マットレス(ベッドマット)のお手入れ方法は?

ベッドマットレス、適切なお手入れで、長く快適に使いたいものです。ここでは、ベッドマットレスのお手入れ方法をご案内いたします。マットレスの上には、ベッドパッドやボックスシーツをかぶせて使いますので、マットレスの毎日のお手入れは、特に必要はありません。ただ、年に1-2度お手入れをしてたいただくことで、寝心地の良さや、マットレスの寿命を長持ちさせますので、ぜひ、取り入れてくださいませ。

ベッドのマットレスのお手入れ方法

マットレスの具体的なお手入れ方法は、簡単。年に1-2度、下記の要領で、ベッドマットレスを回転させることです。

  1. ベッドマットレスをベッドの木枠からあげる
  2. ある程度、陰干しをする
  3. マットレスの上下(頭の方と足の方)を回転させて、逆にセットする

ベッドのマットレスは、体重のかかる、腰の部分が一番早くへたりやすく(沈みやすい)なります。寝心地の良さとベッドマットの寿命を長持ちさせるために、腰の部分の沈み込みが激しくならないよう、ベッドマットレスを回転させて、腰の部分の位置をずらすのです。

ベッドマットレスの表裏がないベッドマットの場合は、表裏もひっくり返してお使いくださいませ。

ベッドマットレスは、数年以上にわたり、体を休めてくれる寝具で、睡眠の質に直結しますので、お選びになられる際も、寝姿勢をきちんと保てる、また、へたり(沈み込み)が起こりにくいしっかりとしたコイルを使ったものをお選びになられると、質の良い眠りをしていただけます。

また、日頃のお手入れは、ベッドマットレス本体ではなく、 ボックスシーツ掛け布団カバー ピロケース を、こまめに洗濯をしていただき、清潔に保って毎日の快眠をお楽しみくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: