羽毛布団の干し方

羽毛布団の干し方は、お部屋の中での陰干しをおすすめいたします。羽毛布団は、綿わたや化繊わたのお布団に比べ、通気性、放湿性に優れている寝具ですので、頻繁に干す必要はありません。季節の変わり目などを目安に、陰干しをしてくださいませ。下記、羽毛布団の干し方をご案内いたします。

羽毛布団の干し方

羽毛布団は、晴れて、湿気のない日に、通気の良い部屋の中で、陰干しをしましょう。陰干しの方法は、室内で、羽毛布団を空気が通るように広げるか、布団干しなどに掛けて、風が通るように通気をして湿気を発散させてください。扇風機やサーキュレータを使っていただくと早く湿気を発散させることもできます。

外で日光に当てて干す必要はありません。日光の紫外線により、側生地や、羽毛の劣化を早める原因となります。せっかく長くご愛用いただける羽毛布団の寿命が、短くなってしまいます。

どうしても、少しは天日に干したいという場合は、必ず、掛け布団カバーをおかけになって、短時間、片面30分づつぐらい、に限って、干してくださいませ。必ず掛けふとんカバーをかけることは、大切なポイントです。

カバーを必ず掛ける理由は、2点。1つ目は、羽毛布団の側生地に引っ掛け傷を作らないため。羽毛布団は、側生地に小さな穴でもあいてしまいますと、その小さな穴から羽毛が噴出してしまい、お布団がお使いいただけなくなってしまいます。2点目は、日光による羽毛布団の側生地の劣化を防ぐためです。

季節の変わり目、羽毛布団を収納する前など、上記をご参考に、陰干し、適切なお手入れで、羽毛布団をどうぞ長年ご愛用くださいませ。羽毛布団の収納方法は、「羽毛布団のしまい方。収納と保管方法のコツ」をご覧くださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: