ボックスシーツのサイズの選び方、測り方

ベッドのお求め時や、ベッドシーツの買い替え時、ボックスシーツのサイズ選びにお困りの方が多いようです。ここでは、ボックスシーツのサイズの選び方と、サイズの選び方の手順、測り方をお伝えします。正しいサイズのボックスシーツを選べば、買った後でサイズが合わなかった、といった心配がありません。なにより、シーツをきれいにセットして、心地よく快適にお休みいただけます。

目次

ボックスシーツのサイズ選び方

サイズの測り方

ボックスシーツのサイズ選びで注意したい点は、ベッドのサイズの名称(シングル、セミダブル、ダブルなどのサイズ名)だけで、ボックスシーツのサイズを選はない、ということです。

ボックスシーツのサイズを選ぶ際は、ベッドの幅、丈、マットレスの厚みの実寸から、ボックスシーツのサイズを決めることが大切です。

その理由は、ベッドサイズは現在、さまざまなサイズが存在しており、ベッドサイズ名と実際のサイズ数値 (実寸サイズ) がメーカーにより異なることがあるからです。例えば、クイーンサイズという名称でも、幅が160cmのベッドもあれば、170cmのベッドもあるっといった状況です。

ボックスシーツの選び方の手順、測り方

下記、ボックスシーツのサイズの選び方の手順をご説明いたします。

1. ベッドマットの3か所の実寸を測る

ボックスシーツのサイズの選び方

  1. ベッドマットレスの巾を測る
  2. ベッドマットレスの丈を測る
  3. ベッドマットレスの厚みを測る

上記の3か所を測ってください。

特に、ベッドマットレスの厚みを測ることは大切です。ベッドマットレスの厚みは、薄型マットの8cm程度から、厚型マットの40cm程度まで多種あるからです。マットレスの厚みに合わないボックスシーツを選んでしまうと、マットレスをくるめず、めくれあがったり、外れてしまったりしてしまいます。

標準的なボックスシーツは、ベッドマットレスの厚みが15cm〜20cm程度を基準に作られています。もし、ベッドマットの厚み40cmのベッドをお使いの方が、標準的な厚み用のボックスシーツを購入してしまうと、ベッドマットレスの側面の途中まで(マットレスの厚みの途中まで)しかシーツがかかりません。使っているうちにシーツがずれて、外れてしまうこともあります。

厚みが、25cm以上のベッドマットレスのお使いの方は、厚みをしっかりお測りになってから、サイズに合ったボックスシーツをお選びください。

2. ベッドの実寸からボックスシーツの巾、丈、マチのサイズを把握する

次にベッドの実寸からボックスシーツの幅、丈、マチのサイズを把握します。

  1. ボックスシーツの巾 = マットの実寸の巾と同じ、または、+3 ~ 5 cm 程度
  2. ボックスシーツの丈 = マットの実寸の丈(長さ)と同じ、または、+4 ~ 5 cm 程度
  3. ボックスシーツのマチ= マットの実寸の厚み+6cm〜10cm程度 (最低でも5cm必要で、+10 cm ありますと安心です)

この、ボックスシーツの巾、丈、マチが、あなたのお使いのベッドマットに適したボックスシーツのサイズとなります。

ボックスシーツのサイズで、マチと表記されているのは、マットの厚み+底部に敷かれる生地を含めた長さ(サイズcm)です。マチは、マットの厚みではないことをご留意くださいませ。

マチの選び方の目安は、マットレスの厚み、プラス 5 ~15cm 程度です。ベッドシーツをセットする際、マチが少ないほうが好みだったり、ゆったりしたほうが好みという方がいらっしゃいます。マットの底部に敷かれる生地が少なめがお好みの方は、マットの厚み+5〜6cm、ゆったりめがお好みの方は、マットの厚み+15cm位を目安にお選びください。

例えば、マットの厚みが18cmの場合、マチ23cm~30㎝程度のシーツをお選びください。マチが少ないと、ボックスシーツがずれやすくなったり、めくれあがったりする原因になります。

3. シーツを選ぶ

ここまでで調べた数値をもとに、お使いのベッドにちょうど良いサイズのボックスシーツをお選びください。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: