冬におすすめの赤ちゃん寝具。スリーパー

寒い季節になると、赤ちゃんの冬用寝具について、「赤ちゃんが布団をすぐ蹴ってしまって、冬なのに何も掛けていないのですが、何か良い寝具はありますか?」といったご質問を頂戴します。ベビー用毛布や、ベビー用綿毛布は、すでにお持ちになっていても、寒すぎるのではないかしら、とご心配になられているようです。ここでは、ぜひ、そろえていただくとよい赤ちゃんの冬用寝具、スリーパーについてお伝えします。

目次

冬におすすめのスリーパーの素材の種類と特徴

冬におすすめの赤ちゃん寝具。スリーパー

冬におすすめの赤ちゃん寝具。ダウンスリーパー

数カ月の赤ちゃんが、お布団を蹴ってしまって、なにも掛けずに寝ているので心配。そんな赤ちゃんにおすすめな寝具が、ベビー用スリーパーです。赤ちゃん用のスリーパーとは、赤ちゃん用のかい巻きタイプの寝具、ベストのように着る寝具、で、サイズは、丈が 60cm~100cm程度、袖なしのスタイルが主流でございます。

ベビー用スリーパーの、冬におすすめの素材と特徴は、次の通りです。赤ちゃんの寝ているお部屋の室温環境や、赤ちゃんの肌の健康状態などに合わせてお選びください。保温性の低い素材順に並んでいます。

  • ガーゼスリーパー
    薄手のガーゼ素材のスリーパー。3重~6重ガーゼなど、厚みの異なる商品が販売されています。汗の吸湿が良く、空気を含むため、ふんわりした肌ざわりです。
    保温性は、あまり高くなく、秋の初めごろまでで、冬の寒さに耐える保温性はあまり期待できません。

  • 綿毛布スリーパー
    薄手で、柔らかな綿毛布で作られているスリーパー。肌にやさしく、静電気の心配がなく、汗の吸湿力があり、安心してお使いいただけるスリーパーです。敏感肌の赤ちゃんの冬用のスリーパーとしておすすめいたします。
    保温性は、中ぐらいです。寝室を暖かく保たれているご家庭ですと、冬もお使いいただけます。

  • アクリル毛布スリーパー、マイクロファイバースリーパー
    アクリル毛布や、マイクロファイバー素材のスリーパー。一番手軽な価格帯で、キャラクターの絵がプリントされている商品もあり、色柄が豊富です。
    保温性は、高く、軽量です。ただ、湿気の吸湿をしない素材のため、赤ちゃんの汗が、毛布のボア部分に水滴となって付着し、夜、寒くなった際に、その水滴が冷たくなります。水滴の冷たさで、赤ちゃんが、寝ている間に身体を冷やしてしまうことがありますので、注意が必要です。

  • ダウンスリーパー
    羽毛が薄く入って、キルトをされたスリーパー。羽毛ですので、保温性が高く、また、湿気の吸湿と放湿性に優れ、冬に安心してお使いいただけるスリーパーです。
    ダウンでも、お洗濯が可能な商品がほとんどですので、お手入れも簡単です。

    羽毛は、室温により保温性を調節する機能がありますので、赤ちゃんが、適温で眠ることができます。赤ちゃんの冬の寝具には、一番おすすめします。
    羽毛の入り具合は、薄手で、寝ていてもごわつくことなく、寝にくいといったこともありません。ただ、羽毛を使った商品は、品質にばらつきが生じやすいため、品質の確かなメーカーの商品をお選びください。その点が注意点です。

袖のないスリーパーでも大丈夫ですか?

ベビー用スリーパーのほとんどが袖なしタイプのため、「冬でも袖なしタイプでも保温性は大丈夫ですか?」というご質問を頂戴します。

お答えは、袖なしでも、保温性に問題はありませんとお伝えしています。理由は、赤ちゃんの体温が高いということもありますし、長そでのロンパースなどを着ていること、スリーパーの上から、毛布や、掛け布団を掛けてあげるからです。

袖の長さに関しては、あまり気にせず、お使いくださいませ。

 

以上、冬にそろえたい赤ちゃん寝具、スリーパーについてお伝えしました。

上記で、素材の種類をお伝えしましたが、保温性からすると、一番のおすすめは、羽毛のダウンスリーパーです。丈が、80cm~100cm程度あり、幼児になって、お部屋でよちよち歩く際に、ベスト代わりに使ってらっしゃるというお母さま方のお声もよく聞きます。できれば、ぜひ、ダウンスリーパーをそろえてあげてくださいませ。夜中、汗が冷たくなる心配もなく、安心です。


ご参考になれば幸いでございます。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: