羽毛布団の寿命と買い替えの目安は?

羽毛布団の羽毛ご自身や、ご家族がお使いの羽毛布団、昨年までと変わらず十分に膨らんで暖かく使えていますか? 羽毛布団にも、寿命があります。ここでは、羽毛ふとんに寿命がある理由、寿命と判断する目安、そして、買い替え時期の目安をお伝えします。

目次

羽毛布団に寿命がある理由

羽毛布団は高価なため、ずっと使えるのではないかと、誤解されている方もいらっしゃるようです。羽毛布団は、手間いらずで、快適な眠りを助ける素晴らしい寝具ですが、寿命もあります。

羽毛布団に寿命がある理由は、とても繊細な羽毛が高機能を発揮することによります。

羽毛布団の中のダウンボールと呼ばれる羽毛は、ふわふわで、一本一本が細く柔らかで、とても繊細です。その繊細な羽毛が、閉じたり、膨らんだりして、高い保温性と優れた吸湿性と放湿性の機能を発揮します。

このような機能を数年続けた、羽毛布団の繊細な羽毛は、徐々に摩耗していきます。それに伴い、機能も低下し、保温性も失われていきます。それが、羽毛布団の寿命です。

羽毛布団の寿命を判断する目安

羽毛布団は、グレードが様々で、品質の差にも大きな違いがあるのはご存じのとおりです。羽毛布団の寿命の年数も、お使いの羽毛布団のグレードや品質によって異なります。

寿命年数の目安は、品質によって、5〜6年、7〜8年、10年~といったところです。その年数をめどに、お使いの羽毛布団が、下記の状態になったら、寿命が近づいてきた目安でございます。

  • 襟元や、全体のおふとんが以前より膨らまなくなってきた。
  • 以前より保温力が少なくなり、暖かさが感じなくなってきた。
  • 側生地が破れてしまった。

上記のような症状が見受けられましたら、羽毛布団のクリーニング、リフォームなどのお手入れ、または、羽毛布団のお買い替えをお考えくださいませ。お手入れか、お買い替えかの判断は、羽毛布団をお求めになられた信用のおける寝具専門店にご相談されるのが一番です。

現在は、羽毛布団のクリーニング、リフォームの技術が高くなりましたため、適切なお手入れをすることで、寿命を伸ばすことが可能になってきています。

信用のおける寝具専門店さんでございますと、お使いの羽毛布団の状態を診断し、その状態によって、羽毛布団のクリーニング、羽毛布団のリフォームなど、どうすれば快適に羽毛布団をお使いいただけるかの適切なアドバイスをしてくださるはずです。

羽毛布団のお買い替え時期の目安

  1. 見た目で、なんとなく膨らみがなく、カサ高がなくなっている。
  2. 側生地から、羽毛が吹き出てしまっている。
  3. 羽毛布団の、エリ元の汚れが目で見てわかる。
  4. 羽毛布団の、えりもとだけ、ぺちゃんこになっている。
  5. なんとなく、ほこりっぽく、掛け布団から、ファイバーが出ているよう。

上記のような症状になりましたら、軽くて暖かという羽毛布団ではなくなっています。お買い替えを考える時期です。

どうぞお気軽にお近くの寝具専門店にご相談されてくださいませ。

ご注意いただきたいこと

羽毛布団のクリーニング、羽毛布団のリフォームに関しまして、電話による勧誘、訪問販売の類で、トラブルが発生しております。トラブルを避けるため、羽毛布団のクリーニング、リフォームは、お求めになりました寝具店や安心できる寝具専門店、寝具メーカーにご相談、依頼くださいませ。

注意点の詳細は、「羽毛布団のクリーニングのタイミングと注意点」、および、「羽毛布団のリフォームの方法と注意点」をご覧くださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: