年齢とともに布団の上げ下ろしが大変になった方の、寝具選び

「布団を押入れにしまうのが、だんだん大変になってきて、上げ下ろしが楽な布団ってあるかしら?」と、お問い合わせを頂戴します。ここでは、年齢とともに、毎日の布団の上げ下ろしが負担に感じるようになった方の、寝具選び方をお伝えします。

目次

上げ下ろしが負担が少ない敷き布団

布団の上げ下ろしが、年々大変になってくるとお声を頂戴します。ご相談を頂戴するのが、小柄な方でらっしゃることが多いため、ジュニアサイズの敷き布団をおすすめいたしています。ジュニアサイズの敷き布団の中でも、大人用の敷き布団と品質が変わらない敷き布団です。

おすすめする理由は、小柄な方だと十分使えるサイズと、押入れの出し入れのしやすさ、の2点からです。

ジュニアの敷き布団のサイズ

ジュニアサイズの敷き布団と、一般的なシングルサイズの敷き布団の、大きさの違いは、

  • ジュニアサイズは、巾 90cm 、丈 180cm
  • シングルサイズは、巾 100cm、 丈 210cm

です。ジュニアサイズは、シングルサイズに比べ、巾が10cm、丈が30cmほど、小さくなります。

ジュニアサイズの敷き布団のサイズは、150cm程度の身長まで使えるように作られていますので、小柄な女性でしたら、お使いいただけるサイズです。上げ下ろしが負担に感じるようになった、小柄な方にはおすすめの敷き布団です。

押入れの出し入れのしやすさ

巾が、10cm狭まるだけですが、お客さまからは、持ちやすくなったとお声を頂戴します。90cm巾の布団ですと、半間の押入れに、そのまま入れられますので、100cm巾の敷き布団のように、布団を斜目にしながらしまう大変さもありません。また、両手で抱える際も、10cmの違いで、両手で布団を抱えて持ちやすくなります。

大人が使う場合の、ジュニアサイズの敷き布団を選び方

ジュニアサイズの敷き布団をお選びになる際は、大人の敷き布団と品質が同じように作られている敷き布団で、なるべく軽量の布団を選ぶことをおすすめしています。

小柄な女性に。軽く衛生的なジュニアサイズの敷き布団

小柄な女性に。軽く衛生的なジュニアサイズの敷き布団

例えば、ミクロガードのノンキルト敷き布団の、ジュニアサイズです。仕様は全く大人の敷き布団と同様で、サイズだけ小さく作られています。

重さは、2.4kgで、ジュニアサイズの敷き布団の中でも、大変軽いので、持ち上げる負担が軽減されます。小柄な女性の方に、安心してお使いいただけるので、おすすめです。

上記のミクロガードのノンキルト敷き布団は、本来、アレルギーが心配な方向けに作られている敷き布団です。ダニや花粉、ハウスダストが布団の中に入り込まないような超高密度の側生地と特殊なキルトがされ、大変衛生的で、アレルギーの方に喜ばれています。特殊な薬品が使われていませんので、アレルギー以外の方も、もちろん、衛生的にお使いいただけます。

インターネット通販ですと、ジュニアサイズの敷き布団がさまざまなメーカーから、販売されています。上でおすすめした敷き布団や、そのほかの敷き布団を比べてみてください。その中から、大人用の敷き布団と同様の品質で、大人が、快眠ができる仕様で、軽量タイプの敷き布団を選びましょう。

ジュニアサイズの敷き布団に適したシーツやカバーのサイズ

ジュニアサイズの敷き布団には、専用サイズの敷き布団カバーやラップシーツ、もしくは、シングルの布団用のフラットシーツを使います。

ジュニア用敷き布団カバー、ジュニア用ラップシーツとして、販売されています。一枚布タイプのフラットシーツでしたら、いままでお使いの、大人の寝具サイズのシングルで、お使いいただけます。

毎日の上げ下ろしや、布団を敷く負担を軽減させるには、すっぽりお布団を入れられる、敷き布団カバーをかけてお使いになるのが、一番楽な方法です。布団を押し入れにしまう際に、シーツがずれたり、部分的にはずれたりしないので、持ちやすく面倒がありません。

ジュニアサイズの敷き布団カバーサイズは、95 x 195cm です。メーカーにより、数cm異なることもあります。お選びの敷き布団に合うサイズを選びましょう。

例えば、さきほどの、ミクロガードノンキルト敷き布団のジュニアサイズですと、布団が、90x180cmで、敷き布団カバーは、95x195cmがちょうど良いサイズです。

上げ下ろしが楽な掛け布団

掛け布団は、軽い掛け布団を選びましょう。綿のわたの掛け布団は、どうしても重くなります。

軽量掛け布団を選びます

軽量掛け布団を選びます

羽毛布団か、ホコリの出ないポリエステル綿を使った、合繊掛け布団を選びます。綿わたの掛け布団に比べ、軽く、押し入れの出し入れが楽にしていただけます。

品質が確かで、保温性の高い羽毛布団ですと、冬でも、毛布がいりませんので、押入れにしまうのは、敷き布団1枚、軽い羽毛布団1枚になります。負担がありません。掛け布団の選び方

ベッドの選択肢

上げ下ろしが負担になってきてらっしゃる場合、敷き布団から、ベッドに変えることも、1案です。長く敷き布団をお使いですと、ベッドに抵抗感や、寝室の作りやスペースの課題がある方もいらっしゃるかもしれません。

もし、物理的に可能でしたら、ベッドは、適切なベッド用寝具を合わせて使うと、寝具の手入れが、とても楽です。上げ下ろしの必要もありません。膝が痛い方でも、高さの低い、ローベッドなど、体に負担がかからずお使いいただけるベッドも、販売されています。

布団の上げ下ろしが気になりだしたら、ベッドも、検討するタイミングかもしれません。

 

以上、年齢とともに、布団の上げ下ろしが大変になってきた場合の布団の選び方をお伝えしました。

年齢とともに、手に力が入りにくくなったり、膝や腰を曲げるのが辛くなったりして、だんだんと、布団の重さや大きさが負担になり始めることがあります。小柄な女性にとって、その負担は、特に大きいものです。布団のサイズを少し、小さめの、ジュニアサイズにすることで、毎日の上げ下ろしが、楽になった、というお声も頂戴しています。

ベッドの選択肢も含め、上げ下ろしが大変になり始めたら、寝具の見直しをしてみましょう。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: