干さなくてもよい敷ふとんってありますか?

「共働きのため、布団が干せないのですが、干さなくても良い布団って無いですか?」そのようなお問い合わせを頂戴します。干さなくてもよい敷き布団について、お伝えします。

干さなくて良い敷ふとん=湿気が布団にこもらない敷き布団

お布団を干す理由は、安眠の妨げや、不衛生な状態の原因となる布団の湿気を放湿、乾燥させるためです。敷ふとんの中の素材が、湿気をこもらせない性能があり、カビやダニの発生を防ぐ素材であれば、干さなくてよいのです。

例えば、下記のような敷ふとんは、メーカーでは干す必要がない、もしくは、部屋の中で立てかけて風を通せば良い。という案内をしている干さなくてもよい敷ふとんです。

  • 西川産業エアーAIR マットレス
  • 西川産業整圧ふとん
  • 昭和西川 / 西川産業 / 西川リビングムアツふとん
  • 昭和西川ムアツスリープスパ
  • 西川リビング快圧ふとん
  • エアウィーブ
  • ブレスエア敷ふとん

などです。上記の敷き布団類は、天日に干すと、熱により劣化の原因になることもあるため、天日にほす場合は、30分程度とご案内している程です。上記の敷ふとんは、健康敷ふとんとも呼ばれ、快眠のために考案され、作られている敷ふとんですので、体にもよく、お手入れも簡単です。

干すのが面倒、干す時間がない、でも快適に眠りたい、とお考えの方は、寝具店の店頭などで、実物をご覧になってみることをおすすめいたします。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: