羽毛布団の収納方法。しまい方と保管方法のコツ

羽毛布団の収納を正しくすると、羽毛布団が長持ちします。ここでは、羽毛布団を快適に長年使い続けるためのしまい方、収納と保管方法についてご案内します。正しい収納方法で、来冬もまた、お気に入りの羽毛布団を使って、暖かくぐっすり眠りましょう。

羽毛布団の収納方法

羽毛布団の収納と保管方法の手順

  1. 羽毛布団の収納前に、湿気をしっかり発散させます
  2. 羽毛布団保存ケース(バッグ)に入れて収納します
  3. 羽毛布団の収納に、圧縮袋は ” 絶対に”使いません

1.羽毛布団の収納前に、湿気をしっかり発散させます

まず、大切なことは、冬中使った羽毛布団にこもった湿気を十分に発散させることです。天気の良い日に、風通しの良い室内で、羽毛布団を陰干しをして、しっかり湿気を発散させましょう。

陰干しとは、室内で、羽毛布団を広げるか、布団干しなどに掛けて風が当たるようにして通気をして湿気を発散させることです。

日差し(日光)に当てる必要はありません。どうしても、少しでも日光に当てたい、という方は、下記に留意して、短時間に限って日に干します。

  • 必ず掛け布団カバーを掛けたまま。
  • 短時間、片面 30分づつぐらいづつ。

「必ず、掛け布団カバーをかけたまま」は、重要です。その理由は、羽毛布団は、側生地に小さな穴が一つでも開いしまいますと、その小さな穴から羽毛がどんどん噴出してしまい、羽毛布団がお使いいただけない状況になってしまうからです。

羽毛布団を外に干す際は、何かに引っ掛けて、側生地に穴を開けてしまわないよう、必ずカバーをお掛たまま干します。羽毛布団を長くご愛用いただくために、とても重要です。「羽毛布団の干し方

2.羽毛布団保存ケース(バッグ)に入れて収納します

湿気を十分に発散させた羽毛布団は、羽毛布団用保存ケース(保存バッグ) に入れて収納します。羽毛布団を傷めることなく、コンパクトに収納するベストな方法です。

羽毛布団用保管ケースとは、羽毛布団をお求めの際に、羽毛布団が入っていたケース、バッグのことです。羽毛布団収納ケースがない場合は、羽毛布団をお求めになった寝具店やネット通販でも販売されておりますので、用意しましょう。

収納の際は、羽毛布団収納ケースのファスナーを 2-3cm 程度開けて保管します。湿気がケースやバッグの中にこもるのを防ぐことができます。また、収納ケースやバッグの中に、防虫剤などを入れていただいても、もちろん構いません。

収納時、掛けふとんカバーを掛けると、羽毛布団の側生地を収納ケースのファスナーに引っ掛けて傷つけてしまうことを防げます。ただ、その際は、必ず、洗濯後、十分に乾燥させた清潔なカバーを掛けて収納しましょう。

収納場所は、クローゼットや押し入れの上の方にしまうのがおすすめです。羽毛布団の上には、他のものはのせないように保管します。上に物をのせてしまうと、羽毛布団の羽毛がつぶれてしまい、羽毛が膨らまなくなり、保温力がなくなる原因になってしまいます。羽毛布団のケースのスペースをしっかり確保でき、湿気のこもりにくい場所に保管しましょう。

3.羽毛布団の収納に、圧縮袋は ” 絶対に”使いません

羽毛布団の収納方法

羽毛布団を傷めず、長くご愛用いただくために、1番お伝えしたいことです。羽毛布団の収納には、絶対に、布団圧縮袋は使わないでください。羽毛布団を圧縮袋に入れてしまいますと、羽毛がつぶれ羽毛布団が元の状態に戻らなくなってしまいます。

羽毛布団は、非常に繊細な羽毛が空気をたくさん含むことにより、暖かさを保っております。その羽毛の毛羽が痛んでしまいますと、羽毛布団の保温力が損なわれてしまいます。羽毛布団の保管には、布団用圧縮袋は、絶対に使わないようにしましょう。


以上です。羽毛布団のしまい方は、収納袋に入れるだけなので簡単です。ただ、大切な点は、収納前に湿気を十分に発散させて保管すること、と、圧縮袋は絶対に使わないいことです。

冬になり、羽毛布団を使う時期になりましたら、保管ケースから出し、一度、陰干しをして、保管時の湿気を発散させてから、必ずカバーを掛けてお使いましょう。

羽毛布団は、お手入れのコツさえ守れば長年お使いいただけます。どうぞ、適切なお手入れ、保管方法で、羽毛布団を長く愛用していきましょう。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: