毛布は、羽毛布団の上に掛けるのですか?

「羽毛布団を使っているけれど、毛布は羽毛布団の中にかけていいのかしら?それとも、上から掛けるのかしら?」羽毛布団と毛布を一緒に使う際、毛布の掛け方、掛ける順番に迷われる方が多いようです。

羽毛布団と毛布の掛け方

羽毛布団と毛布を併用する場合、毛布の種類によって、羽毛布団の上に掛けた方が良い場合と、内側(中側)に掛けたほうが良い場合がございます。

ここでは、毛布と羽毛布団の掛け方とその理由についてお伝えします。

目次

羽毛布団の上から掛けた方が良い毛布、とその理由

素材が、アクリル系、フリース系、ポリエステル系などの化学繊維素材の毛布は、羽毛布団の上からふわっとのせてお使いください。

理由は、化学繊維素材は、湿気が粒のような水滴となって、毛布の毛羽に付着してしまうからです。

寝ている間に、ひとは、コップ一杯以上の汗をかきます。それは、冬場も同じこと。寝汗は、湿気となります。化学繊維素材(化繊)の毛布を羽毛布団の内側に入れてしまった場合、汗による湿気は吸収されず、化繊の毛布の毛羽に細かな水滴として付着し、時間がたつにつれて、その水滴が冷たくなり、体を冷やす原因となってしまうのです。

化繊系毛布は、掛けた瞬間からあたたかで、さわり心地もよく、フワフワ、モコモコしているので、布団の中側に入れ、直接肌にかけて使いたくなります。しかし、睡眠時間の経過とともに、夜中、かえって体を冷やしてしまう原因になるのです。羽毛布団の内側には入れずに、上から掛けてお使いになる方が、あたたかくお休みいただけるというわけなのです。

まずは、羽毛布団を体の上にかけてお使いください。それでも寒い場合に、化学繊維の毛布をお使いの場合は、羽毛布団によって暖められた空気を逃がさず、布団の中に閉じ込めるために、羽毛布団の上から、毛布をかけてお使いください。

羽毛布団を掛けることで生じた暖かな空気を逃がさないように、化学繊維の毛布でふたをする、といったイメージです。

羽毛布団の内側に掛けても良い毛布、とその理由

羽毛布団の内側にかけても良い毛布は、素材が、ウール(羊毛、カシミヤ、アルパカなどの獣毛)、シルク(絹)、コットン(綿)などの天然素材の毛布です。

理由は、化学繊維の毛布の理由と逆になります。天然素材の毛布は、(獣毛、絹、綿、などいずれも)、湿気をしっかりと、吸収、発散させます。そのため、天然素材の毛布を内側に掛けても、寝汗による冷えた湿気で、体を冷やすことはないのです。

寒い夜に布団に入った時に感じる、羽毛布団のカバーによるひんやり感を解消したい方は、天然素材の毛布を、羽毛布団の内側に掛けてお使いください。天然素材の毛布の暖かな感触は、布団に入った時の冷たさを、解消してくれます。
 
 

以上です。
羽毛布団は、グレードのしっかりした品質の良いものであれば、本来1枚でお使いいただき、その軽さと暖かさで、寒い夜でも安眠をしていただけるものです。ただ、寝室の環境、寒さの感じ方、また、羽毛布団のグレード、品質により、1枚だけでは保温性が十分でない場合、毛布などを併用します。毛布を併用される場合は、上記のように、毛布の素材によって、掛け方を変えてお使いになり、暖かくお休みくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: