低反発マットレスと高反発マットレスは、どう違いますか?

「低反発マットレスと高反発マットレスってどのように違うのですか?」と、多くのお客さまから問い合わせを頂戴します。具体的な商品名をあげると、低反発素材の寝具の代表は、テンピュールの商品で、高反発素材の寝具の代表は、エアーウィーヴの商品です。ここでは、低反発マットレスと高反発マットレスの特徴の違いをお伝えします。快適なマットレス選びのヒントにご活用ください。

目次

低反発マットレスと高反発マットレスの違い

低反発マットレスと高反発マットレスの、わかりやすい大きな違いは、3つあります。1つ目は、マットレスの固さの違い、2つ目は、マットレスの通気性の違い、3つ目は、重量の違いです。特に、1つ目の固さの違いは、睡眠の質を良くする手法の違いを顕著に表しています。それぞれ、順を追って詳しくお伝えします。

1.固さ、反発力、の違い

言葉からお察しの通り、低反発は、反発が少なく、高反発は、反発が強い、という意味です。それぞれ、マットレスの上に身体を横たわらせたときの、(圧力をかけたとき)マットレスが示す反応を表しています。低反発マットレスは、反発が少ないので、やわかく、高反発マットレスは、反発が強いので固さがあります。

それぞれのマットレスの固さの違いにより、睡眠時の体の反応が異なり、睡眠の質を良くする手法が異なります。

低反発マットレス

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスは、圧力をかけたときに反発が少ないので、やわらかく、体の曲線、体の部位の重さに応じて、適度にマットレスが沈み込み、重さを支えます。そうすることで、睡眠時に体の部分的にかかる圧力や負担を少なくし、睡眠の質を高めます。

例えば、普通の敷き布団で眠ると、身体の一番重い部分の腰が圧迫され、寝ていて腰が痛くなった、などという症状がある方がおられます。これは、まっ平らな所に寝ることで、重みがあり、出っ張っている腰の部分が、突っ張り圧迫されることが原因の一つです。

低反発マットレスは、腰の重み、曲線に合わせて、適度に沈み込みますので、寝ていて腰が痛くなるなどの負担を軽減させることになります。

また、横向きに眠る方の場合、腰の部分と肩の部分が出っ張っているために、普通の敷き布団ですと、腰と肩に負担がかかります。低反発マットレスでお休みの場合は、腰、肩の曲線と重みに合わせてマットレスが適度に沈み込みますので、圧迫が軽減され、負担がかからず、楽にお休みいただけます。

寝姿勢や、体形に合わせて、マットレスが適度な沈み込みにより、体を支えますので、寝ている間の体への負担を軽減させることができるのが、低反発マットレスの特徴です。

高反発マットレス

高反発マットレスの特徴

高反発マットレスの特徴

一方、 高反発マットレスは、圧力をかけたときの反発が強いので、固く、体が沈みこみません。これにより、マットレスの上で、体が動きやすく、寝返りがうちやすい構造になっています。寝返りをうちやすくすることで、睡眠の質を高める、という考えのもとに作られているのが高反発マットレスです。

ここで、興味深いのは、寝返りに対する考え方が全く違うことです。

低反発マットレスは、睡眠時の体重による体への圧迫や負担を軽減させることで、寝返りの回数を少しでも減らし、内臓への負担を少なくして安眠に導ゆきます。低反発マットレスは、体が沈みこみ、柔らかいため、寝返りは打ちにくい構造になっていますが、その構造上、普通の敷き布団で眠るときよりも、寝返りの必要性が少なくなっているのです。

高反発マットレスは、その固さゆえ、睡眠時には、背中の血流やリンパの流れは圧迫されています。ただし、その固さにより、体が沈みこまず、寝返りがうちやすく、頻繁な寝返りを可能にし、血流やリンパの流れの妨げを解消させる構造になっています。

それぞれのマットレスの特徴は、まったく正反対な睡眠の質を良くするための考え方が反映されています。良質な睡眠に必要な、血流とリンパの流れをスムーズにさせるという点において、

  • 寝ている間も、血流とリンパの流れをできるだけスムーズにし、寝返りの回数を減らし、体への負担を軽減させているのが低反発マットレス
  • 体が圧迫されることで生じる、血流とリンパの流れの妨げを解消させるために、寝返りをしやすくしているのが高反発マットレス

という特徴になります。

2.通気性の違い

低反発マットレスは、粘着性のポリウレタンフォームで、適度に沈み込む弾力性を維持するための構造で、通気性に優れているとは、あまりいえません。通気に優れていないマットレスの上に眠りますので、湿気、温度の高さが、睡眠に影響する場合もあります。

一方、高反発マットレスは、極細の繊維樹脂が編まれたような構造になっているため、大変に通気性に優れています。湿気、温度の変化による睡眠の質への影響は、ほぼ心配ないでしょう。ご家庭で、水洗いができます。

通気性に関しても、低反発マットレスと高反発マットレスは、上記のように、まったくの正反対の特徴があります。日本は、湿気が多く、寝具に関しても、湿気対策がいかにされているか、ということが寝具選びには重要になります。この点も、ご自身に適したマットレスをお選びになる際は、大切な項目です。

3.重量の違い

それぞれの、素材の特質から、重量が異なります。低反発マットレスは、重く、高反発マットレスは、軽いのが特徴です。

シーツなどを交換するとき、通気を良くするためのお手入れ時などに、マットレスを移動しやすさが、異なってきます。

以上が、低反発マットレス高反発マットレスの大きな違いになります。それぞれの、メリット、デメリットが分かりやすいように、特徴を表にまとめました。

低反発マットレスと高反発マットレスの特徴比較表

低反発マットレス 高反発マットレス
体への圧迫 負担 圧迫の負担が少ない 圧迫の負担がある
寝返りのしやすさ うちにくい うちやすい
寝返りの必要性 必要性が少ない 必要
通気性 優れてはいない 優れている
湿気と温度の不快さ 不快さを感じる場合がある 心配ない
重さ 重い 軽い

(低反発マットレスも、高反発マットレスも、種類がさまざまあり、品質により、上記の特徴が当てはまらない場合もあることもあります。商品の品質を吟味することはとても大切ですので、その点はご留意くださいませ。)

ご自身の睡眠環境や、どんな寝心地が好みかを、それぞれのマットレスの特徴と比べながらお選びになってくださいませ。

また、お求めの際は、実際に、大手デパートさまや東急ハンズさまの寝具売り場で、横になって寝心地を試してお選びになることをおすすめいたします。

実際に寝てみると、寝心地が、それぞれ異なるからです。私個人的にも、テンピュールマットレスとエアーウィーヴ、それぞれ、数日程度使ってみた経緯があります。それぞれの寝心地がまったく異なり、体への負担も異なることを実感しました。私個人は、毎日の快眠のために、低反発でも高反発でもなく、凹凸タイプのマットレス、ムアツふとん、をベッドの上にのせて寝ています。

睡眠の質を大きく左右するのが、マットレスです。じっくり、あなたにぴったり合うものをお選びいただければ幸いです。マットレス選びでは、「西川エアーとエアーウィーヴは、どう違いますか?」の記事もご参考になさってくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: