ホテルのような寝室を、秋冬でも寒々しく感じないようにする工夫

白のベッドシーツや掛け布団カバーで、ホテルのようなおしゃれな寝室インテリアを楽しんでいらっしゃる方が増えてきています。でも、「秋や冬は、ちょっと寒々しく感じてしまう」、というお声も頂戴します。モダンなイメージは、そのままに、暖かさを感じられる寝室にする、手軽で簡単な工夫をお伝えします。

ホテルのような寝室を、秋冬でも寒々しく感じないようにする工夫

ホテルのような寝室を、秋冬でも寒々しく感じないようにする工夫

目次

ピロケースの色を替える

白のベッドリネンでまとめられた寝室を、簡単に、コストも最小限に、秋冬のイメージに模様替えするには、ピロケースの色を秋冬色に変えてみることをおすすめします。

ピロケースの色を秋冬あったかカラーに変えて、暖かみのある寝室インテリアに

ピロケースの色を秋冬あったかカラーに変えて、暖かみのある寝室インテリアに

ボックスシーツや掛け布団カバーは、ホテルライクに白のまま、ピロケースだけ、色を変えます。

ベッドシーツや掛け布団カバーの色を変えるのも、もちろん良いですが、ホテルのイメージの寝室とは、少し、離れてしまいますし、コストや収納スペースも必要になります。

収納スペースを取らないピロケースを色違いでそろえる

収納スペースを取らないピロケースを色違いでそろえる

ピロケースですと、1枚当たりの金額も、手軽です。収納スペースも、ウォッシュタオルより、場所をとりません。

小さなかごに入れて収納するなど、収納方法を工夫すると、色もかわいく、インテリアショップのようで、家事をしながら気分も上がります。

暖かな気分になる秋冬におすすめのピロケースの色

ここからは、ピロケースの色選びをお伝えします。モダンなインテリアに、暖かみを加えるには、秋や冬のイメージカラーのピロケースを選びます。ピロケースを、さし色として使いますので、濃い色でも、寝室を狭い印象にしたり、圧迫感を与えすぎたりすることもありません。思い切った色選びで、秋冬の季節感を楽しみましょう。

秋の色合いは、葉っぱの色や、秋に出回る果物の色、ハロウィーンなど、落ち着いた色のイメージです。

冬の色は、氷などの寒さや冷たさを表す色になりますが、寝室は、暖かさをイメージしたいので、赤ワインのボルドー、クリスマスのもみの木の色や赤、暖炉のようなオレンジ系の色を選びます。

具体的な色は、次の通りです。

  • ベージュ
  • モカ
  • ブラウン
  • レンガ色
  • テラコッタ
  • オレンジ
  • ダークグリーン
  • カーキー色

ダブルベッドやクイーンサイズのベッドなど、二人用のベッドにお休みの場合、枕を2つ、もしくは、4つ並べてらっしゃるでしょう。ホテルのような寝室インテリアを崩さないためには、お二人のピロケースの色は、同じ色をお使いになることをおすすめします。

ボックスシーツと掛けふとんカバーは、白、2つの枕のピロケースの色は、例えば、ベージュでそろえる、といった具合です。色を増やすと、アットホームなインテリアのイメージになり、モダンなインテリアとは、離れてしまいがちだからです。

二人用のベッドのピロケースは、同じ色でそろえてモダンなインテリアのイメージをキープ

二人用のベッドのピロケースは、同じ色でそろえてモダンなインテリアのイメージをキープ

秋冬色のクッションを置く

ホテルのような、モダンな寝室のインテリアにこだわりたい場合、「シーツや掛け布団カバーと同様に、ピロケースも、白で統一したい」、という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、枕よりサイズが小さい、クッションを使いましょう。秋冬をイメージする色の、クッションを選びます。

白のホテルのようなベッドリネンに、秋冬色のクッションを置いて暖かみをプラス

白のホテルのようなベッドリネンに、秋冬色のクッションを置いて暖かみをプラス

標準的なクッションの大きさは、45x45cmで、枕の大きさ 43x63cmより小さくなります。クッションですと、もっと小さな、35x35cmも、既成サイズとして販売されています。

45cm角や、35cm角のクッションを白い枕の前に、並べます。

ボックスシーツや掛け布団カバー、ピロケースは、白でそろえて、小さなクッションに、秋冬に暖かくなるイメージの色を選びましょう。モダンなインテリアを保ちながら、季節感も楽しんでいただけます。

小さな秋冬カラーのクッションで、暖かさみのあるホテルら幾な寝室に

小さな秋冬カラーのクッションで、暖かさみのあるホテルら幾な寝室に

実際に眠るときは、クッションの置き場所を決めておかないと、朝起きたら、クッションがフロアーに落ちている、ということもあります。朝目覚めて、床のクッションに足を取られてしまわないように、眠る前に、クッションの置き場所を決めておきましょう。枕の横においてもいいですし、ベッドサイドテーブルの上や下の棚に入れる習慣にしてもよいでしょう。

暖かなイメージの秋冬の色

最後に、秋冬に暖かなイメージになる色見本をご案内します。下記のような色合いのピロケースやクッションをお選びいただくと、秋冬に暖かくなる寝室のインテリアを楽しんでいただけます。

秋冬に暖かく感じられる色の見本

秋冬に暖かく感じられる色の見本

(参照元:「配色イメージワーク」小林重順著) 

以上、

ホテルのような白を基調とした、モダンインテリアの寝室に、秋や冬に暖かさをプラスする、手軽な方法をお伝えしました。四季を楽しみながら、ぐっすり快眠できる空間づくりをお楽しみくださいませ。


ご参考になれば幸いでございます。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: