シーツや布団カバー、枕カバーの色の合わせ方。センスの良い寝室に

「掛布団カバーの色は、シーツと同じ色が良いですか?」「枕カバーの色は、シーツと布団カバー、どちらに合わせたほうが良いですか?」と、お問い合わせを頂戴します。シーツや布団カバーの色を、失敗なく、センス良く組み合わせたい、というご要望です。ここでは、シーツや、掛け布団カバー、枕カバー(ピローケース)の色の組み合わせ方を、事例写真とともにお伝えします。センスの良い寝室の、シーツやカバーの色選びのご参考になさってください。

シーツや布団カバー、枕カバーの色の合わせ方

シーツや布団カバー、枕カバーの色の合わせ方

目次

シーツと掛け布団カバー、枕カバーの色の組み合わせパターン

シーツ、掛け布団カバー、枕カバーの色の組み合わせ方によって、寝室の印象が変わります。ここでは、シーツ、掛布団カバー、枕カバーの組み合わせのパターンをご紹介します。

組み合わせ方に、正解はありません。ご自身の取り入れやすさ、インテリアの希望、好みに合わせて、パターンをお選びになるのが良いでしょう。

下記、組み合わせのパターンです。取り入れやすさの順番に並んでいます。

  1. シーツと掛け布団カバー、枕カバーを同色でそろえる
  2. 掛け布団カバーと枕カバーを同色、シーツを別色
  3. シーツと枕カバーを同色、掛け布団カバー別色
  4. シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色
  5. シーツと枕カバー、掛け布団カバー、それぞれ別色

ここからは、それぞれのパターンが、どんな方に向いているか、を、事例写真とともにお伝えします。

1.シーツと掛け布団カバー、枕カバーを同色でそろえる

最初のパターンは、シーツ、掛け布団カバー、枕カバーを、すべて同じ色でそろえる組み合わせです。完全に同じ色でなくても、同系色、色の濃淡で組みあわせも、このパターンに入れていただいてもかまいません。

このパターンは、次のような方におすすめです。

  • 寝室、ベッド周りを、すっきりと見せたい方
  • ホテルのような寝室にしたい方
  • 無難に寝室をまとめたい方
  • 寝具の色選びに神経を使わいたくない、でも、センス良くまとめたい方

イメージがわかるように、事例の画像をご紹介します。ヒントにしてみて下さい。

ホワイトで統一すると、すっきり、ホテルのような寝室に。

シーツ、カバー、枕カバーをホワイトで統一

シーツ、カバー、枕カバーをホワイトで統一

少し色のある、ナチュラルカラーでそろえると、優しい雰囲気になります。

シーツ、カバー、枕カバーをナチュラルカラーで統一

シーツ、カバー、枕カバーをナチュラルカラーで統一

シーツ、カバー、枕カバーをナチュラルカラーで統一

シーツ、カバー、枕カバーをナチュラルカラーで統一

2.掛け布団カバーと枕カバーを同色、シーツを別色

次は、掛け布団カバーと枕カバーを、同じ色、シーツを別色にするパターンです。

ベッドメイキングをした際、一番面積が広いのが、掛け布団カバーです。枕カバーを、掛け布団カバーに合わせることで、色の統一感が強まります。シーツを他の色にすることで、1番のパターンより、少し立体感が出ます。のっぺり感がなくなるというイメージです。

このパターンは、次のような方におすすめです。

  • すべて同じ色だとつまらないという方
  • シーツはいつも白や、アイボリーなど、色を決めている方
  • 柄物の掛布団カバーを楽しみたい方
  • お気に入りの掛布団カバーをお使いの方
  • 寝室をセンス良くしてみたい方
  • 寝室インテリアを楽しみたい方

このパターンの事例の写真で、印象をご確認してみて下さい。

掛け布団カバーと枕カバーをグレー。シーツをホワイト

掛け布団カバーと枕カバーをグレー。シーツをホワイト

掛け布団カバーと枕カバーを柄物ストライプ、シーツを無地で

掛け布団カバーと枕カバーストライプ、シーツを無地で

掛け布団カバーと枕カバーをグレーのストライプ。シーツをブラック

掛け布団カバーと枕カバーをグレーのストライプ。シーツをブラック

3.シーツと枕カバーを同色、掛け布団カバー別色

次は、シーツと枕カバーを同色、掛け布団カバーだけ別色にするパターンです。

ベッドメイキングをした際、目に触れる、シーツと、その上の枕を同色にすることで、2番のパターンより、すっきりとした印象となります。

このパターンは、次のような方におすすめです。

  • シンプルにしたいけど、少し色も楽しみたいという方
  • 寝室の色を2色程度でそろえたいとい方
  • シーツと枕カバーは白と決めていて、掛け布団カバーの色はインテリアに合わせたいという方
  • お気に入りの掛け布団カバーをお使いの方

無難さで比較すると、2番より、無難な組み合わせになるでしょう。下記、事例写真です。

シーツと枕カバーをホワイト、掛け布団カバーをグリーン

シーツと枕カバーをホワイト、掛け布団カバーをグリーン

  • 次の事例は、パターン2とパターン3の組み合わせです。枕を4個使うことで、枕2つは、シーツと同色、枕2つは掛け布団カバーと同色という組み合わせです。
枕2つは、シーツと同じグレー、枕2つは掛け布団カバーと同じライトブルーという組み合わせ

枕2つは、シーツと同じグレー、枕2つは掛け布団カバーと同じライトブルーという組み合わせ

枕2つは、シーツと同じホワイト、枕2つは掛け布団カバーと同じベージュの組み合わせ

枕2つは、シーツと同じホワイト、枕2つは掛け布団カバーと同じベージュの組み合わせ

4.シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色

次は、カバー類の中で、一番小さな、枕カバーだけ、別色にするパターンです。

枕カバーの色を変えるだけで、季節感や、インテリアのテイストの変化を楽しんでいただけます。枕カバーは、掛布団カバーやシーツよりお手軽価格で、収納スペースも取りません。数枚、そろえておくと、インテリアの幅が広がります。

このパターンは、次のような方におすすめです。

  • 季節に合わせて、寝室インテリアを楽しみたい方
  • 枕カバーは濃い色を使いたいという方
  • 枕カバーを頻繁に洗濯するという方
  • 枕をいくつも並べて、ベッドコーディネイトをしたい方
  • 寝る用の枕と、飾り用の枕をそろえている方
  • 柄物の掛け布団カバーを楽しみたい方
  • 寝室をセンス良くしてみたい方

このパターンの事例の写真で、印象をご確認してみて下さい。

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは別色

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーを赤に。クリスマスシーズンを楽しむインテリアに

シーツと掛け布団カバーを同色、枕カバーは赤に。クリスマスシーズンを楽しむインテリアに。

5.シーツと枕カバー、掛け布団カバー、それぞれ別色

最後は、シーツ、布団カバー、枕カバー、すべて、違う色のパターンです。

色の違いをこだわらずに、異なった色になっている、というのではなく、あえて、異なった色でそろえるパターンです。

このパターンは、

  • インテリアの上級者の方
  • 色の組み合わせを楽しみたい方
  • 家のインテリアを、3色程度のベーシックカラーでそろえている方

に向いているでしょう。

色をそろえずに、センス良く、ベッドコーディネイトをするのは、なかなか難しいです。

センス良くまとめるコツは、

  • シーツ、枕カバー、掛け布団カバー、それぞれの色が、寝室のベッドや、壁、ランプシェード、ナイトテーブル、飾られている額、ドライフラワーなどとそろえてある場合
  • シーツ、枕カバー、掛け布団カバーの3色が、すべて入った、クッションを、ベッドに並べて統一感を作る場合

などです。

下記、実例のインテリア画像です。なかなか難しいですが、画像からインスピレーションがわいたら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シーツ、掛け布団カバー、枕カバーすべて違う色でコーディネイト

シーツ、掛け布団カバー、枕カバーすべて違う色でコーディネイト

シーツ、掛け布団カバー、枕カバーすべて違う色でコーディネイト

シーツ、掛け布団カバー、枕カバーすべて違う色でコーディネイト

センス良く、シーツと布団カバー、枕カバーをコーディネイトするコツ

センス良く、ベッド周りを見せるコツは、クッションや、ベッドカバー、スローケットを上手に使うことです。

上記でご紹介した事例写真をご覧いただいても、クッションやベッドの上にふわっとのせてあるケット類が、上手に使われているのを見ていただけたことと思います。

クッションやスローケットを利用した、センスの良いコーディネイトの数々は、シーツjpのインスタグラムでご紹介しています。もっと事例をご覧になりたい方は、ぜひ、ご覧になってみてください。

センスが良く、心地よい寝室で、ぐっすり眠ると、気分が良いものです。気分が良くなると、毎日の活力にもつながります。シーツや布団カバーの色選びのご参考になれば幸いです。

8色の美し色から選んでコーディネイトできるスーピマ超長綿カバー

8色の美し色から選んでコーディネイトできるスーピマ超長綿カバー


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

この記事を書いた人

| 初回公開日: | 最終更新日: