オーダーカーテンと同生地で、布団カバーをオーダーできますか?

「オーダーカーテンとお揃いの生地で、掛けふとんカバーや枕カバーを作れますか?」と、お問い合わせを頂戴します。寝室のカーテンやカバー、柄をそろえてトータルにコーディネイトできたら素敵ですよね。ただ、注意点もあります。ここでは、カーテンと布団カバーをお揃いにする際の注意点とおすすめの方法をお伝えします。

オーダーカーテンと同じ生地で、掛けふとんカバーも作れますか?

オーダーカーテンと同じ生地で、掛けふとんカバーも作れますか?

目次

オーダーカーテンとお揃いの生地で、掛けふとんカバーや枕カバーを作れますか?

「カーテンと同じ生地で、掛けふとんカバーとピロケースを作れますか? 」と、お問い合わせを頂戴します。

結論からお伝えすると、カーテンと “同じ生地” で、掛けふとんカバーやピロケースをお作りすることは、おすすめをしません。理由は、カーテン生地は、掛けふとんカバーやピロケースの生地としては、適していないからです。

掛けふとんカバーやピロケースは、肌に直接触れますので、肌触りが良く、軽量で、頻繁に洗濯できる生地が適しています。カーテン生地は、たとえ、綿100%の薄めの生地であっても、布団カバーに比べると、生地が厚くなってしまいます。生地がどうしても、適さないのです。

かわりに、他の方法をおすすめしています。

掛けふとんカバーやピロケース以外のベッドリネンを、カーテンと同じ生地でオーダーすることです。次の項目で、お伝えしていきます。

カーテンとベッドリネンをお揃いにする場合の、おすすめの方法

カーテンと、ベッド回りのカバー類を同じ生地で揃えたい方には、掛けふとんカバーやピロケースではなく、次のベッドリネンをお揃いにすることをおすすめします。

掛けふとんカバーやピロケース意外のベッドリネンをどう生地に

掛けふとんカバーやピロケース意外のベッドリネンをどう生地に

  • ベッドスプレッド
  • ベッドの上のクッション
  • フットスロー
  • ベッドスカート
  • ベッドサイドテーブルのテーブルセンターやテーブルランナー
  • ランプシェード
  • 飾り用の枕のカバー

上記に挙げたベッドリネンは、肌に直接触れて使いません。生地の素材、肌触り、洗濯のしやすさなどを、気にする必要がありません。カーテンと同じ生地で作って、寝室のインテリアを楽しんでいただけます。

オーダーカーテンとベッドリネンを、同じ生地でオーダーメイドする方法

ここからは、上に挙げたベッドリネンを、オーダーカーテンとお揃いの生地で注文する方法をお伝えします。

大まかな流れは、

  1. オーダーカーテン、オーダーファブリック小物を依頼するお店を選ぶ
  2. 寝室のオーダーカーテンの生地を決める(オーダーカーテンの依頼)
  3. オーダーカーテンと同じ生地で作るベッドリネンを決める
  4. ベッドリネンのスタイル、サイズなど詳細を決める
  5. オーダー
  6. 寝室に設置

になります。

順を追って、説明していきます。

1.オーダーカーテン、オーダーファブリック小物を依頼するお店を選ぶ

まず、オーダーカーテンを依頼するお店を選びます。カーテン以外のファブリック小物を、カーテンとお揃いの生地で作ってもらうには、それを請け負ってくれる、トータルインテリアショップを選ぶ必要があります。

オーダーカーテンを取扱のお店は、

  • カーテンの生地、サイズ、スタイル、仕様のみ、オーダーメイドで請け負うお店さま
  • カーテンの生地、サイズ、スタイル、仕様のほか、細かなカーテンの仕上がりの希望、(飾り、ヒダのスタイルや倍率など)や、同生地を使ってのファブリック小物の製造、壁紙やソファなどインテリアをトータルで請け負うお店さま

にわかれます。

今回のように、オーダーカーテンとお揃いの生地のベッドリネンを作りたい場合は、後者の、トータルインテリアの専門店さまを選ぶのが良いでしょう。

後者のようなお店さまを選ぶメリットは、オーダーカーテンの生地で、ベッドリネンを作る際、様々なデザインや、スタイルなどの相談にも応じていただける点です。

たとえば、

  • ベッドスプレッドならば、生地に合わせたスタイルの提案、飾りの提案
  • クッションカバーであれば、フリルつきやフリルなし、パイピング仕上げ、サイズの提案
  • サイドテーブルの小さなテーブルセンターは、カーテンの残りの生地を使っての提案

なども、してくれるかもしれません。

もちろん、飾りや、デザイン、スタイルの提案によって、生地代、縫製の費用、デザイン料など、それに見合った費用はかかります。費用はかかりますが、トータルで、あなただけの、あなたの好みに合った、寝室空間を作っていただけます。

ベッドスプレッドやクッションだけでしたら、前者のタイプのお店さまでも、請け負ってくれる場合があります。

どの程度まで、コーディネイトしたいか、ご予算などを考慮し、あなたにあったお店を選ぶようにしましょう。

2.寝室のオーダーカーテンの生地を決める(オーダーカーテンの依頼)

お店が決まったら、寝室用のオーダーカーテンを依頼します。

寝室のカーテンは、インテリアの好みのほか、睡眠の質を妨げない遮光性、部屋の中の影が外に映らない生地選び、など、他の部屋のカーテンとは異なった機能性が必要です。

あなたの寝室には、どの程度の遮光性が必要か、を考慮して、好みに合った生地、デザイン、スタイルを選び、オーダーします。

ベッドリネンをお揃いの生地にするのでしたら、インテリア重視でカーテンの生地を選び、裏地に遮光生地を使って機能性を高める方法もよいでしょう。

3.オーダーカーテンと同じ生地で作るベッドリネンを決める
4.ベッドリネンのスタイル、サイズなど詳細を決める

次に、オーダーカーテンと同じ生地で、どのベッドリネンを作るか決めます。先ほど挙げたベッドリネンについて、一つずつ詳細をお伝えしていきます。

ベッドスプレッド

ベッドスプレッド

ベッドスプレッド

ベッドスプレッドとは、掛け布団の上からベッド全体を覆う、布のことです。ベッドカバーとも呼ばれています。

先程お伝えしたベッドリネンの中で、一番大きく、目立つのがベッドスプレッドです。ベッドリネンをカーテンとお揃いにすると、一目で、トータルコーディネイトされているのがわかります。印象を強くしたい方は、まずは、ベッドスプレッドをカーテンとお揃いにするのが良いでしょう。

ベッドスプレッドをオーダーするには、スタイルとサイズを決めます。スタイルは、インテリアショップがパターンを持っている場合もあります。お店に相談しながら決めましょう。

サイズは、サイズの選び方を参考にして、お店に伝えてオーダーしましょう。

ベッドの上のクッション

ベッドの上おクッションをカーテンと同生地でオーダー

ベッドの上おクッションをカーテンと同生地でオーダー

ベッドの上に、カーテンとお揃いの生地の、クッションをいくつかのせるのも素敵です。主張しすぎず、おしゃれに、トータルコーディネイトを楽しんでいただけます。

クッションは、カーテンとお揃いの生地で、クッションカバーをオーダーします。

サイズは、

  • 枕の後ろに置くならば、大き目の、50x50cm、または、55x59cm。
  • 枕の前に置くならば、45x45cm、40x40cm、30x30cm、45x30cm。

などがおすすめです。上記であれば、クッションの中材、ヌードクッションが、多く販売されています。55x59cmは、銘仙番の座布団サイズです。座布団のヌードクッションも、販売されています。簡単に手に入れていただけます。

デザインは、フリルつき、フリルなし、パイピング仕上げ、など、お好みで依頼しましょう。

フットスロー

フットスローをカーテンと同生地にする

フットスローをカーテンと同生地にする

フットスローとは、ベッドの足もとあたりにのせる、細めの布です。

ベッドのサイズに合わせて、ご希望のサイズで、カーテンと同じ生地で作ってもらいましょう。カーテン生地が薄地の場合は、裏をつけてもらうのも良いでしょう。ずれずに、しっかりとベッドの上に収まります。

ベッドスカート

ベッドスカートをカーテンとお揃いに

ベッドスカートをカーテンとお揃いに

ベッドスカートとは、ベッドフレームの脚やベッドの下の部分をカバーする装飾する布です。

カーテンとお揃いの生地でオーダーすると、とてもおしゃれです。お好みのスタイルで、作ってもらうようにしましょう。

ベッドサイドテーブルのテーブルセンターやテーブルランナー

ベッドサイドテーブルのテーブルセンターやテーブルランナーをカーテンとお揃いにすると、さりげないおしゃれ感で、寝室を演出できます。

ご自分で、お裁縫をする方は、ご自分で作ってもよいでしょう。オーダーカーテンのお店で、生地の販売があるかどうかを確認してみましょう。

ランプシェード

ランプシェードをカーテンと同生地でオーダー

ランプシェードをカーテンと同生地でオーダー

オーダーを受けてもらえるお店は少ないかもしれません。トータルインテリアショップの中には、ランプシェードをお揃いの生地で作ってくれるお店もあるようです。薄地のプリント生地が、適しています。

飾り用の枕のカバー

枕のカバーをどうしても、お揃いにしたい場合は、クッションの用に、飾りとしての枕用のカバーを依頼しましょう。実際に毎日使う枕でなく、ベッドの上の飾り用です。

サイズは、45x65cm、50x70cmでオーダーします。枕の中芯が使えます。

5.オーダー、6.寝室に設置

後は、オーダーして、仕上がり次第、寝室に設置するだけです。

どうしても、カーテンと掛けふとんカバーをお揃いにしたい場合の、ファブリックの選び方

上記に挙げたベッドリネンではなく、掛けふとんカバーやピロケースを、どうしても、カーテンとお揃いにしたい、という方もいらっしゃるかもしれません。

ファブリックブランドの中には、カーテンと柄は同じで、素材は寝具用の生地の、掛けふとんカバーやピロケースを販売しているブランドがあります。お揃いにしたい方は、その中から選びます。寝具用の生地を使っていますので、肌触りも良く、洗濯にも適しています。

ウィリアムモリスのウィローボウ

ウィリアムモリスのウィローボウ

具体的な例では、ウィリアムモリスのファブリックがあります。例えば、ウィリアムモリスのウィローボウは、カーテン生地もありますし、掛けふとんカバーや ピロケースも販売されています。

そのほかには、マリメッコ、ミッソーニ、ラルフローレンなど、ホーム展開をしている、ブランドなどがあります。

好みに合わせてブランドを選び、カーテンと掛け布団カバー、ピロケースを揃える手順になります。

注意点があります。掛けふとんカバーなどの寝具は、寝具メーカーが、ファブリックブランドとライセンス契約をして、製造している場合があります。ライセンス契約が切れると、掛け布団カバーなどが、販売されないケースもあります。選ぶ際は、現在購入可能かを確認することが大切です。
 
 
以上、
オーダーカーテンとお揃いの生地で、掛けふとんカバーやベッドリネンを統一する時の注意点と、方法をお伝えしました。あなたの特別なプライベート空間である寝室、インテリアもあなた好みでそろえて、リラックスの時間をお楽しみいただければ幸いです。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: