快眠ができる布団の中の適温・適湿は?

寝床内気候という言葉をご存知ですか? 寝床内気候とは、布団の中の温度と、湿度のことです。心地よい眠りのためには、布団の中の湿度と温度 = 寝床内気候を、適温、適湿に保つ事がとても重要です。ここでは、快眠のために適した布団の中の温度と湿度についてお伝えいたします。

布団内の湿度や温度を測らないまでも、暑くなると布団をはいだり、寒くなると身体に力が入ったり、小さく丸まって寝ていたりと、睡眠中、身体が温度や湿度を敏感に感じていることは、ご承知のとおりです。では、数値として、その、適温、適湿度とは?

それは、温度は、30±1℃、湿度は50±5%です。数値でいうと、わかりにくいですが、布団の中に入った時に、体を伸ばして、暑くも寒くもなく、ちょうど気持ち良い、と感じる状態です。布団の中の気候を、その状態に保つことが快眠につながるという訳です。

逆に、その湿度、温度を外れると、むやみに寝がえりをうったり、掛布団をはいでしまったり、深い睡眠がとれなかったりなど、安眠を妨げる現象が起きるのです。

日本には、四季があり、温度、湿度が、変化します。寝具も、四季に合わせて快眠できるものをそろえる、また、お手入れすることが、とても重要なのです。

寝具を適湿適温に保つことが一番難しい時期が、梅雨どき。夜の温度の変化が激しく、また、湿気が特に多い季節です。季節にあった掛け布団を選び、敷き布団(ベッド)の湿気のお手入れを十分なさって、梅雨の季節も、快眠を楽しんでくださいませ。「梅雨の季節、どんな掛け布団がいいですか?」「寝具の湿気対策はどうしたらよいですか?


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: