辛い冷え性の方にドクターセラなどをおすすめする理由

冷え症でお困りのお客さまから、温熱タイプの敷き布団について詳しく教えてください、とのご連絡を頂戴しました。あったか敷きパッドの種類と選び方の記事をご覧くださり、ドクターセラに代表される、温熱タイプの敷きパッドに、ご関心をお寄せくださったとのことでした。ここでは、家庭用温熱電位治療器でもある、温熱タイプの敷きパッドについて、と、冷え性でお悩みの方におすすめをする理由をお伝えします。辛い冷え性で、冬の睡眠に不安を感じている方のお役だていただけますれば幸いでございます。

目次

温熱タイプの敷きパッドとは

ここでお伝えしている、温熱タイプの敷きパッド、敷き布団とは、いくつかの大手寝具メーカーから、家庭用温熱・電位治療器として厚生省からの認可を受けて販売されている、健康機能寝具のことです。具体的な商品名では、ドクターセラシリーズ、ドクターセラスリーエス、リケア、ヘルスナイト、などになります。

いずれのタイプも、身体を温める温熱治療機能と、酸性に傾きがちな身体を弱アルカリ性にもどす電位治療機能の、2つの健康機能を備えた、敷き寝具になります。厚みは7cm程度で、ベッドの上にのせてベッドパッドとして使ったり、敷き布団として1枚で使ったり、または、お使いの寝具と重ねて使うことができます。

身体に対する良い効果が認められているため、治療、という言葉が使われていますが、病気をお持ちの方用というのではなく、健康的な睡眠をとりたい方に、日常的にお使いいただける寝具です。

温熱タイプの敷きパッドとは

温熱タイプの敷きパッドとは

構造は、電気による発熱体が、腰から下の部分にあたる場所に配置されたヒーター面があり、そのヒーター面を、機能性の高い寝具素材を数層重ねて挟みこみ、寝心地の良い敷き寝具に作られています。使用時には、電源をつないで、温熱と電位を切り替えたり、温度調節をしたり、時間設定ができるコントローラを操作して、お好みに合わせた機能を使って睡眠できるようになっています。

温熱と電位治療機能を備えることによる、具体的な効果は、疲労回復、胃腸改善、血行を良くする、筋肉の疲れをとる、神経痛や筋肉痛の傷みの緩解、頭痛、肩こり、慢性便秘、不眠症などがあげられています。

上記が、各メーカーから販売されている、温熱タイプの敷きパッドの、共通の特徴の説明です。次に、お問い合わせを頂戴した方にお応えするべく、冷え症の方におすすめする理由をお伝えします。

冷え性の方におすすめする理由

寝具のプロとして、身体の冷えにより、特に冬に、質の良い睡眠がとれずに不安を覚えたり、悩まれたりする方がおられることを知った場合、この商品をお伝えするしかないと思ってお伝えしています。実際に、冷え症である自分が使っていること、また、これまでご販売させていただいたお客さま方からのお声を頂戴した経緯から、おすすめしてもよいと判断してのことです。

おすすめする大きなポイントは、下記の3点です。それぞれ、順を追ってお伝えします。

  • 腰から下だけを、やわらかい暖かさで温める
  • 疲れがとれ、血行が良くなっているのを、朝に実感する
  • 神経の痛みが和らぐ

腰から下だけを、やわらかい暖かさで温める

寒い夜にベッドや布団に入ったときの、体が硬直し、身体を丸め、眠気も覚めて、いつまでも眠れなくなってしまうなどの経験がある方もいらっしゃるかと思います。冷え性でお悩みの方は、おそらく、その冷たさによって、ベッドや布団に入ることに抵抗感さえ持ってしまい、いつまでも夜更かししてしまう、などということもあるのではないでしょうか。

ドクターセラスリーエフなどを使うと、腰から下だけを、やわらかな、ほんわかしたやさしい温かさで体を温めながら、眠ることができます。就寝時間前に、お好みの温度設定をしてスイッチを入れておけば、あの、冷たい寝具による体の硬直も、丸めて眠る必要もなく、手足を伸ばして、ゆったりとくつろいで、安心しながら眠ることができます。

布団の中を温めることなら、電気毛布やあんかなどでもいいのではないか、と思われる方もいらっしゃるかと思います。温熱タイプの敷きパッドと、電気毛布などとの大きな違いは、温熱タイプ敷きパッドは、身体やのどを乾燥させない、ということにあります。電気毛布をお使いの方の中には、のどが渇く、肌が乾燥してしまう、などという経験をお持ちの方もおられるかと思います。

ドクターセラなどは、遠赤効果のあるヒーター機能を使っていること、そして、そのヒーター面を、敷き寝具に使われる、品質の高い、ウール混わた、ウレタン、エアロフィルなどで、しっかりはさみこんであることで、身体を乾燥させずに、じんわり、暖かくお休みいただけるようになっています。

私が使っていて実感している、一番の理由は、このなんともいえない、やさしい温かさにあります。使わないで眠るときの、身体の硬直、と、使って眠るときの、心身ともに安らぎ、安心して眠りに入れる心地よさは、雲泥の差があります。使うことで、ぐっすりと、質の良い睡眠がとれていることを実感しています。

疲れがとれ、血行が良くなっているのを、朝に実感する

身体を適度にやさしく温めながら眠ることで、目覚めが良いことを実感します。質の良い睡眠のためには、頭寒足熱が大切といわれています。腰から下、もしくは、足元だけ温めることができる、温熱タイプの敷きパッドで眠ることは、まさに、頭寒足熱で眠れることで、質の良い睡眠をとることができます。それを、朝、目覚めの良さで実感します。

目覚めが良いということは、前の日の疲労が回復していて、疲れが残っていないということです。また、固くなった肩や腰も、軽くなっていることもあります。温めながら眠ることで、血行が良くなっていることを感じます。

冷え症でお悩みの方は、眠るときも、身体が冷えたままで温まらないため、目覚めが悪かったり、硬直して眠ることで、朝起きると、身体がこっていたりなどの経験がおありと思います。温熱タイプの敷きパッドを使用することで、私の場合、それを感じずに目覚めることができています。

神経の痛みが和らぐ

これは、冷え症の方というより、神経痛がある方におすすめする点になります。身体に痛みがあるとき、手を当てて患部を温めたり、ホカロンなどを貼って温めると、痛みが改善されることは、ご存じのとおりです。神経痛や、身体に痛みがあることでお悩みの方は、痛みで、夜、眠れないという方がいらっしゃいます。その辛さは、その経験がおありの方しかわからないでしょう。

そのような方が、温熱タイプの敷きパッドを利用して、本当によく眠れた、と、おっしゃってくださいます。痛みを感じずに眠ることができたとおっしゃるのです。私が、ご販売させていただいたお客さまから、実際にお声を頂戴しているので、ここでお伝えしています。

辛い冷え症によって、神経痛がある方もおられるかと思います。温熱タイプの敷き布団を使うことで、上記のような実際のお声を頂戴しているので、あえて、この記事で、お伝えすることにしました。
 

以上、ドクターセラなどの、家庭用治療器具として認められている温熱タイプの敷きパッドを、冷え症の方におすすめしている理由をお伝えしました。実際に使ってみようと思われる場合は、取り扱いをされている寝具専門店に、実際に足をお運びただき、実物をご覧いただいて、じっくりとご検討することもおすすめいたします。例えば、私が使用しているドクターセラシリーズは、お近くの専門店をお尋ねになるとご覧いただけると存じます。

温熱タイプの敷き布団は、最初にお伝えした通り、温熱治療機能の他に、電位治療機能もあります。今回は、冷え症の方からのご相談にお答えしているので、電位治療効果には触れませんでした。電位治療機能については、別の機会にお伝えできればと思っています。

今回の記事は、私個人が、実際に使って感じていることと、お使いいただいているお客さまから実際にお聞きしたことをお伝えしています。商品の性能や説明に関しては、各メーカーさまの商品のページなどのほうが詳しいかと思います。私が伝えるべきは、このような商品によって、寒い冬に、どんなに心地よく、楽に、安らぎを感じながら眠ることができるか、だと判断し、上記のような内容でお伝えしました。

冬の夜の睡眠で、お悩みの方にお役立ていただければ幸いでございます。

この商品を文面でお伝えすることにした判断理由

これらの商品は、高価な商品で、通常の寝具と異なり、電源をつないで使う寝具でもありますので、店頭で直接お客さまとお話しをして、ということでなく、文面で伝えることで、何らかの誤解が生じるのではと、躊躇したことも事実です。

しかしながら、この商品の存在を知っている、寝具のプロとして、身体の冷えにより、特に冬に、質の良い睡眠がとれずに不安を覚えたり、悩まれたりする方がおられることを知った場合、この商品をお伝えする必要があるとの判断し、この記事にしました。実際に、冷え症である自分が使っていること、また、これまでご販売させていただいたお客さま方からのお声を頂戴した経緯から、おすすめしてもよいと判断いたしました。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: