布団クリーナーのできること、できないこと、ご注意点

ふとんクリーナーは、宣伝を目にしない日はないほど、話題、人気のある家電となっています。それに伴い、「あの布団クリーナーって、どうなの?」というご質問を頂戴します。寝具のプロとして、実際に使ってみて、「ふとんクリーナのできること」と「ふとんクリーナのできないこと」について、気づいた点をお伝えします。
(あくまでも、寝具店として、寝具のプロとしての目線からですので、本体を科学的に検証したことではありませんことをご了承くださいませ。)

目次

ふとんクリーナーでできること

ふとんクリーナーのできること

ふとんクリーナーのできること

できること1: ホコリ、ハウスダスト等の吸い込み

ふとんクリーナーは、シーツやカバーがかかったままの寝具の上をすべらせるだけで、シーツ、カバーの生地を吸い込むことなく、ホコリやハウスダストだけを、強い勢いで吸い込みます。

実際に、シーツのかかったベッドマットの上、ピロケースのかかった枕の上で使用してみましたところ、掃除機が床の上のチリ、ホコリを吸い込む、という感じとは異なり、物体の中のホコリなどを、吸い出す、という印象がありました。

吸いだされたゴミは、私が試したふとんクリーナーの場合、透明のケースにたまるようになっていて、何が吸い込まれたかが、すぐに目に見えてわかります。

布製品で覆われたベッド、枕、敷ふとん、マットレス、座布団など、ホコリ、ダニ、などが発生しやすい寝具の掃除には、適しているなあ、というのが個人的な感想でした。

ベッドマット、敷ふとん、敷き寝具、枕座布団などには、清潔な睡眠環境を整える1つの手段として、どうぞお使いになってみるのもよいと思います。

できること2: 紫外線による除菌

私の試したふとんクリーナーには、「紫外線の光を照射しながら、吸引をする」という機能がついておりました。

私は、製造元ではございませんため、実際の科学的検知の検証は、まったくできませんが、掃除機を作動すると、光は出ておりました。

一般的な話で、例えば、紫外線、日光には除菌作用があるともいわれますので、寝具を、ある限られた一定時間、紫外線に当てることは悪いことではありません。ですので、紫外線による除菌効果が、製造メーカーさまで、検証をされているのでしたら、その効果は、寝具にとって良いこと、というお答えになろうかと思います。

ふとんクリーナーでできないこと

ふとんクリーナーは、ホコリ、ダニ、の吸引はいたしますが、下記のことはできません。

  • 湿気を発散
  • 汗などによる汚れをとる
  • 臭いを取る

など。

できないこと1:汗などによる汚れを取る

クリーナーは、ホコリ、ダニ、ハウスダストなどの吸引はしますが、寝具を覆う、シーツ、カバー類についた汗などによる汚れは、取れません。ふとんクリーナーを使った場合でも、定期的に、シーツ、カバー、ピロケースなどは、お洗濯をして、清潔に保つことは必要です。

できないこと2:寝具の除湿

クリーナーは、湿気の除湿はしませんので、除湿対策は、必要になります。例えば、定期的に、寝具に風を当てて湿気を取る、干して、湿気を取る、湿気とりシートを使う、布団乾燥機などを使う、などをして、湿気を発散させてください。快眠、安眠には、湿気は大敵で、寝具の湿気を発散させるお手入れはとても重要です。

気をつけた方がいい点

羽毛布団の場合は、注意を。

羽毛布団の場合は、注意を。

私が試したふとんクリーナーの場合、吸引部の近くに、振動を与える機能がついています。実際に手を当ててみましたが、この振動は相当な力でした。

敷ふとん、ベッド、枕などは、その素材上、問題はないと思いますが、羽毛布団の場合は、この振動は、羽毛布団の中の繊細な羽毛を傷める原因になりかねませんため、私個人的には、羽毛布団には、この振動は不向きと思います。

私どもでは、羽毛布団のお手入れをご案内する際は、絶対に、ふとんたたき、布団圧縮袋は、使わないように、お話しておりますし、押入れなどに収納の際も、羽毛布団の上には、何ものせないように、お伝えしております。羽毛布団に布団クリーナーが不向きと考えるのは、それと同じ理由です。

羽毛布団の保温性は、羽毛が膨らみ、空気を含むことで、その機能を発揮します。羽毛の毛羽がなくなってしまうと、保温機能がなくなってしまいます。羽毛は、少しの衝撃でも壊れてしまうほどとても繊細なため、羽毛布団は、中の羽毛がこわれないように、やさしく扱うことが大切です。

羽毛ふとんの羽毛は繊細なので、圧縮袋はNG

お使いのふとんクリーナーが、ふとんたたきと同じような力が加わるのであれば、 羽毛布団には、使用しないほうがよいと思います。

以上です。
あくまでも、寝具のプロとしてふとんクリーナーを使ってみての 感想、気づいた点です。お求めの際は、ご自身で、取り扱いの店頭、実際のお品を手にとって確認をされることが大切と思います。ご参考になりますれば幸いでございます。

寝具を清潔に保つことが、安眠につながります。どうぞ、睡眠環境を清潔に保たれてくださいますように。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: