ベッドを2台並べて1台として使いたい方へ。不安や疑問を解決

「シングルベッドを2台並べて使いたいけど、ベッドメイキングが大変そう」「シングルとセミダブルのベッドを6畳の寝室に置けるかしら?」など、ベッドを2台並べて大きいベッドとして使いたいけど、使い勝手はどうなのか、ベッドの購入時に迷う方が多いようです。ここでは、ベッドを2台並べて、1台の大きいベッドとして使いたい方が不安に思う疑問に、お答えし、快適に使うコツをお伝えします。

ベッドを2台並べて1台として使いたい方へ。不安や疑問を解決

ベッドを2台並べて1台として使いたい方へ。不安や疑問を解決

目次

疑問1.「ダブルやクイーンサイズのベッドを購入する場合と、シングル2台を並べる場合と、どちらが便利でしょうか?」

お二人暮らしのスタートする方から、ベッドのサイズの選び方で迷われて、ご質問を頂戴します。

ダブル、クイーンサイズなどの二人用ベッドを1台使う場合と、一人用ベッドを2台並べて使う場合を比較してみましょう。比較をすることで、ご自身に適したサイズを選やすくなります。

次の比較項目について、順を追って解説いたします。

  • ベッドの大きさ
  • ライフサイクルに合わせた選び方
  • ベッドの価格
  • 寝心地

ベッドの大きさ

ベッドの大きさは、二人用のベッドのどのサイズよりも、シングルベッド2台を並べた方が、大きくなります。

寝室を占めるベッドの大きさは、二人用に作られているベッドよりも、シングル2台を並べる方が、大きくなりますが、その分、お一人が眠れる幅は、広くなります。

寝室の広さは、シングル2台を並べる場合、6畳あれば、お使いいただけます。

二人用のベッドと、シングル2台のベッドの大きさの違いは、「ベッドの大きさとゆったり度の表」でご確認いただけます。下記、ベッドの大きい順に、サイズをお伝えしています。

ご注意点:ベッドは、木枠のデザインによって、実際の寸法が違います。今回は、最小の場合寸法を記載しますので、寝室のスペースを計算する際は、下記のサイズ寸法に、10~
15cm 程度加えて、お見積りください。

ベッドの大きさとゆったり度の表(ベッドの大きい順)

ベッドサイズの大きい順から、次の通りになります。

ベッドのサイズ名 ベッド本体の寸法 (cm) 1人当たりの巾 (cm)
シングルとセミダブル 220×200 110
シングル2台(ワイドキング) 200×200 100
キング 180×200 90
ワイドクイーン 170×200 85
クイーン 160×200 80
ワイドダブル 150~155×200 75
ダブル 140×200 70

ベッドを2台並べる場合、ゆったり度とは別に、寝室のスペースも気になるところです。

寝室にベッドを置けるかどうかの、確認は、上記表で示した、ベッドの大きさに加え、ベッド回りの必要スペースがあるかどうかをチェックします。

ベッド回りの必要スペース

  • ベッドの横側の通路のスペース 60~65cm
  • ベッドの足もと側のスペース 50~55cm
  • 壁際にベッドを置く際の、壁とベッドのスペース 10cm程度

寝室のスペースの詳しい説明もご参考になさってください。

寝室の広さと、ゆったり眠れる快眠度で、どのサイズがあなたに合っているかを、選ぶ基準にしてみましょう。

ライフサイクルに合わせた選び方

ライフサイクルによって、眠り方も変わります。例えば、お子さまが増える、仕事の時間の関係で、寝室を分けて使う、などです。

その場合、ダブルやクイーンサイズなどの二人用ベッドより、シングル2台を最初に用意したほうが、使い勝手の幅は広がります。

シングル2台を用意しておくと、最初は、2台をぴったりくっつけて、大きい1台のベッドで、お二人で休むこともできます。その後、いつでもお好きなタイミングで、シングルベッドを単体で、お使いいただけます。

ダブルサイズやクイーンサイズのお二人用のベッドですと、そうはいきません。どうしても別に眠る場合は、別に1台、購入するようになります。

ベッドマットレスの耐久年数は、数年から10年程度ですが、ベッド本体、木枠は、家具と同じように、ずっと長くお使いいただけます。

ご自身やご家族の、ライフサイクルを、長い目で見ていただき、お二人用ベッドか、シングルベッド2台かをお選びください。

ベッドの価格

次は、ベッドの価格についてです。仮に、同じランクのベッドで比べると、二人用のベッドのクイーンサイズより、シングル2台を購入したほうが、価格は、高くなります。

例えば、シモンズ社のシンプルなデザインで、2台ぴったり並べられるベッド、 メゾンフィーノというタイプで比べてみましょう。

シングルのフレーム価格が、85,000円プラス税、クイーンサイズのフレーム価格は、125,000円プラス税、です。これに、それぞれ、マットレス価格を加えて、1台のベッドの価格になります。

例えば、シモンズ社のゴールデンバリューというマットレスをのせると、

  • シングル2台 85,000円+マットレス価格 155,000円 x2台 = 480,000(税抜き価格)
  • クイーン1台 125,000円+マットレス価格 205,000 x1台 = 330,000(税抜き価格)

になります。約 1.5倍程度、シングル2台のほうが、高い金額になります。

ベッドは、長年使えるものです。先程のライフサイクルの項目でもお伝えしましたが、お二人用のベッド、クイーンサイズを選んだ場合、もしかすると、その後、1台、買い足す可能性もあるかもしれません。もちろん、無いかもしれません。

ご自身とご家族の、これからの、人生設計も、合わせ見て、サイズを選んでみましょう。

寝心地

シングル2台にする、メリットの一つは、お一人ずつが、好みの寝心地を選べることです。例えば、男性は、固めのベッドマットレス、女性は、普通の固さのベッドマットレスを選ぶことも可能です。

また、掛け布団の好みも、お二人が、シングルの掛け布団をそれぞれ使う場合、お好きなタイプの掛け布団を選ぶことも可能です。

お二人用のベッド、ダブルやクイーンサイズの場合は、ほとんどの場合、マットレスの固さは、一つのタイプに決定する必要があります。(例外:マットレスによっては、1台のマットを、6分割して、硬さをそれぞれ選べるマットレスも販売されています。)

ダブルやクイーンサイズのベッドでは、ダブルサイズかクイーンサイズの掛け布団1枚を、お二人で使うことになります。暑さや寒さの感じ方が異なる場合は、どちらか一方が、快適さが低くなることも考えられます。

寝心地重視で選択するのであれば、お二人が、自由にご自分の寝心地を選べる、シングル2台のほうが、使いやすいといえるでしょう。

「ダブルやクイーンサイズのベッドを購入する場合と比べて、シングル2台を並べて使うのと、どちらが便利でしょうか?」と、迷われている場合、上記にあげた、項目を見ながら、ベストなサイズを選びましょう。

上記をまとめた表です。

二人用ベッド1台使う場合と、シングル2台を並べる場合との比較

項目 お答え 期待できること
ベッドの大きさ シングル2台のほうが大きい ‐200×200を置ける寝室のスペースの確保が必要
‐ゆったり眠れる
ライフサイクルに合わせた選び方 シングル2台は、いつでも単体としての利用も可能 ‐家族が増えたり、寝室を分けたりするなどしても、ベッドをそのまま活用できる
ベッドの価格 シングルベッド2台のほうが、高価 ‐購入時に支払う金額と、長い目で見た、買い替え、買い足しがあることを考慮に入れて選ぶ
寝心地 シングルベッド2台は、好みの寝心地で睡眠できる ‐マットレスの硬さ、掛け布団の好みを選べるので、それぞれが心地よい眠りを楽しめる

疑問2.「マットレス2台、ずれませんか?」

「シングルを2台並べて、1台として使う場合、マットレスがずれたりしませんか?」と、ご不安を感じる方もいらっしゃいます。

2台のベッドの中央に生じるずれ

2台のベッドの中央に生じるずれ

もし、シングルベッドに、シングルのボックスシーツをかけて、お使いですと、ベッドをくっつけていても、それぞれのマットレスが、多少ずれることもあります。ずれを防止するためには、次の方法をとってみましょう。

2台並べるベッドマットレスのずれを防止する方法

  1. ベッド2台を1枚でくるめるサイズのボックスシーツを使う
  2. キングサイズか、ワイドキングサイズのベッドパッドを使う
  3. マットレス2台をずれないようにする、マットレスバンドを使う
ベッド2台を1枚のボックスシーツでくるむと、1台の大きいベッドとして快適にりようできます

ベッド2台を1枚のボックスシーツでくるむと、1台の大きいベッドとして快適にりようできます

1.ベッド2台を1枚でくるめるサイズのボックスシーツを使う

シングル2台を、1台の大きいベッドとして使う場合、ボックスシーツを、シングル2台をまとめてくるめる200cm巾のボックスシーツに変えると快適です。しっかりと、ボックスシーツを、マットレスにかぶせて、ずれないようにセットすると、大人がお休みの場合は、ずれを気にせずお休みいただけるでしょう。

シングルとセミダブル2台を並べて、1台の大きいベッドとして使う場合は、220cm巾のファミリーサイズのボックスシーツを使いましょう。

セミダブル2台を並べる場合は、240cm巾のボックスシーツをご用意いただくと、快適です。既製品では、販売されていることがほとんどありませんが、サイズオーダーの特別注文で、手に入れていただくことが可能です。

2.キングサイズか、ワイドキングサイズのベッドパッドを使う

2台のマットレスのずれ防止には、ボックスシーツの下のベッドパッドを、大きいサイズのキングサイズ、ワイドキングサイズを使うのもおすすめです。

大きいサイズのベッドパッドを使うと、ずれ防止のみではなく、マットレス2台の中央の隙間を気にすることなく、快適にお休みいただけます。

例えば、シングル2台をお使いの方は、180cm巾のキングサイズのベッドパッドか、200cm巾のワイドキングサイズのベッドパッドがおすすめです。

「180cm巾のキングサイズのベッドパッドが、シングル2台の200cm巾に使えるの?」と、疑問に思われる方もおられるでしょう。大丈夫です。両端10cmずつパットの乗らない部分がありますが、そこのは、体は乗りませんので、使用するには、まったく問題なくお使いいただけます。

例えば、シングルとセミダブルを2台並べてお使いの方は、180cm巾キングサイズ、200cm巾ワイドキング、シングルとセミダブルのベッドパッド1枚ずつのベッドパッドから、お選びください。ベッドの隙間が気になる場合、シングルのベッドの上に、セミダブルのベッドパッド、セミダブルのベッドの上に、シングルのベッドパッドをのせると、2台の隙間の上は、ベッドパッドが乗りますので、隙間を気にせずお使いいただけます。

3.マットレス2台をずれないようにする、マットレスバンドを使う

マットレスを2台並べて1台として利用する方向けに、マットレスバンドという商品が販売されています。マットレスを2台並べた状態で、側面をバンドで固定して、ずれないようにする、便利グッズです。

2台を1枚で包むサイズのボックスシーツ、大きいサイズのベッドパッド、を使っても、まだ、ずれが気になる方や、お子さまと添い寝をして、ずれが心配の方は、お使いになるのもよいでしょう。

疑問3.「シングル2台並べて、6畳の寝室に使えますか?」

お二人暮らしを始めるにあたり、シングル2台をぴったりつけて使いたいという方は、多くいらっしゃいます。ただ、寝室のスペースが心配の方で、躊躇されている方もいらっしゃるようです。

結論は、6畳の寝室には、シングル2台を並べてお使いいただけます。

例えば、一般的な、6畳間の場合、江戸間で、261x352cmです。シンプルな木枠のベッドのシングルサイズが、100x200cm程度ですので、ベッド回りのスペースも、確保していただけます。

6畳の寝室には、シングルベッドを2台並べてお使いいただけます

6畳の寝室には、シングルベッドを2台並べてお使いいただけます

ただ、ベッドを配置する際は、家具の大きさ、窓の位置、扉の位置、扉の開け閉めに必要なスペース、などを考慮して、2台のベッドを置く位置を、お決めください。

疑問4.「シングルとセミダブルを並べたいのですが、6畳の寝室で使えますか?」

6畳間に、シングルとセミダブルベッドを置く場合、設置することは可能ですが、ベッド回りのスペースが少ない、家具が置けない、扉が開きにくい、窓が使いにくいなど、使い勝手に問題が生じることもあります。寝室の間取り、家具、ベッド回りのスペースを考慮して、お決めになることをおすすめします。

疑問5.「ベッドを2台並べて1台として使うメリットやデメリットは?」

ベッドを2台並べて1台として使う場合の、メリットとデメリットのご質問もお受けします。上記でお伝えしてきたことと、重複になる部分もありますが、リストでお伝えします。デメリットは、その対策法も一緒にお伝えします。

ベッドを2台並べて1台として使うメリット

  • 寝室のスペースを有効に活用できる
  • 二人で寝ても、ベッドマットが1台ずつなので、振動が伝わらず、眠りの妨げにならない
  • 好みの寝心地のベッドマットレスを使えるので、それぞれが快眠できる
  • 中央に子供を寝かせて、添い寝ができる。子供がベッドから落ちる心配がない
  • 別々のベッドで眠りたくなった際、いつでも、ベッドを移動して利用ができる
  • ダブルはもちろん、クイーンやキングサイズより、広くゆったりと眠ることができる

ベッドを2台並べて1台として使うデメリットと対策の方法

ベッドを2台並べて1台として使う際のデメリットと、その対策方法もお伝えします。

  • 寝る位置によって、ベッドに入りづらかったり、出づらかったりする
     → 置く位置を考える
  • ベッドが並んでいるので、それぞれのベッドシーツの装着がしづらい
     → 大きいベッド用のシーツを使う
  • ベッドマットレスがずれると、中央に隙間があいてしまう
     → 大きいサイズのベッドパッドを使う
     → 大きいベッド用のボックスシーツを使う
     → 隙間パッドを使う
     → 2台ベッドマットレスがずれないようにマットレスバンドを使う
  • 価格が高くなる
     → 人生設計とあわせて、長い目で見た使いやすさで決める

ベッドを2台並べて1台として使う場合、メリットばかりではなく、上記のとおり、デメリットはあります。ただ、対策法も、あります。メリットとデメリット、そして、ご自身のライフスタイル、ライフサイクルなどを考慮して、使い勝手の良いベッドのサイズを選びましょう。

ベッドを2台並べて1台として使いたい場合の、ベッドを選ぶ注意点

ベッドを2台並べて大きい1台のベッドとして使う場合、すべてのベッドが適しているわけではありません。

ベッドを選ぶ際は、2台並べて、隙間があかないタイプのフレームを選びましょう。

1人用ベッドを2台並べて使う場合、ヘッドボードの横に出っ張りがあると隙間が生じます。

1人用ベッドを2台並べて使う場合、ヘッドボードの横に出っ張りがあると隙間が生じます。

ベッドを2台並べて1枚のシーツでくるんで大きいベッドにする場合、ヘッドボードのサイドはフラットだと隙間なく並べられます。

ベッドを2台並べて1枚のシーツでくるんで大きいベッドにする場合、ヘッドボードのサイドはフラットだと隙間なく並べられます。

2台並べて使う方が増えている昨今、連結ベッドと呼ばれる、2台をつなげて使えるように作られているベッドも販売されています。

これからベッドをお選びになる方は、フレームも慎重に選ぶようにしましょう。

ベッドを2台並べて1台として使う場合の掛け布団のサイズ

ベッドを2台並べて1台として使う場合の掛け布団のサイズについては、別の記事で詳しくご紹介しています。

シングルベッドを二つ並べる場合の、掛け布団のおすすめサイズ」をご覧ください。
 
 
以上、
ベッドを2台並べて1台の大きいベッドとして使いたいと、検討されている方の、疑問や不安についてお答えしました。スペースと購入時の金額、そして、ご自身とご家族のライフスタイル、人生設計に合わせて、最適サイズを選びましょう。

ゆったりしたベッドで、心地よい睡眠をお楽しみいただけます。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: