ベッドの上の足もとに掛けてある布ってなんですか?

ホテルなどで見かける、ベッドの足もとに掛けてある細長い布は、ベッドスロー、ベッドランナー、フットスローと呼ばれ、ベッドの上の汚れ防止や、寝室のインテリアコーディネイトのために使います。

ベッドスローとは

ベッドスローとは

「ホテルのベッド上の細い布はなんですか?」「ベッドスローってどう使うのですか?」と、お客さまからお問い合わせを頂戴します。名称や用途がわからない、家のベッドでも使ってみたい、という方からの疑問です。ここでは、ベッドスローとは、その使い方と選び方、作り方をお伝えします。

目次

  1. ベッドスローとは
  2. ベッドスローの使い方、選び方
  3. ベッドスローの作り方

1.ベッドスローとは

ベッドスローとは、ベッドの上の足もとや中央に掛けられている細めの布で、ベッドの汚れ防止や、寝室のインテリアコーディネイトの目的で使います。フットスロー、ベッドランナーとも呼ばれています。

ベッドスローが使われ始めたのは、欧米の高級ホテルが最初といわれています。その後、欧米では、家庭のベッドでも、使われるようになり、日本にも同様な流れで知られるようになった経緯があります。

ホテルで使われ、そのご家庭で使われるようになったベッドスロー

ホテルで使われ、そのご家庭で使われるようになったベッドスロー

ここで、欧米のホテルが、ベッドスローを使うようになった理由をお伝えしておきます。その理由が、一般の家庭でベッドスローを使う目的と重なる点があるからです。

欧米のホテルが、ベッドスローを使うようになった理由

  • お客さまが、靴のままベッドの上に横になったとき、靴の泥などで、ベッドスプレッドや白いベッドリネンが汚れないようにするため
  • 白のベッドリネンに、アクセントカラーになる細いベッドスローを掛けることで、簡単に、コストを抑えて、インテリアをおしゃれに見せることができるため
  • ベッドの全面をカバーするベッドスプレッドより、低価格で、メインテナンスにかかる費用も、手間も抑えることができるため
    •  
       
      これらの理由でホテルに取り入れられたベッドスローは、素敵な寝室のインテリアを、簡単に手軽に楽しみたい方々に、自然に広まっていったのです。

      2.ベッドスローの使い方、選び方

      ベッドスローは、ベッドの足もとのあたりか、中央のあたりに掛けて使います。ベッドスローを使うと、寝室のインテリアを、簡単に、手軽に、おしゃれにコーディネイトすることができます。

      寝室をおしゃれにするためのベッドスローの選び方

      寝室のインテリアをおしゃれにするための、ベッドスローの選び方は次の通りです。

      ベッドスローの使い方。選び方

      ベッドスローの使い方。選び方

      • 寝室のカーテンと同じ生地や、同じ色のベッドスローを選ぶ
      • 寝室のアクセントカラーと同色のベッドスローを選ぶ
      • 白のベッドリネンには、茶色、濃いグレイ、ネイビーなどの濃い色のベッドスローを選ぶ
      • 季節に合わせて、色選びを替えてみる。例えば、クリスマスカラーやハロウィーンカラー、夏はさわやかな色にしてみるなど
      • 季節に合わせて、素材選びを替えてみる。例えば、冬は、モヘアやウールのあったか素材、夏はさらっとして軽い印象のコットンやざっくりとした織生地など
      • 枕カバーとベッドスローの色を合わせる
      • ベッドの上にクッションを置き、ベッドスローの色をクッションと同色にする

      3.ベッドスローの作り方

      日本では、ベッドスローの販売があまり多くありません。インテリアコーディネイトが得意なオーダーカーテンのお店で、作ってもらうか、海外からの取り寄せをするとおしゃれなベッドスローを手に入れていただけます。

      ベッドスローは、長方形ですので、ご自分でも、手軽に作っていただけます。作り方です。

      1. ベッドスロー作り:サイズを決める
      2. ベッドスロー作り:生地を選ぶ
      3. ベッドスロー作り:作り方

      1.ベッドスロー作り:サイズを決める

      ベッドスローのサイズは、特に決まりはありませんので、お好みの巾、丈を選んでいただいてかまいません。

      ここでは、シンプルで標準的なサイズで作る場合の一例をお伝えします。

      ベッドスローの巾は、お使いの掛け布団の巾のサイズ、丈は、45~50cmにします。ベッドの長さは、200cmですので、ベッドスローの丈を50cmにすると、ベッドの4分の1が、ベッドスローでカバーされるイメージになります。

      ベッドスローの巾を決める目安となる、掛け布団の巾の寸法と、それに合わせたベッドスローのサイズは、次の通りです。例えば、シングルのベッドにシングルの掛け布団をお使いの方の、ベッドスローサイズは、150x50cmといった具合です。

      掛け布団のサイズ名と巾の寸法、ベッドスローのサイズ例

      掛け布団のサイズ名 掛け布団の巾寸法(cm) ベッドスローのサイズ例(cm)
      シングル 150 cm 150×50 cm
      セミダブル 175 cm 175×50 cm
      ダブル 190 cm 190x50 cm
      クイーン 210 cm 210×50 cm
      キング 230 cm 230×50 cm

      2.ベッドスロー作り:生地を選ぶ

      ベッドスローの生地は、インテリアや使い勝手の好みで選びます。使いやすいベッドスローを作るには、滑りにくく、やや厚めの生地を選ぶことがコツです。

      • 濃い色の生地を選ぶと、シックに仕上がります
      • ふくれ織の生地は、落ち着きがあり、おしゃれな雰囲気を作りやすいので、おすすめです
      • ベロア生地は、重厚感のある寝室に合わせやすいベッドスローになります
      • 織り目のはっきりしたツイルの生地は、少しカジュアルな雰囲気も楽しめます
      • キルティング生地は、カントリーやカジュアルな寝室向きです

      3.ベッドスロー作り:作り方

      ベッドスローは、裏地をつけて作りましょう。重みや厚みが出て、使いやすくなります。裏地は、同生地がおすすめです。違う生地でもよいのですが、収縮率が違ってしまうと、洗濯後に、表裏の収縮が異なったりしてアイロンが大変だったりします。

      シンプルなベッドスローの作り方です。

      1.生地を切ります
      最初に決めたサイズに、幅と丈それぞれに縫いしろの3cmを加えた、同じ大きさの生地を2枚切ります。

      2.2枚の布を、中表になるように重ねます。大きい生地ですので、マチ針で布を止めてずれないようにして、仮縫いをしましょう。

      3.縫いしろ1.5cmにします。表裏をひっくり返せる、十分な返し口の長さをとって、2枚の生地を縫い合わせます。返し口で表裏をひっくり返します。

      4.アイロンをかけた後、表の周囲を縫いしろ 0.5cmで、縫います。さらに、縫いしろ1~3cm程度で、押さえ縫いや、ステッチ縫いをかけます。おさまりも良く、仕上がりもきれいです。

      5.あなたオリジナルのベッドスローのできあがりです。

      6.ベッドの上の足もとや、中央あたりにさらっと掛けて使います。

      飾りテープを使ったり、フリンジ、タッセルを装着したりすると、もっと素敵なベッドスローになります。

      以上、ホテルのベッドの足もとに使われている、ベッドスローについて、お伝えしました。ベッドスローがあると、寝室のインテリアが、ずっとおしゃれになります。

      既製品の商品は、日本であまり販売されていません。インテリアコーディネイトが得意なオーダーカーテンのお店に作ってもらったり、海外から輸入したり、ご自身でつくったりして、寝室のインテリアをお楽しみください。


      ご参考になれば幸いでございます。また、寝具一般や睡眠についての疑問・質問がありましたら、どうぞ何なりとこちらからお気軽にお尋ねくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: