ベッドは干さなくてよいの? 干さない場合ベッドのお手入れは?

「ベッドのマットレスは、干さなくても大丈夫ですか?」「布団をいつも干していたので、ベッドのマットレスを干さないと、汚れや湿気が気になって」と、初めてベッドをお使いになる方から、お問い合わせを頂戴します。ベッドのマットレスは、布団のように干さなくても、大丈夫です。ここでは、ベッドのマットレスを干さなくてよい理由、と、マットレスの湿気対策、お手入れ方法をお伝えします。

ベッドは干さなよいのですか? 干さない場合ベッドのお手入れは?

ベッドは干さなよいのですか? 干さない場合ベッドのお手入れは?

目次

ベッドのマットレスを干さなくてよい理由

ベッドのマットレスは、布団のように干さなくても、大丈夫です。ベッドのマットレス自体が、干さなくてもよい構造になっているからです。ここでは、コイルのベッドマットレスを干さなくてよい理由をお伝えします。

ここでお伝えする、ベッドのマットレスとは、一般的な、中にコイルが入っている、コイルマットレスのことを指しています。コイル以外のマットレスにつきましては、この記事の最後にお伝えします。

まずは、コイルタイプのベッドマットレスの干さなくてよい理由です。理由は、マットレスの中がコイルで、湿気を発散しやすい構造になっているからです。

ベッドマットレスの構造

コイルのベッドマットレス

コイルのベッドマットレス

上の画像が、一般的なコイルのベッドマットレスの構造です。マットレスの構造は、高さが10cm以上のコイルを、巻物と呼ばれる、薄いウレタンと、薄いポリエステルわたやウールわたで上下を挟み、キルティングされた側生地で全体をくるんであります。

マットレスは、構造のほとんどが、コイルで、空洞です。吸湿する素材ではありません。

さらに、マットレスの側面には、通気孔が数カ所あいています。汗などの湿気は、ベッドのマットレス内にとどまらせることなく、横の通気孔から、放湿する構造になっているのです。そのため、干す必要がありません。

ベッドマットレスの側面。通気孔があいている

ベッドマットレスの側面。通気孔があいている

「布団が干す必要があるのに、ベッドは干さなくてよいの?」の疑問にお答えするために、布団の構造をお伝えします。

布団の構造

布団は、中に綿や羊毛、化繊のわたがはいっている構造です。わたは、湿気を吸収します。汗などの湿気は、布団の中に吸湿され、閉じ込められてしまいます。干すか、布団乾燥機を使用しないと、湿気が発散されることがありません。カラッとした、寝心地の良い布団で眠るためには、干すことが必要になるのです。

布団は干す必要があるのに、ベッドは干さなくてよい理由は、

  • 布団は湿気を布団の中に閉じ込め、
  • ベッドは、湿気をマットレスの中に閉じ込めない

構造になっているからなのです。

次の項目では、「ベッドって干せないから汚いままで大丈夫?」「 干さない場合のベッドのお手入れは?」にお答えしていきます。

ベッドマットレスのお手入れのポイントとお手入れ方法

コイルのベッドマットレスは、干す必要はありませんが、汚れないわけではありません。長く、快適に使うには、お手入れも必要です。ここでは、ベッドマットレスのお手入れのポイントと方法をお伝えします。

ベッドマットレスのお手入れのポイントは次の通りです。

  1. 湿気対策
  2. 汚れ防止
  3. ベッドの耐久性を高める

具体的な方法は、次の通りです。

1.湿気対策:汚れ防止対策:ベッドパッドとボックスシーツを必ず使う

ベッドパッドとボックスシーツを、必ず使うようにしましょう。湿気対策と、汚れ防止対策の、両方の目的です。

使い方は、下の画像をご覧ください。

ベッドマットレスの湿気対策。ボックスシーツとベッドパッドを必ず使う

ベッドマットレスの湿気対策。ボックスシーツとベッドパッドを必ず使う

マットレスの上にベッドパッドをのせ、その上から、マットレスとベッドパッドを一緒に、ボックスシーツで包みます。

毎晩寝ている間のかく、コップ一杯の汗の湿気を、ボックスシーツと、ベッドパッドで、吸湿します。そうすることで、ベッドマットレスに染みる湿気をより少なくします。

ボックスシーツは、できれば、1週間に一度程度は、お洗濯をして、清潔に保ちます。ベッドパッドは、定期的にベッドから外して、陰干しをして、湿気を発散させます。

ベッドパッドとボックスシーツを清潔に保ちながら使うことは、とても大切です。ベッドパッドやボックスシーツが湿ったままですと、ベッドマットレスの側生地や中の薄いわたに湿気がこもり、カビやダニの原因になります。

ベッドのマットレスは、ベッドパッドやシーツのように、洗濯をしたり、すぐに買い替えたりしません。長年使います。側生地にカビが発生したり、ダニがベッドマットレスの中に潜んでしまったりすると、カビとりやダニの除去が大変です。マットレスのカビやダニの発生を防止するために、清潔なベッドパッドとシーツを、使うことが大切です。清潔な寝具で眠ると、何より、気持ちもよいものです。

2.湿気対策:寝具用除湿シートを使う

ベッドマットレスの湿気対策の強い味方が、寝具用除湿シートです。寝具用除湿シートは、ベッドのマットレスの下、ベッドの床板の上に敷いて使います

ベッドマットレスの湿気対策。寝具用除湿シートを使う

ベッドマットレスの湿気対策。寝具用除湿シートを使う

ベッドマットレスに通じた湿気を、最後に、除湿シートでしっかり吸湿します。除湿シートで吸湿することで、ベッドマットレスとベッドの床板にたまってしまいがちな湿気を、除湿することができます。

ベッドマットレスとベッドの床板にたまる湿気を除湿しないと、ベッドマットレスの裏面の側生地や、ベッドの床板に、カビが発生してしまいます。

寝具用除湿シートは、比較的手軽なお値段で販売されています。一枚敷くことで、ベッドマットレスとベッド本体を、長く、快適に使うことができます。ぜひ、一枚、ご用意することをおすすめします。

3.湿気対策:毎朝、少しの時間でも、掛け布団を半分に折り、ベッドに滞る湿気を発散させる

毎日の、ほんの少しの、ひと手間です。朝起きて、お出かけ前までの、30分や1時間の間、ベッドの上の掛け布団を半分に折るなどして、ベッドの中にたまった湿気をなるべく発散させてしまいます。

ベッドの上の掛け布団を折りたたんで、毎日の汗の湿気を放湿。

ベッドの上の掛け布団を折りたたんで、毎日の汗の湿気を放湿。

ベッドを、頭側が壁になるように置いている方は、掛け布団をじゃばらに3つぐらいに折って、枕の上に乗る程度までたたみます。頭側が壁、とお伝えしたのは、掛け布団をじゃばら上に折りたたんで、枕の上にのせた状態にしても、壁があるので、掛け布団が落ちないからです。この状態にすると、枕の部分以外のマットレスの部分は、何ものっていません。マットレスの湿気を、より早く、より多く除湿できます。

さらに、完璧にしたい場合は、その状態のマットレスに、サーキュレータや扇風機で風をあてておきます。毎日の汗や湿気を、その日のうちに、対策してしまいたい方に、おすすめの方法です。

4.汚れ対策:定期的に、布団用掃除機で、マットレスの上を吸引する

季節の変わり目など、定期的に、布団用掃除機を使って、マットレスの上を吸引しましょう。

ベッドマットレスの汚れやほこりは、ボックスシーツとベッドパッドを使っていれば、ほとんど気になりません。とはいえ、気がつかない間に、マットレスの側生地のキルティングの隙間に、ホコリがたまってしまうものです。また、ダニなどが、万が一、発生している場合もあります。

布団用掃除機を使うと、ベッドマットレスの側生地を傷めることなく、ホコリやダニ、ダニの死がいなどを吸引することができます。ホコリとダニ、ダニの死がいは、アレルギーの大きな要因になります。

頻繁でなくてもかまいません。定期的に、マットレスに、布団用掃除機をかけるようにしましょう。マットレスが長持ちしますし、健康的な眠りを楽しんでいただけます。

5.耐久性対策:ベッドマットレスを定期的に、回転させる

ベッドマットレスは、腰がのる部分に負担がかかりやすく、へたりが早くなります。腰の部分が一番重いためです。マットレスの部分的なへたり、へこみが、生じる前に、ベッドマットレスを回転させたり、裏返したりするようにします。

ダブルベッドや、クイーン、キングサイズのベッドで、お二人でお休みの場合、体の大きい方が寝る場所の方が、早く、へたります。マットレスを回転させることで、マットレスにかかる負担が、均等になります。マットレスを長くお使いいただけます。

ポイントは、へたりが生じる前に、回転させることです。

マットレスに、表裏がない場合、表裏をひっくり返して使うことも、マットレスの耐久性をアップします。コイルのマットレスは、重量があり、一人でマットレスをひっくり返すのは、はなかなか大変です。二人で行うようにしましょう。

頻度は、半年に一度、一年に一度程度で十分でしょう。

以上が、コイルのベッドマットレスのお手入れのポイントと、方法です。ベッドを長持ちさせ、清潔で快適な眠りを楽しむコツです。

コイル以外のベッドマットレスの湿気対策とお手入れ

最近は、コイル以外のベッドマットレスをお使いの方もいらっしゃいます。具体的には、低反発素材の、テンピュールのベッドマットレスや、高反発素材の、エアウィーヴやラテックスのベッドマットレスなどです。マットレストッパーなどの、厚みが数センチの商品ではなく、厚みが15cm程度以上の、マットレスタイプの商品です。

コイル以外のベッドマットレスは、コイルのベッドマットレスと異なり、マットレスの中が空洞ではありません。コイルのベッドマットレス以上に、湿気がマットレス内にこもりやすくなります。湿気対策は、コイルのベッドマットレス以上に、気をつけてするようにしましょう。

コイル以外のマットレスをお使いの場合の、湿気対策です。

1.コイル以外のマットレスの場合の湿気対策:ベッド本体の床板は、ウッドスプリングやスリットの入った板、すのこタイプを選ぶ

コイル以外のマットレスは、湿気がマットにたまりやすくなります。ベッド本体の床板が、一枚の板のタイプの上にのせると、湿気が床板やマットレスにとどまってしまいます。少しでも、通気を良くするには、床板が、ウッドスプリングや、スリットの入った板、すのこタイプを選ぶようにしましょう。通気が良くなります。

コイル以外のノンコイルマットレスは、ウッドスプリングやすのこ状の床板のベッド本体を選ぶ

コイル以外のノンコイルマットレスは、ウッドスプリングやすのこ状の床板のベッド本体を選ぶ

2.コイル以外のマットレスの湿気対策:寝具用除湿シートを使う

コイル以外のベッドマットレスをお使いの方は、寝具用除湿シートをお使いになることを強くおすすめいたします。ベッドのマットレスの下、ベッドの床板の上に敷きます。

ベッドマットレスの湿気対策。寝具用除湿シートを使う

ベッドマットレスの湿気対策。寝具用除湿シートを使う

寝具用除湿シートは、コイル以外のベッドマットレスにこもりがちな湿気を、しっかり吸湿します。コイル以外のベッドマットレスも、とても重量があります。ベッドから外して立てかけるなどして干すことは、現実的ではありません。

除湿シートで、積極的に、湿気を吸湿して、カビやダニの発生を防ぐようにしましょう。

3.コイル以外のマットレスの湿気対策:毎朝、少しの時間でも、掛け布団を半分に折り、ベッドに滞る湿気を発散させる

コイル以外のベッドマットレスをお使いの方は、毎朝、お出かけ前までの、30分や1時間の間、ベッドの上の掛け布団を半分に折るなどして、ベッドの中にたまった湿気をなるべく発散させてしまいます。

方法は、コイルのマットレスをお使いの方と、同じです。ただ、頻度を毎日するようにしましょう。

特に、低反発素材のベッドマットレスは、湿気がマットに大変こもりやすい商品です。湿気対策を怠ると、カビの原因になります。湿気のこもったマットレスの上で眠るのは、不快で、心地よい眠りの妨げにもなります。

できれば、掛け布団をじゃばらに3つぐらいに折って、枕の上に乗る程度までたたみ、枕の部分以外のマットレスの部分に、何ものらない状態にして、通気をさせましょう。より早く、多くの湿気を除湿できます。

さらに、その状態のマットレスに、サーキュレータや扇風機で風をあてておきましょう。低反発のマットレスや、ラテックスのマットレスをお使いの方には、特におすすめします。

4.コイル以外のマットレスの湿気対策:清潔なボックスシーツを使う

マットレスには、ボックスシーツを必ず掛けて使います。

ボックスシーツは、できれば、1週間に一度程度は、お洗濯をして、清潔に保ちます。ボックスシーツが湿ったままですと、湿気がこもりがちな、コイル以外のマットレスが、さらに湿気を帯びてしまいます。カビやダニの原因になります。

湿気対策は、快適な眠りのためです。快適な眠りには、清潔な寝具を使うことが、最初の一歩です。

5.コイル以外のマットレスの湿気対策:メーカーのお手入れ方法、湿気対策を参照する

コイル以外のマットレスは、それぞれの商品によって、独自の素材、構造、機能があります。お手入れ方法も、それぞれ異なることがあります。

必ず、お求めになった商品のメーカーが推奨する、お手入れ方法を、参照するようにしましょう。健康のために、お求めになった、コイル以外のマットレスで、より快適な眠りを楽しんでいただけます。

以上、
ベッドマットレスを干さなくてよい理由、お手入れのポイント、お手入れ方法をお伝えしました。

日本は、湿気が多く、快眠のためには、寝具の湿気対策がとても大切です。適切なお手入れで、毎日、ぐっすりと快適にお休みいただければ幸いです。


ご参考になれば幸いでございます。寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

| 初回公開日: | 最終更新日: