ボックスシーツは敷き布団に使えますか?シーツ選びのヒント

敷き布団をお使いのお客さまから、ボックスシーツは敷き布団に使えますか?といった質問を頂戴します。ボックスシーツは、ベッド用のため、敷き布団を包めはしますが、生地がだぶつき、敷き布団に最適なシーツとはいえません。ボックスシーツに似た形状で、敷き布団に適したシーツがございます。

ここでは、ボックスシーツが敷き布団のシーツとしては、ベストではない理由と、敷き布団に適したシーツの選び方をお伝えします。

ボックスシーツは敷き布団に使えますか?

ボックスシーツは、厚みのあるベッド用のシーツ

ボックスシーツは、厚みのあるベッド用のシーツ

ボックスシーツの形状は、底部にゴムが入り、厚みのある(一般的には十数センチ、またはそれ以上の厚み)ベッドマットレスを包むように作られています。そのため、厚みが数cm程度の敷き布団を、ボックスシーツで包むと、敷き布団を包むことはできますが、厚みの分の生地が余分なため、だぶついたり、もたついたりしてしまいます。

そのため、ボックスシーツは、敷き布団のシーツとしては、快適に使用できず、ベストな選択ではありません。

 

敷き布団には、ボックスシーツではなく、ワンタッチシーツ。

敷き布団には、ボックスシーツではなく、ワンタッチシーツ。

敷き布団には、似た形状で、最適なシーツがあります。底部にゴムが入った形状で、敷き布団用のワンタッチシーツ、ラップシーツ、または、フィットシーツと呼ばれる商品です。ボックスシーツとは異なり、マチがなく、敷き布団のサイズにぴったり合い、きれいに装着していただけます。

敷き布団に簡単に装着できるタイプのシーツをお探しでしたら、ベッド用のボックスシーツではなく、布団用のワンタッチシーツ(ラップシーツ、フィットシーツともよばれています。)をおすすめいたします。ボックスシーツより、安価ですし、なにより、だぶつかず、サイズもぴったりで、快適にお使いいただけます。

例えば、掛け布団カバーやピロケースとセットになっていて、お気に入りの柄などで、どうしても、その柄のボックスシーツを敷き布団に使いたい場合などは、お伝えしている生地のゆるみがありますが、使えなくはありません。使えるというのは、敷き布団を包める、という意味になります。

最近は、綿100%ではなく、ストレッチ素材でできたボックスシーツで、生地を伸ばして使う商品が販売されています。敷き布団にも使えるボックスシーツなどと表記されたりしています。このタイプは、小さめにできていて、伸ばすことで、さまざまなサイズ(幅、丈、厚み)のマットレスにも装着できるようになっています。こちらですと、敷き布団にもだぶつかずに使用していただけます。素材は、ポリエステルや、ニットパイルでできています。

敷き布団に最適なシーツの選び方

ここからは、敷き布団に適したシーツの種類、と、お好みの使い勝手に合うシーツの選び方をお伝えします。

敷き布団用のシーツ、カバーには、次のような種類があります。

  • ワンタッチシーツ、ラップシーツ、フィットシーツ
  • マチ付きワンタッチシーツ
  • フラットシーツ
  • 敷き布団カバー
  • ポケットシーツ

それぞれのシーツの特徴と、使い勝手、適した敷き布団のタイプを、順を追ってお伝えします。あなたのお好みに合った敷き布団用シーツをお選びになるご参考になさってください。

ワンタッチシーツ、ラップシーツ、フィットシーツ

特徴

  • 底部にゴムが入り、敷き布団をくるっと包むワンタッチタイプのシーツ

使い勝手

  • 装着が簡単で、よれずに、きれいに敷き布団を包むことができる。
  • シーツを装着したまま、布団の上げ下ろしができる。
  • 敷き布団のサイズに合ったシーツでないと、突っ張ったり、だぶついたりする。

適した敷き布団のタイプ

  • わたの敷き布団
  • 羊毛敷き布団
  • 羊毛混固わた敷き布団

最初にお伝えしましたが、敷き布団用で、ボックスシーツと同じように、底部にゴムが入り、敷き布団を上からくるっと包むタイプのシーツは、上記のワンタッチシーツになります。敷き布団の場合は、ボックスシーツではなく、ワンタッチシーツをお使いいただくのがベストです。

マチ付きワンタッチシーツ、マチ付きラップシーツ、マチ付きフィットシーツ

特徴

  • 厚みのある健康敷き布団や、マットレスタイプの敷き布団用で、厚みに適したマチがあり、底部にゴムが入り、敷き布団をくるっと包むワンタッチタイプのシーツ

使い勝手

  • ベッドマットレスより薄いタイプの健康敷き布団、例えば、ムアツふとん、整圧布団、西川エア、ロマンスエコーなど、厚みが 8~10cm程度マットレスタイプの敷き布団に、ぴったりと装着でき、快適に使うことができるシーツ。
  • シーツを装着したまま、布団の上げ下ろしができる。
  • 敷き布団の、厚み、幅、丈、に合ったサイズのシーツを選ばないと、装着できなかったり、だぶついてしまう。

適した敷き布団のタイプ

  • 厚みが 8~10cm 程度の健康敷き布団やマットレスタイプの敷き布団
    (ムアツふとん、整圧布団、西川エア、ロマンスエコーなど)

フラットシーツ

特徴

  • 一枚の布タイプの昔ながらのシーツ

使い勝手

  • 取り外しが便利で、洗濯が簡単。
  • 敷き布団の上下、左右にフラットシーツをきちんと入れ込まないとよれが生じ、見た目が美しくなく、手間がかかる。
  • 手作りなど、既成サイズ以外の敷き布団にも使え、使えるサイズに柔軟性がある。

適した敷き布団のスタイル

  • 綿わたの敷き布団
  • 羊毛敷き布団
  • 羊毛混固わた敷き布団

敷き布団カバー

特徴

  • 袋状で、サイドにファスナーがある、敷き布団をすっぽり入れて使う敷き布団用のカバー

使い勝手

  • 敷き布団をすっぽり入れてしまうので、敷き布団が汚れず、長く使うことができる。
  • ずれたり、よれたりせず、心地よく使える。
  • 敷き布団の出し入れがあるので、洗濯時の装着に手間がかかる。
  • 敷き布団のサイズに合っていないと、布団がカバーの中で、突っ張ったり、泳いだりしてしまう。
  • 敷き布団カバーは、常に掛けておいて、その上から、洗濯が簡単なラップシーツや、フラットシーツを掛けて使ってもよい。

適した敷き布団のタイプ

  • 綿わたの敷き布団
  • 羊毛敷き布団
  • 羊毛混固わた敷き布団

ポケットシーツ

特徴

  • 敷き布団の頭のほうだけ、ラップタイプ(輪)になっていて、敷き布団の長さに合わせて一方を折りこんで使うタイプのシーツ

使い勝手

  • ラップシーツとフラットシーツの良い点を合わせたシーツ。
  • シーツの幅と、敷き布団の幅が一緒のため、両はじは、敷き布団がむき出しになるが、入れ込む手間は省ける。
  • 製造が減少しているスタイルで、大手の寝具メーカーからは、あまり販売されていない。
  • 使える敷き布団の長さに柔軟性がある。

適した敷き布団のタイプ

  • 綿わたの敷き布団
  • 羊毛敷き布団
  • 羊毛混固わた敷き布団

 
 
以上です。

インターネット通販で、シーツをお求めになられる方も多く、かつてのように、店頭でお店の方に質問しながら商品を選ぶことができなくなってきた昨今、シーツの名称を知る必要性が増えてきています。

シーツは、種類や名称が多く、適した敷き寝具によっても、呼び名が異なることもあるため、お選びになるのに迷ってしまうこともあるようです。上の記事が、あなたに合ったタイプのシーツをお選びなるのにお役立ていただければ幸いです。

ワンタッチシーツとボックスシーツの違いや、ベッドパッドと敷きパッドの違いと使い方も、寝具選びのご参考になるかと思います。どうぞご覧くださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: