枕カバーのサイズと、特殊な形の安眠枕の枕カバーの選び方

枕ほど、サイズや形が多様化している寝具は、ないといっていいでしょう。そして、多くの方が、いくつもの枕を試されていたり、複数の枕をお持ちになっていらしたり、特殊な形の安眠枕をお使いになってらっしゃったりしていることでしょう。枕カバーは、どうなさっていますか?その都度、安眠枕のサイズに合った専用枕カバー(ピロケース)をお求めですか?ここでは、枕カバーの標準サイズをお伝えすると共に、特殊な形やサイズの安眠枕の枕カバーの選び方をお伝えします。

目次

枕カバー、ピロケースのサイズ

最初に名称ですが、ピロケース、ピローケースとは、枕カバーのことです。呼び名は異なりますが、どれも、枕に使うカバーを意味します。

枕カバー(ピロケース)の既成サイズは、次の3種になります。従来の長方形の枕 (長方形側生地に、中にポリエステルわたや、羽根、そばがら、パイプなどの詰め物が入った枕)のサイズに合うように作られています。

  • 35 x 50 枕用: 35 x 50 cm
  • 43 x 63 枕用: 43 x 63 / 45 x 65 cm または 45 x 85 cm (封筒タイプ)
  • 50 x 70 枕用: 50 x 70 cm または 50 x 90 cm (封筒タイプ)

特殊な形やサイズの安眠枕の枕カバー、ピロケースの選び方

安眠枕、快眠枕と呼ばれる、機能性枕は、従来の長方形の枕と異なったサイズがほとんどです。ここでは、そのような特殊サイズの枕に使える枕カバー、ピロケースの選び方をお伝えします。次の3つのタイプから、お好みに合うタイプの枕カバー、ピロケースをお使いください。

  • それぞれの安眠枕専用のピロケースを使う
  • 伸縮性のあるフィットタイプのピロケースを使う
  • 既成サイズの封筒タイプのピロケースを使う

それぞれの安眠枕専用のピロケースを使う

特殊サイズの安眠枕、特に、日本の寝具メーカーから販売されている安眠枕、例えば、肩楽寝枕など、は、その枕専用のピロケースが販売されています。生地や、色が限られていますが、特殊サイズにぴったり合うように作られています。枕をお求めの際に、ご一緒にそろえれば、ずれることなく、ぴったりサイズの枕カバーを使うことができます。

伸縮性のあるフィットタイプのピロケースを使う

特殊形状やサイズの枕が多くなったことで商品化されている、伸縮性のあるフィットタイプのピロケースがございます。こちらは、伸縮性のあるニット生地や、パイル生地が使われ、小さいサイズで作られていて、枕に合うように、伸ばして使うことができるピロケースです。

幅が、35~50cm、丈が 55~70cmに対応していますので、多くの安眠枕にお使いいただけます。伸びる素材のため、綿100%ではないですが、色は、豊富にお選びいただける商品がございます。数社のメーカーから販売されています。

既成サイズの封筒タイプのピロケースを使う

掛け布団カバーや、敷き布団カバー、ベッドシーツとお揃いのピロケースをお使いになりたい方や、肌触りのよい生地のピロケースをお使いになりたい方は、前記の専用ピロケースや、伸縮性のフィットタイプのピロケースでは、お好みに合わない場合もございます。

その際は、既成サイズの枕カバーで、封筒タイプのものをおすすめいたします。

サイズがさまざまな安眠枕ですが、人気の高い安眠枕の多くは、サイズが、35 x 55 cm、高さが10cm 前後です。このサイズですと、既成サイズの枕カバーの43 x 63cm用をお使いいただけます。既成サイズの 35 x 50cm用は、小さすぎてお使いいただけませんので、ご留意ください。

43×63枕用の封筒タイプのピロケースをお使いいただくと、枕カバーより、枕が小さめになりますので、ゆるみはございますが、長さは折り曲げてお使いいただけます。他の枕に変えたときでも使えますのでとても便利です。

以上です。

安眠枕のサイズ表記からピロケースを探そうとすると、特殊サイズのため、なかなか見つけられずお困りの方も多いようです。

特殊サイズの安眠枕に合うピロケースの選び方は、ぴったりサイズ重視の方は、専用ピロケースかフィットタイプのピロケース、肌触りや色のお好み重視の方は、既成サイズの封筒タイプのピロケースをお使いになることをおすすめいたします。

毎日の心地よい睡眠で、元気な毎日をどうぞお過ごしくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: