セミダブルに二人は狭いですか? 快眠に必要なベッドの幅とは

「セミダブルのベッドは、二人で寝るには狭いですか?」と、お問い合わせを頂戴します。ベッドのサイズ名と実寸のサイズ感が、はっきりせず、疑問に思う方が多いようです。ここでは、セミダブルのベッドの幅の疑問にお答えし、快眠に必要なベッドの幅をお伝えします。

セミダブルは2人で寝るには狭いですか?  快眠に必要なベッドの幅とは

セミダブルは2人で寝るには狭いですか? 快眠に必要なベッドの幅とは

目次

「セミダブルのベッドは、二人で寝るには狭いですか?」

「セミダブルのベッドは、二人で寝るには狭いですか?」の、お問い合わせに、私どもでは、

  1. セミダブルのベッドは、日常的に、お二人でお休みになるには、おすすめはしないサイズです
  2. 日常ではなく、来客時の対応として、お二人で眠るには、可能なサイズです

と、お答えしています。

理由は、セミダブルベッドの幅は、120cm で、お二人で眠ると、一人当たりのベッドの幅が、60cm しかない点にあります。

一人当たりのベッドの幅が、60cm ですと、

  • 仰向けの状態のままならば、横たわるのに可能なサイズ
  • 寝返りをするには、狭すぎるサイズ
  • ゆったりと心地よく眠るには、狭すぎるサイズ

なのです。

このことから、セミダブルのベッドにお二人で眠るには、毎日の快眠には適さず、来客時の非日常の使い方には対応可能、とお伝えしています。

一人当たりのベッドの幅、60cm が、寝返りには狭すぎる、としている根拠を、次の項目でお伝えします。

一人当たりに必要なマットレスの幅

一人当たりのベッドの幅が、60cm だと、寝返りをしたり、ゆったりと心地よく眠ったりするには、狭すぎる、とお伝えしました。その理由は、寝返りをするために、必要な、一人当たりの寝具の幅が、60cmでは足りないとされているからです。

一般的に、寝返りに必要な、寝具の幅は、肩幅プラス右側に 20cm 、左側に 20cm が必要とされています。

AIST人体寸法データベース, 1991-92 によると、日本人の肩幅は、男性の青年群で平均 45.6cm、男性の高齢者で平均 42.6cm、女性の青年群で平均 40.8cm 、高齢者で平均 39.9cm です。

データから計算すると、寝返りに必要な寝具の幅は、

  • 男性で、約 85cm 程度
  • 女性で、約 80cm 程度

となります。いずれも、60cmより、幅が広く必要としています。

2015年に発行された、「健常者における睡眠中の寝返り回数と日間寝変動の検討」(第50回日本理学療法学術大会沙録集, VOL.42 Suppl.No.2)によると、

  • ヒトは、1日平均で、24回程度、寝返りをするとしています。
  • 多い人では、38回もの寝返りをした結果も伝えています。

20回以上繰り返される寝返りを、毎日、ストレスなく可能にするには、セミダブルベッドは、お二人で眠るには、適さないサイズということになるのです。

マットレスの幅の違いによる寝心地の差

では、男性 85cm、女性 80cm のベッドの幅があれば、快眠できるのでしょうか?

マットレスの幅が、78cm と 100cm の場合の、寝心地の良さを比べた研究結果があります。ここで、一緒に見てみましょう。
 

睡眠にとって不可欠な役割(睡眠段階を移行させるスイッチ、血液の循環のパターンの変化を促す、体温・寝床内機構の調節)を待つと考えられる寝返りについては 100cm において、78cm よりも寝返りしやすく、睡眠時間の多くの割合を占める仰臥位および入眠時の姿勢での寝心地に統計学的優位さはなかった。
(中略)
心理評価では、 100cm において優位に寝返りしやすく、入眠感調査表による入眠感評価尺度、寝心地評価の心地よさと寝つき良さの特典が高い傾向にあった。

(木暮貴政、白川修一郎、マットレスの幅が睡眠に及ぼす影響、日本生理人類学会誌、Vol.12、No.3、2007年8月)
 
とあります。仰臥位とは、仰向けに眠ることです。

要約すると、78cm 幅と、100cm 幅のマットレスを使った実験結果では、

  • 仰向けに眠っているだけの状態では、寝心地の差は、あまり認められない
  • 寝返りのしやすさは、100cm 幅のマットレスの方が、寝やすい
  • 心理的評価結果からは、100cm 幅のマットレスのほうが、寝返りが打ちやすく、寝心地の良さ、寝つきの良さが高い

と伝えています。

このことから、寝返りをしないで、仰向けの状態では、78cm幅の寝具でも問題はないが、寝返りをすることを考慮に入れた場合、ベッドの幅、男性 85cm、女性 80cm の数値は、最低限の数値で、ストレスなく寝返りをして、心地よく眠るには、ベッドの幅は、100cm が望ましい、となります。

マットレスの幅によって、ヒトは、寝心地の感じ方が変わるということがわかります。毎日の健康や元気につながる、心地よい睡眠を、無理せず確保しようとするならば、お二人用のベッドのサイズも、その点を考慮して選びたいところです。

快眠のための二人用ベッドのサイズ

では、快眠をするための、二人用のベッドサイズは、どんなサイズのベッドになるのでしょう。気になりますね。

前出の研究結果から、寝返りが打ちやすく、心理的にも寝心地が良く感じるのに必要な、一人当たりの寝具の幅は、100cm です。

お二人が一緒に寝るベッドで、それぞれが、ストレスなく寝返りできて、快眠できるベッドのサイズとしては、

  • 140cm 幅のダブル、一人当たりの幅 70cm
  • 155cm 幅のワイドダブル、一人当たりの幅 75cm
  • 160cm 幅のクイーン、一人当たりの幅 80cm
  • 170cm 幅のワイドクイーン、一人当たりの幅 85cm
  • 180cm 幅のキング、一人当たりの幅 90cm

の、いずれも、残念ながら、幅が満たないということになります。

心地よさを追求するならば、

  • 200㎝ 幅のワイドキング、一人当たりの幅 100cm
  • がベストということになるでしょう。

    100cm幅は、ちょうど、シングルサイズのベッドの幅です。200㎝幅のワイドキングは、シングルベッドを2台並べて、1台としてお使いいただくサイズになります。

    ワイドキングと聞くと、寝室のスペースが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

    6畳の広さがあれば、シングルベッドを2台並べてお使いいただけます。

    二人用のベッドサイズをお探しの方は、もし、毎日の快眠、安眠を第一に考えるならば、キングサイズよりさらに広い、シングル2台並べるワイドキングサイズを、検討してみることをおすすめいたします。


    ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: