞きしないと、適切な寝具をおすすめできないのが現状です。住宅の種類以外にも、寝室が、北向き、南向き、西日が当たる場所などだけでも、室温差があり、同じご家庭にお住まいでも、最適な寝具が異なることもございます。

さらに、梅雨は、気温差が激しく、湿気も多く、また、雨の日は窓を開けられずにエアコンを使うこともあります。夏はエアコンを使うご家庭、使わないご家庭、また、設定温度の違いもあります。そのため、梅雨から夏は、お客さまにより、おすすめする寝具も他の季節以上に異なります。

ご本人で寝具選びをなさる際は、さらに選びにくいことと思います。そこで、梅雨は、室温を目安に掛け布団をお選びになることをおすすめします。ご自身でも、快適な寝具をお選びいただけるというわけです。

寝室の室温に適した掛け布団(掛け寝具)の選び方

下記、寝室の室温と、それに適した掛け布団、掛け寝具です。
 

寝室温度が15℃以下の場合

梅雨の時期でも、ちょっと低め、肌寒い日が続くときの温度です。

  • 羽毛布団
  • 羽毛肌掛け布団 + タオルケット、綿毛布
  • 洗える肌掛け布団 + タオルケット、綿毛布

 

寝室温度が15℃前後の場合

エアコンなど必要なく、ちょうど過ごしやすい温度です。

  • 羽毛布団
  • 羽毛肌掛け布団
  • 2枚合わせ掛け布団の厚い方の掛け布団
  • シルク100%の真綿布団(側生地、中わた共、すべて絹でできた掛け布団)
  • シルク100%の真綿布団 + 綿毛布、シルク毛布
  • 羽毛肌掛け布団 + タオルケット、綿毛布
  • 洗える肌掛け布団 + タオルケット、綿毛布

 

寝室温度が20℃前後の場合

そろそろ、寝ているときに汗ばむような温度です。

  • 羽毛肌掛け布団
  • 2枚合わせ掛け布団の薄いほうの掛け布団
  • シルク100%の真綿肌掛け布団(側生地、中わた共、すべて絹でできた肌掛け布団)
  • 洗える肌掛け布団
  • 夏用肌掛け布団 + 綿毛布、タオルケット

 

寝室温度が25℃前後の場合

暑さを感じる温度です。

  • 冷感タイプの夏用肌掛け布団
  • 夏用肌掛け布団
  • 綿毛布
  • タオルケット

 
梅雨時期は、シルク100%の真綿(まわた)肌掛け布団が、気温的にも、安眠のためにも最適です。高価なものですが、春先から寝具店の店頭に並んでいると思いますので、機会があれば、是非、寝具専門店に立ち寄って、実際に手にとってご覧になってみてください。とびきり安眠できる感覚が伝わると思います。
 
 
以上です。お持ちの寝具や、そろえやすい寝具があるかと思いますので、それぞれ数種類記載しました。寝室温度のほか、それぞれの方の、お好みや、体調(冷え性、暑がり)などもあるかと思います。上記を目安に、そろえやすい寝具で、快適に眠れる掛け寝具をお選びいただき、疲れがたまりやすい梅雨から夏に、ぐっすりと快眠でエネルギーを蓄えてくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: