ダウンケットの使い方と選び方。蒸れずに快眠をしたい方に

「ダウンケットは、いつ使うお布団ですか?」と、お客さまからのお問い合わせを頂戴します。ギフトでいただいたり、テレビショッピングのコマーシャルを見たりして、どんな使い方をするのか疑問を持たれる方が多いようです。ここでは、ダウンケットを使う時期、使い方と選び方、お手入れ方法をお伝えします。使う季節を選んで、快適な睡眠をたのしみましょう。

目次

ダウンケットを使う時期

ダウンケットは、羽毛布団では暑いと感じる時期にお使いいただくと、快適な保温性で、ぐっすりとお休みいただけます。季節的には、春から秋口ごろまでが目安です。早い方では春から、一般的には、梅雨頃からお使いになる方が多くいらっしゃいます。

特に、寝室で冷房を使ってお休みになる方には、最適な夏の掛け布団です。羽毛は、温度調節機能があるので、冷房をお使いになっても、体を冷やしすぎず、適度な温度を保ちながら、お休みいただけるからです。

ダウンケットとは。種類と価格

ダウンケットとは、中材に羽毛が使われ、気温の高い季節でも、蒸れずに、快適な保温性を保ちながらお使いいただける、肌掛け布団です。羽毛肌掛け布団とも呼ばれています。冬の羽毛布団の、約 3分の1程度の薄さです。シングルサイズですと、0.3kg 程度の商品が主流です。

季節の変わり目で、夜の気温が定まらない時期、湿気の多い梅雨、また、暑い夏にお使いいただくと、体を冷やすこともなく、また、蒸れることなく、心地よくお休みいただけます。

ダウンケットの種類

ダウンケットは、大きく分けて、2種あります。

  1. 洗えるタイプのウォッシャブルダウンケット
    ご家庭の洗濯機で、簡単にお洗濯をしていただけます。汗の多い季節、汚れが気になったときにも、さっと洗えてすぐに乾きますので、使い勝手が良く、便利です。最近は、ウォッシャブルタイプのダウンケットが主流です。
  2. ご家庭での洗濯ができないダウンケット
    ご家庭で洗濯ができないダウンケットも販売されています。その多くは、高級ダウンケットに分類される商品です。高級ダウンケットは、品質の良いダウンが使われています。ご家庭で洗濯してしまうと、上質なダウンが壊れてしまい、質の良いダウンの掛け心地の素晴らしさが、損なわれてしまいます。

ダウンケットの価格

ダウンケットの価格は、中に使われている羽毛の品質により差があり、シングルサイズで、数千円から、十万円以上する品まで、あります。

ダウンケットの価格の違いと選び方

ここからは、ダウンケットの価格の違いの理由と、掛け心地の違いをお伝えします。価格の低い商品と、高い商品の違いは、次の点です。

  • ダウン率の違い
  • 羽毛の品質の違い
  • 側生地の違い

それぞれの点についての詳細と、選び方をお伝えします。

ダウン率の違い

ダウンケットは、ダウンの割合が、50%程度の商品からあります。ダウン率が低いと、価格も低く、ダウン率が高いと、比較的価格も高くなります。

選び方

ダウン率が低いダウンケットは、保温性やふんわり感や少なくなりますが、夏にさらっと、気軽に掛けたい方におすすめです。お求め安い価格で、便利に使えます。洗えるタイプも多いですので、お子さま用の肌掛け布団としても、お使いいただきやすくなります。

ダウン率の高いダウンケットは、ダウン90%や93% の商品もあります。ダウンの特質の、保温性、温度調整機能、通気性、吸湿と放湿性が優れているので、掛け心地の素晴らしいダウンケットです。寝室がマンションの南向きなどに位置して、室温が高い場合は、冬でも、お使いいただけるダウンケットになります。年間を通じて、質の高い睡眠を大切にされる方におすすめです。

羽毛の品質の違い

羽毛(ダウン)は、品質に大きな違いがあります。シルバーダック、ホワイトダックなどの羽毛(ダウン)が使われている商品は、価格が低くなっています。

冬の高級羽毛布団と同等の、ホワイトグース、ホワイトマザーグースなどが使われているダウンケットは、価格が、十万円以上する商品もあります。

選び方

シルバーダックやホワイトダックが使われているダウンケットは、洗えるタイプが多く、気軽に使えます。夏に、さらっとタオルケット代わりに使う、頻繁にお洗濯をしたい、といった方におすすめです。

高品質の羽毛、ホワイトグースやマザーグースが使われているダウンケットは、やさしい保温性、軽くてふわっとした掛け心地、蒸れることなく快適な温度、湿度を保ちますので、朝まで質の良い睡眠でぐっすりお休みいただけます。心地よい掛け心地で、質の良い睡眠を楽しみたい方におすすめです。

ホワイトグースやマザーグースが使われている高級ダウンケットは、ご家庭での洗濯には、向きません。上質なダウンが壊れてしまい、劣化が早まり、せっかくの掛け心地も、悪くなってしまうからです。冬用の羽毛布団同様、陰干しをしてお使いください。

側生地の違い

価格の低い商品は、側生地にポリエステルが使われていることが多いです。高い商品は、冬の羽毛布団と同じ、軽量でしなやかで掛け心地を良くする、上質な超長綿が使われています。

選び方

ご家庭でジャブジャブお洗濯をしたい方は、ポリエステルの側生地が使われているダウンケットがおすすめです。洗濯後、綿の側生地が使われている商品より、早く乾きます。

夏に冷房を使う、上質なふんわりとした掛け心地を楽しみたい方は、側生地に超長綿が使われている商品がおすすめです。ポリエステルの側生地にあるような、生地がすれる音も全くなく、体からも浮いてしまわず、とびきりの掛け心地で、快眠を楽しんでいただけます。

ダウンケットの使い方

ダウンケットも、必ずカバーをかけてお使いください。側生地に傷がつくと、すぐに中の羽毛が吹き出てしまい、使えなくなってしまうからです。

ウォッシャブルダウンケットも、同様です。洗えるのだから、掛け布団カバーはいらないのでは? と思われる方もいらっしゃいますが、カバーは、必ずおかけください。

カバーをかけずに使うと、側生地を引っ掛けてしまいやすくなります。針の穴ほどの小さい傷ができても、羽毛が吹き出てしまいます。使えなくなってしまうばかりか、部屋に、羽毛がふわふわとまってしまうことにもなり、お部屋の掃除も面倒です。

ダウンケット、特にウォッシャブルタイプの夏向きのメインのダウンケットは、綿毛布やタオルケットとあわせてお使いになるのもおすすめです。春や秋口、夜気温が少し低いとき、ウォッシャブルダウンケットを1枚掛けるだけですと、寒く感じるときがあります。綿毛布やタオルケットと併用すると、ちょうどよい温度で、心地よくお休みいただけます。

ダウンケットのカバーのサイズの選び方

ダウンケットは、羽毛布団より薄いお布団ですが、厚みに関係なく、布団のサイズ通りの掛け布団カバーをお使いいただけます。

シングルサイズのダウンケットであれば、シングルの掛け布団カバー選ぶといった具合です。冬に、シングルサイズの掛け布団カバーをお使いでしたら、シングルサイズのダウンケットにも、同じ掛けふとんカバーをお使いいただけます。

ダウンケットは、春から夏に使いますので、せっかくなら、さわやかなライトブルーやグリーン系の、涼しげなお色をお選びになるのもおすすめです。また、暑がりの方は、夏用のひんやりタイプの特殊生地が使われた、カバーをお使いになるのもよいでしょう。

ダウンケットのお手入れ方法

ダウンケットの洗い方:大きい布団用洗濯ネットに入れて洗います

ダウンケットの洗い方:大きい布団用洗濯ネットに入れて洗います

ご家庭でお洗濯が可能な、ウォッシャブルダウンケットは、汗の汚れが気になったとき、と、シーズンの終わりに、洗濯機で洗います。掛け布団用の大きな洗濯ネットに入れて、くるくるとまるめて、洗濯機に入れて、適した洗濯コースで洗濯しましょう。

タンブラー乾燥器は使えません。洗濯竿にかけて、側生地を傷つけないように注意しながら、干します。室内で干すときは、乾燥機やサーキュレーターをあてると、早く乾きます。側生地まで、しっかりと乾燥させるようにしましょう。乾燥が足りないと、においや、カビの原因になります。

ダウンケットの洗い方:洗濯竿に掛けて、干します

ダウンケットの洗い方:洗濯竿に掛けて、干します

洗えないタイプのダウンケットは、特にお手入れは必要ありませんが、湿気が気になったとき、シーズンの終わりに、陰干しをして、湿気を発散させましょう。干し方は、羽毛布団の干し方、と同様です。

ダウンケットのにおいについて

ウォッシャブルダウンケットの品質によっては、においが気になる場合があります。側生地が原因の場合と、中のダウンが原因の場合があります。まず、陰干しをしてみて、それでもにおいが取れない場合は、洗濯をしてみましょう。

品質によっては、使われているダウンが悪く、洗濯をしても、においがとれないこともあります。それを踏まえて、ダウンケットをお求めになる際は、品質と価格のバランスを見極めて選びましょう。実際に、店舗で選ぶと、商品を確認できます。においやガサガサといった音がないか、をチェックし、値段だけでなく、使いやすさ、寝心地の良く眠れるダウンケットを選ぶことが大切なポイントです。

 

以上です。

ダウンケットは、羽毛布団の使わない季節に、心地よく眠れる、おすすめの肌掛け布団です。品質が様々ありますので、使い勝手の良さ、掛け心地の好みで、ご自身にぴったりの商品を選び、梅雨や夏の寝苦しい季節も快適に眠れる準備をしましょう。

羽毛(ダウン)が使われている商品は、品質やランクに差があり、価格帯も広くあります。お近くの寝具専門店で、専門家にご相談になりながら選ぶと、失敗がありません。ぜひ、お近くの寝具専門店を活用ください。


ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: