横向きに寝ますが、枕はどう選べばよいですか? 横向き寝用枕の選び方

横向きに寝ますが、枕はどう選べばよいですか? 横向き寝用枕の選び方

横向きに寝ますが、枕はどう選べばよいですか? 横向き寝用枕の選び方

横向きになって眠る習慣がある、横向きで眠りたい方から、「どんな枕を選べばよいですか?」と、お問合せを頂戴します。横向きに眠る方(横寝、横向き寝)の枕選びは、枕の形状を選ぶことが大切です。ここでは、横寝に適した枕の選び方をお伝えいたします。

目次

横寝に適した枕の形状

横寝、横向きにお休みになられる方は、枕の形状選びが特に大切です。枕の両端の高さが高い枕、両端の枕の高さを高く調節できる枕をお選びください。下の画像のような形状の枕です。

横寝横向きに眠る方の枕選び枕の形状

横寝横向きに眠る方の枕選び枕の形状

横向き寝の方に、両はじが高い枕をおすすめする理由は、

  1. 肩の凸部とベッドや敷き布団との接触部分にかかる、重圧を軽減させるため
  2. 横向きに寝た場合でも、背骨をまっすぐにした状態にし、背中、腰、首にかかる負担を軽減させるため

です。

横向き寝、横向きに眠る方は、適した枕を使わないと、肩や背中、腰、首に負担がかかります。かかる負担は2種類です。

  • 肩の凸部が、ベッドや布団との接触部分に重み、圧力による負担
  • 肩の凸部が、背骨を湾曲になった状態で眠ることになる負担
    適した枕を使わないと背骨が湾曲した状態に

    適した枕を使わないと背骨が湾曲した状態に

です。

体、肩にかかる負担は、肩こり、背中や腰の痛み、睡眠中の目覚め、浅い眠りなどの、原因になる場合があります。

両はじが高く、中央部分が低い枕をお選びになることで、横向きに寝た状態でも、肩の凸部に圧がかからず、背骨もまっすぐになった状態で眠ることが可能になります。中央が低くなっている理由は、仰向けに眠る時間帯も、正しい根姿勢で眠れるようにするためです。

中の素材の好みを選び

横向き寝の方の、枕の素材の選び方はお好みを選んで問題はありません。枕の形状だけ横寝に適していれば、固さ、中材は、お好みの感触をお選びください。固めがお好みの方は、パイプ、そばがらなどを。柔らかめがお好みの方は、化繊系のわた、羽毛、羽、その他、低反発素材などがおすすめです。

お好みの感触を選ぶ、ということも、安眠のために重要です。どうぞ、お好みの素材をお選びください。

寝具店やオーダー枕店でお求めの際は、固さの好みをお伝えください。お好みにあった枕の中材を選んでくれます。

インターネットでお探しの場合は、固め、柔らかめ、パイプ、低反発、粒わた、羽毛、羽根、そばがらなど、固さの好み、中身の素材を検索してお探しください。

横寝、横向きねにおすすめの枕を探す

ここでは、横寝、横向きねにおすすめの、枕をご紹介いたします。お役立てください。

西川 横寝サポートまくら

西川と医学博士が共同開発した横向き寝に適した枕です。横向きの方が寝返りも打ちやすいような形状になっています。

  • 高さ調節可能
  • ソフトパイプ
  • 普通の固さ
  • 丸洗い可能
  • 西川 横楽寝

    横向きが多い方が楽に眠れるように開発された枕です。両サイド、後ろの3か所の高さ調節が可能。ご自分の方の高さ、横向きに寝た際の方の高さに合わせて高さを調整いただけます。横向きでも、楽におやすみになりたいかたにおすすめです。

    • 高さ調節可能
    • ソフトパイプ
    • 普通の固さ
    • 丸洗い可能
    • —————————-

      枕選びは、敷き寝具選びの次に、快眠のために重要です。(敷き布団、ベッドマットレスなどの敷き寝具選びは、快眠にとても重要 )

      是非、寝具店の店頭、オーダー枕の店頭に、お気軽にお寄りになって、ご相談されたり、実際に試しながら枕をお選びになってみてください。ぐっすり眠れる枕に出会えます。


      ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

      この記事を書いた人

| 初回公開日: | 最終更新日: